« 猫と仲良し | トップページ | シートの加工終了? »

2006年9月17日 (日)

GPR-α10の感想

今日もみじろーどで皮むきしてきました。
まだ新品なので速度を上げずに様子を見ながらです。
本来なら100~120km/hで抜け出すコーナーを80km/h前後に抑えて走りました。

その上での印象ですが、やっぱりパイロットスポーツを始めてはいた時の、あの粘りつくグリップ感がありません。
なのに確実にグリップしてて不思議な感覚です。
標準でついてたダンロップも面白いタイヤでしたが、これも低めの空気圧にするとグリップが格段に良くなるのかもしれないですね。
今回のタイヤも何時ものとおり窒素充填をしてますが、もしかするとこのタイヤは2.1Kpa/2.3Kpaぐらいで設定するのが良いかも知れないです。

このタイヤの空気圧がいくらで入ったのか聞きませんでしたが、恐らくフロント2.3Kpa、リア2.5Kpaだと思います。
二輪館はスイングアームに書いてあるとおりの空気圧にするので間違いないですね。


さて、真価は椿ラインか亀石峠、伊豆スカイライン、このいずれかに行って攻めて見ないと判りませんね。
でも、今日の感じではタイヤが潰れて行く感覚が感じられなかったので、事前に下げといたほうが良いかな?

|

« 猫と仲良し | トップページ | シートの加工終了? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPR-α10の感想:

« 猫と仲良し | トップページ | シートの加工終了? »