« 久しぶりの | トップページ | YZF-R6の前足が出品されています。FZ6にどうですか? »

2006年10月 4日 (水)

訪れる人の傾向

このブログにしてもそうですが、本宅のほうもほぼ同じ傾向が見られます。

大抵の人はgoogleやYahooなどで『FZ6』又は『DT125R』とキーワードを打ち込んで辿り着き、その後でそれぞれのバイクに関連するコンテンツのみを見て去っていきます。
『V-Link125SR』にしてもそうですし『プジョー206CC』にしても同じ。

google等の検索エンジンを使う目的は、お目当てのコンテンツが何処にあるのか効率よく探すためですので、皆さんの行動パターンがそれぞれの車種のコンテンツに限定されるのは不思議ではありません。
だからこそキーワードに一致する広告サイトが検索結果のトップページ掲示されるのであり、広告主がお金を払う理由でもあります。

当たり前の事なのですが、こんなことをずっと続けていると人は考えることを止めてしまうのでは無いでしょうか?
会社でも最近問題視されつつあるのが 『深く考える事が出来なくなっている』 ことです。
類推をするとか思考を組み立てると言った作業は、普段からやっていないと錆付いてしまう能力だと思っていますので、答えがポンと手に入る現状は本当は良くないんでしょうね。

本宅の方はまだまだコンテンツを積み込めますので、サイト内での宝探しても考えて見ましょうか?
既に現状でも迷路のようだと言われてるんですけどね。

私は基本的にその人となりが判るように、コンテンツを書いているサイトは色々と見て回るようにしています。
でもFZ6とオフ車(又はモタード)を同時に持っている人って居ないみたいですね。
スクーターを2~3台持っている人って結構居るんですけどね。

|

« 久しぶりの | トップページ | YZF-R6の前足が出品されています。FZ6にどうですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪れる人の傾向:

« 久しぶりの | トップページ | YZF-R6の前足が出品されています。FZ6にどうですか? »