« エア抜き完了。 | トップページ | リアブレーキキャリパーとサポートを落札 »

2006年11月27日 (月)

YZF-R6サスのフィーリング

まだ駐車場をぐるぐる回った程度ですのでフィーリングと言うほどの事ではありませんが、はっきりと違う部分をつらつらと書きましょう。
勿論、純正・標準を基準にしていません。
前のオーナーがサーキットで使っていた設定です。

先ずフロントのイニシャルですが、思ったよりも柔らかいです。
もっとガチガチかと思ってましたが、40km/hぐらいの速度からブレーキを掛けるとフロントがグッ!と沈みます。
沈む量(サスストローク)はFZ6-Sとほぼ同じです。
これはロードスポーツなので標準的な量でしょう。


また沈む早さもほぼ同じ。
トップブリッジのイニシャルを確認すると目盛3本分突き出してますので、これだと柔らかいのは当たり前ですね。
スプリングレートはFZ6-Sと余り変わらないのかな?
フロントコンプレッション(フォークの下の突起で調整)は確認してませんが、全開放ですかね?
沈む速さがFZ6-Sと変わらないってことは、かなり柔らかい設定になってます。


一番 『え?』 と思ったのはテンション(リバウンド)設定です。
ブレーキング後にFZ6-Sは反動でピョン!とサスが戻ってきますが、こいつは沈みっぱなしでじわ~っと戻ってきます。
つまり思いっきり締め込んでるってことです。


これがどういうことかと言うと、コーナリング時に手前でブレーキを掛けるとフロントが沈みます。
ここまでは一緒。
その後FZ6-Sだとブレーキを残して沈ませたままバンクして行くか、直前にブレーキを開放してリバウンドを感じながら切れ込んでいくかのどっちかですが、R6のこの設定だとブレーキを開放しても沈みっぱなしなので、キャスターが立った状態でコーナーに入っていけます。
と言う事は、回りやすいってことですね?
ただ、ギャップとか荒れた道には弱そうですね。
サーキット用に設定してたってことは整備ざれた路面のみをターゲットにしてますから、路面追従性はあえて無視してたのかもしれません。


この辺は伊豆で走りこんでみないとなんとも言えませんが、調整できる箇所が多いってのは良いことです。
来年の楽しみですね。

.

|

« エア抜き完了。 | トップページ | リアブレーキキャリパーとサポートを落札 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YZF-R6サスのフィーリング:

« エア抜き完了。 | トップページ | リアブレーキキャリパーとサポートを落札 »