« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

今になって思う

先週末に宇都宮までAgility125で走ってきましたが、まあ、どうってこと無かったですよ。
バックレスト?も付いててとっても楽に走れました。
でもこれがDT125Rだったらどうだったろうと、ふと思ってしまいました。

DT125Rは購入してから房総に度々行きましたが、毎回250~300km走ってたんですよ。
それも一日のうちにです。
とにかく長距離を走るのが楽なバイクでした。

車体が大柄だってこともありますし、そもそも250ccクラスと同じ22馬力もあるって事が大きいですね。
最高速も140km/hまで出せる車体なので、警察が居ないと確信したら飛ばし放題。
今考えると普通に100km/;hで流してたんですよ。
しかも余力を残して...


その点Agility125はまだ慣らしが済んでないので単純な比較はできませんが、空冷エンジンでは90km/hで巡航するのが精一杯でしょうね。
最高速は恐らく100km/hは行くでしょうけど、維持できないと思います。
長距離走の場合最高速が幾ら出るかは問題じゃなくて、余力を残して何処までアベレージを上げられるかが重要です。


そういう意味ではやっぱり残しておきたかったですね。
ただ、荷物が積めないんだな。
ほんと、125ccクラスの4サイクルで20馬力出せるバイクが欲しいです。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改造パーツは共通?

4st2

これはAgility125じゃなくてVITALITY 50のブレーキです。
今までVITALITY 50は購入対象として考えたことが無いので詳しく見てなかったのですが、良く見るとタイヤサイズもブレーキローターもキャリパーも全く一緒です。

50ccクラスで元気がいいのはスーパー9なのですが、あれとAgilityでは共通部品がなさそうなのでパーツの流用は無理と思ってました。
でも、何気にヨーロッパのサイトを眺めててこの写真をみたら....一緒やん! 
そ~いえば現物をこの目で見たけど全く記憶に残ってないってのは...歳ですかね?


4st

でもって更にびっくりしたのがこれ。
なんと4st版のVITALITY 50ですよ。
てっきり2st版のスポーツスクーターだと思ってました。
それもスーパー9を欲しいけど手が出ない人向けの廉価版だと。


ちょっと認識を改めないと駄目ですね。


でも、これでパーツ供給源が豊富になったような気が...

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月30日 (水)

ブレーキの比較

V-Link125SRCとAgility125のフロントブレーキの比較です。

Photo_3

写真を同じ縮尺に合わせるのは難しいので、大体こんな感じと思ってください。
キャリパーの大きさはV-LinkもAgilityもほぼ同一です。
V-Linkは赤く塗装されてますが、それを除けば形も同一なので、同じキャリパーを使っていると考えるのが妥当ですね。

そしてローター径ですが、V-Linkは200mmなのに対してAgilityは180mmです。
この20mmの違いがどれだけあるかと言うと、あまり違いを感じません。
あたりが出たAgilityのブレーキは結構な効き味ですので、街乗りで不満が出ることは無いと思います。
郊外に出て90km/h以上で走る時でも、今回宇都宮までの往復で何度か試しましたが問題ないですね。

勿論、もっと効くブレーキなら尚良いってのは本音です。
なので将来的には220mmのローターに変更するかもしれません。
キムコ純正のV-Link125用のものが恐らく転用可能で( ただしキャリパーサポートはサイズが合わないみたい )、そのほかにもNSR50用のブレーキング製ウエーブディスクが使えます。

問題はキャリパーサポートで、Agilityは左側にローターがあるので転用可能な他車がみつかりません。
V-Link用の220mmローターについて来るのはV-Linkのキャリパーピッチで作られているので、どう見てもピッチが短くて駄目です。
ざっと見て12mmぐらい短いんですよ。V-Link側が。

フロントフォークのインナー径は計ってませんがV-Linkと一緒じゃないですかね。
Agilityのインナー径は31mmですので、ホンダのNS-1やAPEと同じです。
この辺も元ホンダ車の生産会社だった面影が残る部分です。

インナー径を比較するなら、以前、入手したTT-R125LWEは30mmでした。
その他TZR50/RとかTZM50とかも30mmですし、NSR50/80も30mmですね。
なのでこのクラスでは標準的な太さです。

もっと太く肉厚のあるフォークに変えればフロント回りの剛性が増して更にブレーキを安心して掛けられるようになるのでしょうが、別にレースをする訳じゃないので今のところ問題ないですね。
勿論、近い将来この辺をゴリゴリと弄って遊ぶ予定です。

あくまでも遊びです。
単に弄るのが好きなだけですから。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ブレーキとフォークの性能

宇都宮まで往復して判った事が色々あります。
まずブレーキですが、必要にして十分な性能です。
80km/hぐらいからグッと握ると、FZ6に比べて3割りぐらい制動距離が長い感じですがちゃんと急停止も出来ます。
そもそも車体の性能が比べ物にならないのでFZ6との比較はやめましょう。
前に乗っていたV-Link125SRCと比べると、ブレーキの利き自体はあまり変わりません。
ローターが小さくなっていてるのですが、違いはあまり感じません。

80km/hから急制動をかけると、所々でキュッ!とタイヤがなります。
ロックする寸前まで制動が掛かっていてると言うことですね。
もっと握ればフロントタイヤはロックするんじゃないかな?
そういう運転は私の好みではないので、ロックする寸前まで利けば十分です。

往復240km走りましたが、体のどこかが変に疲れるとか痛くなることはありません。
リアシートを立てて走りましたが、これがかなりプラス側に利いてますね。
腰がまったく疲れません。

そうそう、80km/hから急制動をかけるとキュッキュッとなる件ですが、恐らくフロントフォークの剛性不足も一役かってます。
見た目は細いけど、このクラスとしては十分な剛性をもっていると思います。
でも、もう少し肉厚が厚いか、径が太ければキキーッと鳴らしながら止まれると思うんですよ。
この辺は車体とのバランスをとったって気がしますね。
フォークが太けりゃいいってもんじゃないです。

急発進、急制動など色々な動きで車体にストレスが掛かりますが、フレームで逃がしたりフォークで逃がしたり、メーカーが何を狙ったかで変わってきますからね。
安い車体ですから、気に入らなけりゃマルゾッキのフォークでも買ってきて交換すればよい事です。
フレームとのバランスが崩れてフレームが割れる (特に溶接部分) かもしれんけど。

これだけの長距離を乗って特に不満がでないのですから、十分合格だと思いました。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

ちょっと悪戯

アジリティ125にGIVI E370を載せました。
Aji20070525

なかなか良いでしょ?
でもこれは本当の写真ではないんです。
こっちが本当の写真です。

Aji200705252

どこが違うって?
キャリアの位置をコピーペーストでずらしてみました。
前進あるのみと。

本当はスライドレールをつけてバックレスト ( リアシートの事ね) にE370をぴったりとくっつけたいんですよ。
スライドレールなしだとガソリンを入れるためにボックスをいちいち取り外す必要があるし、そもそもその位置に取り付けるためにはキャリアを特注するか、いまのキャリアを土台にしてその上にキャリアを載せなくちゃいけません。

やるならスライドレールでしょうね。
ロック機構をどうやって実現するんだって問題は残っているので簡単ではありません。

とりあえず通勤には使っていないので、暫くはこれで行きます。
容量もたっぷりで当分困ったことは起こらないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

GIVI E370(トップケース)を発注

昨日、あまり時間がない中でリアフェンダーを取り外して、フロントフェンダーの余計な白線を剥がして、GIVIのトップケースをつけました。
あのリアフェンダーは、若しかするとメーカーから納車される時は付いてないのかもしれないです。
なぜかと言うと、あのリアフェンダーは元から用意されているナンバー取り付け用ボルト穴を利用して固定されているからです。
そして白い三角マークも後から貼り付ける用についてくるんですよ。
と言う事は、最初から外す予定があるなら 「邪魔だから付けないでください」 と言えば良いんじゃないかな?


ただし、昨日、幕張二輪館からの帰りに豪雨に見舞われましたが(勿論やりすごしてますけど)、リアタイヤが威勢よく泥水を跳ね上げてトップケースが泥だらけになってましたので、雨の日も乗る人は慎重に考えたほうが良いですよ。
トップケースとか、遮る物が付いてないと、間違いなく背中が泥だらけになります。


昨日は作業が終わった後、その足でいつものクリーニング屋さんにシャツを出しに行って、先週の分を受け取りGIVIのトップケースに収めて幕張の二輪館まで行きました。
今つけているのは、元々KYMCO SOONER 113RS用に購入したE260です。
26リッターの小型のトップケースですが、日常の買い物ぐらいならシート下の収納スペースと合わせて十分かなと思います。
でも、こいつはFZ6-Sにも時々乗せてツーリングに行ってるし、塗装がシルバーなんですよ。
なのでどうせならもっと便利な39リッターのE370にしようと思ってます。

昨日、二輪館に行ったのも、もしかして20%引きでもやってたら速攻で買ってしまうつもりでした。
でも残念ながらやっていなかったので、今日、宇都宮からネットで探しまくってます。
※久しぶりの休日出勤ですね。


最初に見つけたのはこれ。
Givi_e3701

税込み20,790円は送料が別に530円かかるのでちょっと躊躇します。
年に何回か二輪館で20%引きをやるので、これならちょっと待ったほうが得です。
どのみち土日しか船橋の自宅に居ませんし、E260が付いていればなんとかなりますからね。
でも殆どのお店は定価販売か10%引きですね。

それでもしつこく探してたら博多のお店が23%引きの17,700円で販売しているのを見つけました。

Givi_e3702


ここなら送料込みでも18,330円とお得です。
あと一ヶ月ちょっと待てば多分、二輪館でも20%引きのセールがあると思いますが、送料込みでもこっちの方がちょっとだけ安いって言うのが良いですね。
ただしポイントは付かないから、二輪館のセールとどっこいかな?


既にヤマハの44リッターケースは持っていますが、あれは横幅がありすぎてAgility125には無理です。
逆にこのE370は思ったよりもスリムなので、FZ6-Sにも楽に載せられます。
しかも今回注文したのはブルーなのでAgility125の車体色と合いますから、普段のお買い物もちよっと気分が良いですね。
シート下の収納スペースが18リッター程ですので、E370の39リッターと合わせれば57リッター。
250ccクラスのビッグスクーター並みの収容力になります。
いざとなれば足元のフラットフロアにも置けますから、これで万全でしょう。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

本日納車 キムコ アジリティ125

Img_2212

今日、納車になりました。
朝10時に取りに行くと伝えてましたが、玄関を出て3歩歩いたら雨が降ってきたので午後に延期です。
1時半頃に受け取って写真を撮ったのですが、どうでしょう?

実は家に帰ってきて写真を撮った後、速攻でリアフェンダーを外しました。
なんてったってカッコ悪すぎです。

次に手持ちのGIVIベースをキャリアに取り付けました。
リアシートをベースだけにして載せることを真剣に考えてましたが、リアシートを跳ね上げてバックレストとして使うとこれが凄くいいんです。
あまりにも使い心地が良いので、リアシートはノーマルのまま残すことにしました。

なのでGIVIベースはキャリアに直付けです。
勿論、ガソリンキャップが回るギリギリまで前に持ってきました。
いいですよ~
シート下と併せてキャリアにもトップケースが載っていると積載量がぐんと上がります。

こう書くと良いとこ尽くめみたいですが、欠点もあります。
それはシートです。
硬いんですよ。シートが。
なぜって、シートを裏側から見ると中央に丸い穴が開いているのですが、そこに指をつっこんで押してみると、シート表皮までのウレタンの厚みが1cmぐらいしかないんです。
なので、15分も乗ってるとお尻が痛くなります。


あとはブレーキかな?
リアブレーキがちょっと効きが悪いので調整しないとダメですね。
これは調整だけで十分でしょう。

フロントブレーキはまだ20kmしか走ってないし殆ど使ってないから判らないけど、ちょっと弱いかな?
あたりが出てないので判断はできませんけどね。

でも、これで169.890円ってのは安いぞ~
これは評判が広まれば売れるでしょうね。
うちの近所は最近やたらと125ccクラスが売れてて、毎週5~6台出てるとレッドバロンの店長が言ってました。
意外と台風の目になるかもよ。

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

キムコのアジリティ125

先週の土曜日に契約したKYMCO Agility125ですが、まだ連絡は無いものの入荷しているのが確認できました。
いつもKYMCO車両を購入しているお店のホームページに写真が載ってました。

Agi125

昨日の夜入荷して、ただ今納車に向けて整備中ってとこですかね?
今日の3時頃には市役所にナンバー交付に行って、5時頃に「何時に来ますか?」と確認の電話が入るんじゃないかと思ってます。
来なきゃ来ないで明日の朝取りに行きますけどね。
私がいつもお店のホームページを見ているのは知ってるから、連絡が来ないって可能性も結構高いです。

さて、納車前の写真を見て気になったのが、リアフェンダーです。
他のお店を見ていると、この極端に長いフェンダーが付いてなく、フェンダーレス状態で入荷されている写真がちらほら見れます。
これって納車時期によって違うんですかね?

はっきり行ってこの巨大なリアフェンダーは不恰好なので、写真を撮ったら真っ先に取っ払っちゃいます。
取りあえず気が付いたところはこんなものですね。
納車になったら先ずはリアシートをどうやって跳ね上げるのか確認して、キャリアのサイズを計りましょう。

でも、なんとなくですが、リアシートを外して皮を剥いで、あんこも抜いて、ベースだけにしてしまい、GIVIベースをがっちりと取り付けた方が良くないですかね?
勿論、邪魔なリアフェンダーとキャリアは外してしまう前提で。


写真から想像しただけでも大分すっきりしますよねぇ。
バックレスト代わりにリアシートを立てて使うのが楽だと言われてますが、長距離を走らない私にはあんまり関係ない話ですし。

まあ、じっくりと弄り倒しましょう。
少なくともV-Link125SRCよりは弄り甲斐がありそうです。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

この時期になると必要な物

Img_2150

この時期になると必要な物。
それはシーブリーズです。
好みの問題なので私は別なのが好きって人もいるでしょうが、もうずっと20年近くこれを使っているので他の選択肢が出てこないですね。

勿論、大事な会議にやプレゼンに行くときに汗を止めるのに使うのはギャツビーのアイスデオドラントだったりするので、私も用途別に使い分けてます。
シーブリーズは全身に使えるので会社で汗だくになった時に頭からジャブジャブつかったりするのに使います。
後は風呂上りとかですね。
なのでこの1L入りのビッグサイズじゃないと役に立ちません。
年間でこれを3本消費しますから、買うときもこの時期を狙います。

何故って...安くなるから。
通常、この1Lサイズは2,800円なのですが、この時期になるとディスペンサーがおまけに付いたものが1,500~1,700円で大量に売られます。
なので毎年4月28日~5月10日頃に一年分を纏め買いするんです。
ディスペンサーだけで500円ぐらいするので、凄くお買い得ですよ。

Img_2147

あと全然関係ないけど実家に帰ると必ずお参りするのがこの亀岡文殊です。
ご利益はあると思います。
物凄く。
お参りしたおかげだなと思える事が過去にも多々ありましたからね。
お参りしない年に限って手痛い思いをしてるってのがひの理由ですけど。

ここは日本三文殊の一つで、他には奈良にもありますね。
以前、お参りに行きました。
もう一箇所はどこだっけな?
生きてるうちに是非お参りしたいものです。


.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

KYMCOの新顔

私がいつもKYMCO製スクーターを買っている津田沼のピットクルーに新車が入りました。
それはKYMCO VITALITY50です。

これはまた派手な配色ですねぇ。
フラッグカラーって言ってた様な気がしますが、新型のSUPER9sも確かこのフラッグカラーがありましたね。
ヨーロッパ輸出用の車両なのでシートは高いし運動性は良さそうですね。
ただ、日本人が普段使いとして乗るにはちょっと辛いかな。

取りあえず明日はお休みなのでお店に顔をだして跨って来ます。
さすがに試乗車は用意していないでしょうから跨るだけですが、それでもイメージは掴めます。

サイズ的にもAgility125と似てるから、跨った時の印象も一緒なのではないでしょうか?
値段も手頃ですよね。そのかわり空冷です。
リアブレーキもドラムだし、しっかりコストカットしていますね。

明日Agility125を注文してみますが、さてどの程度で入荷しますやら。
在庫があれば3日でOKなんですけどね。
V-Link125SRCに不満はないけど、転勤してからというものストレスが溜まってねぇ...
249,000円→→168,000円のスクーターに格下げってのも面白いかな。

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 9日 (水)

真剣に悩んでみようかKYMCO Agility125

Agility12501

KYMCOのAgility125です。
ネットで探るとネガティブな評価が8割って感じですかね?
シートが硬いとか言ってる人が多いですね。
でも125ccで何処まで走るのか考えたら私の場合は片道5kmぐらいですよ。
なので全く関係なし。

このAgility125だけで全てをこなそうと考えたら不満は出るでしょうね。
収納スペースだって50ccの原チャリ並みだし、ガソリンは5リッターしか入らないと。
どう考えてもこれで長距離ツーリングは無理です。
でも加速は60km/hまでは鬼の加速だと評価されているので、通勤快速に絞って考えている私にはぴったりです。

ただ、私の場合お買い物にも色々と使いたいので収納スペースが無いと困ります。
でもそこはデッカイキャリアがついているので問題なし。
トップケースも持っているしね。

エンジンがV-Link125SRCと同じ系列なので、155ccにボアアップするのも簡単みたいですよ。
いつもの禅騨木輪業さんのページにも色々と情報が乗っています。

こうなってくるとエンジン的にV-Link125SRCと変わらないのであれば、こっちの方がメンテしやすそうなので面白いです。
一番の決め手はトップケース付けた時の前後長を抑えられるってことです。
タンデムシートを立てたままにしておいて、キャリアにGIVIベースを目一杯前に持ってきて付ければトップケースが後ろに飛び出す事がなくなります。
勿論ガソリンコック付近を大きくえぐる必要はありますが、たいした作業ではありません。

V-Linkにトップケースをつけるとかなり後ろまで飛び出すんですよ。
すると駐輪場で目立ちすぎるので嫌なんですよね。

う~む。取りあえず買ってみる?
この際V-Link125SRCもドナドナしてしまって....

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

タイヤ交換はリアのみ

今までずっと前後同時交換をしてきましたが、初めてリアだけの交換となりました。
単にその都度銘柄が変わったから前後同時交換してたってのもあるんですけどね。
スクーターは排気量に関わらず減ったほうだけ交換してましたし。

今回も銘柄はダンロップのGPR-α10です。
再来週ぐらいに交換かと思ってましたが、ふと思いついてホームページを見ると二輪館で15%引きをやってるじゃないですか。
もう迷わず交換してきました。

窒素も入れて処分料も入れて税込み23,082円です。
流石に前後を同時に交換するにはお金が勿体無かった...

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと気になる KYMCO Agility125

DT125Rが引き取られていったばかりなのに、もう別なバイクに興味で出てきました。
KYMCO Agility125です。

Agility125_03


ヨーロッパ向けの車種として生産しているのは知ってましたが、やっと日本にも導入されそうです。
KYMCOの日本法人のホームページには情報が載っていませんが、もうじき載るでしょう。
こいつの何処が気になるかというと、リアシートが跳ね上げ式になっている事です。

Kymco_agility1251

日本にもこの手のがありますね。
PS250でしたっけ。あんな感じで跳ね上がって、キャリアを大きく使えます。
メットインもフルフェイスが入るので24Lぐらいの容量はあるようです。

実際の話、今乗っているV-Link125SRCの方がメットインスペースは遥かに大きいんですが、お買い物をしているとこれでも足りないことが多々あります。
するとステップに置くことになるんですが、その状態で次のお買い物には行けません。

なので常々あと20Lぐらい増やす方法は無いかと思ってました。
このAgilityなら跳ね上げシート部分を改造してGIVIのベースを直付けしておけば(皮とアンコを取っ払って)、見た目1人乗りのスクーターで駐輪場にも普通にとめられるし、GIVIベースに37Lのケースを積んでおけばほぼ無敵の週能力になります。
いざって時は44Lケースも持っているから、会社までは持っていけないけどバイクには一時保管しておきたいものを乗せることができます。
まあ、44Lの出番は無いと思うけどね。

これを買うとすればV-Link125SRCを処分してって事になりますが、それよりもV-Linkの代わりにアプリリアのスポーツシティを考えている私としては悩む所ですね。
駅前駐輪場に排気量制限さえなければ、こんなもの悩まずに250ccか400ccを買うんですけどね。


とアップロード後にチェックしてびっくり!
上の写真はヨーロッパのキムコから持ってきたのですが、日本向けの跳ね上げ式シートではないんですね。
どっちが良いんだろ?
私的にはこっちの一体型はちょっと困るけど、一般的なユーザーにはこっちでしょうね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

ドナドナ

つい先程DT125Rが引き取られていきました。
Img_2093

約一年間の付き合いでしたが、実際に乗ったのは3,000km程で、延べ日数にすると20日ぐらいでしょうか?
遠出の足はFZ6-Sとプジョーのどちらかになりますし、近郊はV-Linkの独壇場ですからDT125Rは「今日は林道を走る」と特別に思わない限り乗る機会がありませんでした。
こんな私のところで錆びていくよりは新しいオーナーに可愛がって貰った方が幸せです。

今度のオーナーは大切に乗ってくれそうなのでとても安心しました。
いつまでも現役で走ってもらいたいものです。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

本日廃車

土日祝でもやっているのが船橋市役所窓口業務の良いところですが、残念ながら軽自動車税と連動しているらしい原動機付自転車のナンバー交付、廃止業務はやっていませんでした。
やってないものは仕方ないので今日は午前中お休みを取って市役所に行ってきました。
手続き自体は簡単で、ものの3分で廃車証明書が交付されました。
その場で同じ用紙内にある譲渡証明書欄に住所氏名を書き、捺印をして...

お姉さん。のり貸して!

と用意してきた封筒に廃車証明書を入れて封をしてしまいます。
同じビル内に郵便局があればよかったのですが、そんな都合の良い話はないですね。
当初の予定通り東京駅前の市外郵便局まで行って(単に通勤経路の途中にあるだけ)速達で出してきました。
間違いなく今日中に相手方に届くはず。

でないと明日ナンバー交付が出来ませんし、GW中に引き取りに来てもらうことが出来なくなります。
人身事故で電車が遅れたり色々ありましたが、なんとかなりましたね。


さて、ほっとして会社に向かい、宇都宮駅に着いたのが11時半。
じゃあ餃子でお昼ご飯でもと、まだ入ったことが無い『悟空』に入ります。

でも不満足度80%って所ですかね。
餃子のお店なので餃子には不満は無いんですが、セットメニューのラーメンがね....
全然おいしくないの。

佐野ラーメンと書いてあったので結構期待してたんですが、あれはラーメン好きなら頼まないほうが良いです。
なんか平麺ぽくて薄いのですが、出てきた時点で麺に腰がなくなっててふにゃふにゃなんですよ。
おまけにスープが....

あの店に行くなら普通に餃子定食にしましょう。
味を覚えたので私はもう行くことが無いでしょう。
「定食なら」夢餃子の方が私好みですから。

.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »