« YZF-R6のアクスルシャフトを注文 | トップページ | ため息しか出ない... »

2006年11月 1日 (水)

そろそろプジョーの季節です。

もう古い話ですが、ジュネーブショーに出展された206の後継機種についてちょっとだけ。

バイクの世界ではインターモトとかミラノショーで次年度モデルが発表されますが、車の場合は世界各地で色んなショーが開催されるので、出てくる車種もバラバラですね。
車の場合、以前はスキー場の駐車場に前日から泊り込むためにオデッセイを買ったり、ワインディングを攻めたくてFRの初代セフィーロを買ったりと、大体車の使い方にあった車種を選んでます。

今のプジョーにしてもバイクに乗るのがちょっと辛い冬場に乗るには何が適しているか絞り込んだ結果です。
そんなプジョー206CCも次のモデルが発表となり、発売になれば買い換えるかも知れません。
U3eqp3000000in8p
.
.
基本的なシルエットは現行の206CCと変わらないですね。
Aピラーの作りが307と同じ形式に変更されてますが、これはピラーの強度を高めるためには当然です。
206CCの作りだと横転時に不安ですからねぇ
.
.
U3eqp3000000ina1
.
.
後姿も206CCと大きくイメージが変わっていません。
206CCを307CCと同じ方向にモデルチェンジしたってのが良くわかります。
.
.
U3eqp3000001j03j
.
.
横から見るとリアのCピラーが今よりもかなり寝てますね。

このジュネーブショーに出品されたモデルは207e pureと名前がついていて、あくまでもコンセプトモデルの位置づけがなされてます。
でも、できればこのまま出てきて欲しいですね。


問題は大きくなったボディです。
どの程度大きくなったのかと言うと横幅で65mm?
そんなものですかね?
オデッセイに乗ってた私としてはこの程度は全然気になりませんが、小さい車が好きな人には抵抗があるみたいです。

まあ、サイズは問題ないとして実物が出てきませんかねぇ。
207自体がまだ日本では販売されてないから後2年は出てきませんね。>207CC

来年の12月に車検が来るので、そこまでに販売されれば買い換えるかもしれません。

|

« YZF-R6のアクスルシャフトを注文 | トップページ | ため息しか出ない... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろプジョーの季節です。:

« YZF-R6のアクスルシャフトを注文 | トップページ | ため息しか出ない... »