« やっと一息。宇都宮の餃子はびみょ~ | トップページ | sportcity250ie がようやく発売 »

2007年4月 9日 (月)

宇都宮の「夢餃子」

このお店は宇都宮の駅ビルの中にある餃子横丁みたいな所にも出店してますが、本店は駅から歩いて15分ぐらいの所にあります。
駅ビルのお店にも入ったのですが、本店の方が落ち着いてて良いですね。
入ると一階がカウンター席になっていて、厨房に向かって6席ぐらいあります。
そして背中合わせになりますが、反対側に4席ぐらいのカウンター席があります。

私はいつも夢餃子(にんにく入りで280円だった筈)と塩焼豚(これは360円だったと思う)を注文してビールを2杯飲みます。
これが美味いのよ。
ビールと塩焼豚はすぐに出てくるので、これで飲んでいるうちに餃子が焼きあがるって感じです。
最後にご飯(130円)を注文すれば晩御飯はお終い。
私はご飯は食べないのですが、晩御飯目的ならご飯は安くて良いですよ。

お昼ごはん時とか、夜のお店の状況を見てても、餃子のお店ってご飯として食べに来る人がとっても多いですね。
大阪出張とか京都出張の時に「餃子の王将」を良く見かけますが、餃子の王将で学生が安く上がる餃子定食を食べるのとはまた違った感じがします。
餃子の王将は肉野菜いためとか色々なメニューがありますが、宇都宮のお店は基本的に餃子にご飯を付けて定食にしてますからね。
スープも中華スープなんてのは無くて、水餃子のお湯に醤油とラー油とお酢で味をつけるってやり方なので、東京で餃子定食を食べなれた人はびっくりするでしょう。

お店によっては餃子しかメニューに載ってないそうです。
ビールも無くて、ただ餃子を食べて帰るのみ。

みんみんの餃子にはまだありついてませんが、期待してしまいます。
私的にちょっと評価が低かった宇都宮餃子館も、10種類ぐらいある餃子メニューからニラ餃子とにんにく餃子を選ぶと私好みになることが判りました。
まとめて注文すると最後は冷えてしまうので、最初にニラでビールを飲んで、終わり頃ににんにくとビールの追加注文を出すと熱々のまま最後まで美味しく食べられます。

ほぼ毎日食べてますが、色んなお店を食べ歩いているせいか飽きませんね。
仕事にも大分慣れて一山超えましたから、とりあえず安心かな。

まだ生活用品が全て揃っていないので、まだまだ大変だけど、これから2年ぐらいは宇都宮を楽しめそうです。

.

|

« やっと一息。宇都宮の餃子はびみょ~ | トップページ | sportcity250ie がようやく発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮の「夢餃子」:

« やっと一息。宇都宮の餃子はびみょ~ | トップページ | sportcity250ie がようやく発売 »