« 逃げることは決して負けではない | トップページ | スタビライザーを選ぶならどっち? »

2006年11月 9日 (木)

DT125Rが消えた!

うちのDT125Rじゃないです。
ヤマハヨーロッパのカタログから落ちたということです。

2stはいずれ消え行く運命ですが、最後まで残ってたヨーロッパでの販売が終われば、後は欲しけりゃ中古で探せって事ですね。

今までヨーロッパで継続販売してくれてたおかげでパーツの供給には不安がありませんでしたが、これからは在庫の山が崩れていくだけですので、重要部品は早めに手当てした置いたほうがよさそうです。
エンジンの腰上は一揃いもってた方が無難かなぁ?

となると処分しようと思ってたフロントフォークとかも手元に置いといた方がいいかもしれないですね。
YZ足にすると今のフロント周りが一式余るので、手元にある予備は処分してもいいんですけどね。邪魔だし。

でも悲しいなぁ。
確かに2stって一定の回転(速度)をキキープするのが苦手なので、遠出してても時々腹が立つことがあります。
なんでいちいち回転がバラけるんだってね。
ところが加速性能とかを考えたらやっぱり2stは捨てがたいですよ。


最近DT125Xってメーカー製のモタードなのでこれも一台もってようかなと思ってましたが、ちょっと本気で考えて見ましょうか。
2007年モデルでこいつもカタログから落ちてますから、あとは市場に残っている分しか手に入りません。
日本に新車在庫が数台しかない筈なので、早い者勝ちですよね。

ん~....

悩むなぁ.......


.

|

« 逃げることは決して負けではない | トップページ | スタビライザーを選ぶならどっち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DT125Rが消えた!:

« 逃げることは決して負けではない | トップページ | スタビライザーを選ぶならどっち? »