« DUCATI ST3 がカタログ落ち | トップページ | FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) »

2008年1月13日 (日)

FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編)

DUCATI の ST3 を乗り換え候補に挙げていましたが、やはり在庫状況が良くなくて、レッドバロンだと2004年型の乾式クラッチモデルが色違いで2台、共に89万円でした。
走行距離は7,000kmとまずまずなのですが、買った後で色々と金のかかるドカッティのことですから、7,000kmで89万円が安いとは一概に言えません。
元々の価格が130万円だとしてもね。

売りに出ているのはノーマル社なので、とにかく重いと評判の油圧クラッチのシリンダーを交換するか受け側のシリンダーを変えるかしないと駄目ですね。
更に長く乗る人は殆どの場合社外のクラッチに変えますねと店長が言うとおり、こいつもノーマルですからSTMあたりに変えることになるんでしょうね。
となると工賃込みでクラッチ周りに40万円は掛かるとすると、大体130万円ぐらい。中古なのに全然安くないですね。
その上7,000kmだとエンジンの分解整備はまだやっていないと思われるので、買って暫くすると分解整備の費用も出て行くことになりそうです。

ドカッティは買った後も毎年100万円程度の出費を続けられる人じゃないと維持できないと言われますが、ホントでしょうね。アプリリアのSXV550を候補から外した理由はメンテ費用です。SXVも定期的にエンジンの分解整備が必要なマシンなので、おいそれと買えるバイクではありませんでした。


BMWのF800STは以前から気になっていたマシンですが、BMWブランドの物が安い筈が無いと思い込んでいたので候補に挙げていませんでした。
でも、昨日レッドバロンでST3の在庫確認をしながら店長と話していたら、なんとF800STが展示してあるじゃないですか。
さっそく跨って感触を掴んできました。

05knprs97

跨った印象は、シートの幅が思ったより広くて足つきが若干悪いと言う事です。ただし肉厚のシートは柔らか目で後ろ側が特に幅広なので、これなら長距離は楽ですよ。
ダミータンク側が幅を絞って足つきを良くしているんですが、それはドイツ製。平均身長が違いますから、私が跨ると両方の踵が1cmほど浮きます。
でもペッタンコの運動靴なので、何時もの通りブーツで跨れば両踵がぴったりつきます。

しかもバランスが良いんでしょう。とても軽く動かしやすいです。
ショールーム内で押したり引いたりしてみると、FZ6よりもずっと軽い印象を受けました。
跨ってハンドルを握り、左右に振っても軽いので、これならFZ6-Sからの乗り換えに戸惑うことはなさそうです。


なんてったってBMW製でしかもメンテナンスフリーのベルトドライブと来たもんだ。
ドカッティと比べると雲泥の差ですね。


装備品も充実していてグリップヒーターやABSは当然付いてますし、大型のキャリアも付いてます。パニアケースは別売りですが、FZ6-S用に購入したトップケースを転用すれば良いので、手元に余っているGIVIのベースをキャリアに乗せちゃいます。

この余ってたベースはE370に付いてきたものですね。Agility125にはE260に付いてきたベースを乗せたので、未開封のまま残っています。

装備品を見るとハイライン仕様に見えるのですが、パニアケース用のベースが付いてない様です。

05knprs8t

と思ってよく見ると付いてますね。
やっぱり写真を撮ってきて正解です。確認できますからね。

でもこの写真で判るとおり、シート下はなにも入りません。
お尻の真下にあたる部分に丸いのがありますが、フューエルポンプですのでこの上には乗せられません。もっとも隙間は開いてませんけど。

ストップランプ周辺もまとまったスペースが無く、ETCを何処に乗せるか悩んじゃいますね。
かろうじてお尻の左後方に僅かにスペースが開いているので、ここにマジックテープで固定するしかないようです。

05knprs8k

本当に入るかどうか確かめるために、お店の新品在庫を突っ込んで見ましたが、ぴったり入ります。でもあと1cmでもETCが大きいとシートに干渉して入らないところでした。
これでETCも問題なし。トップケースも問題なし。

そして装備品で目に付いたのがこれ。ドイツ語のオーナーズマニュアルです。
こんなものどうやって読めと...
それ以上に目に付いたのが、この変なリモコンです。

05knprs89

05knprs7y

リモコンは二個付いてました。
鍵が一個しか付いてないのにです。
それって普通逆じゃないの?

それよりも、このリモコンはなんなのさ。
判らないながらもマニュアルを見ていくと、どうもイモビライザーの様です。
FZ6-Sは鍵自体にトランスミッターを組み込んでいますが、BMWの場合別体式みたいですね。
ボタンが二個ついているのは、イモビのセットと解除用かな?


まあ、こんな感じで色々と見ていくと、結構良いじゃないですか。
レア物好きの私の琴線をくすぐってくれますね。

問題は価格かな。
140万円にガス検査等諸費用込みで160万円弱。
YAMAHA FJR1300ASが買える値段です。

FJRは一度乗って見たいんですよ。
でも重量がねぇ...乾燥重量260kgって整備重量に直すと280kgぐらいでしょ?

値段で言うならYZF-R1だって買えてしまいます。
暫く悩みますとは言ってきましたが、これは本当にFZ6-Sを売って見て、幾らになるかで買うかどうか決めたいですね。せめて30万円ならなんとか考えるけど、25万円と言われたらこのままFZ6-Sを乗り潰しかなぁ...

.

|

« DUCATI ST3 がカタログ落ち | トップページ | FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編):

« DUCATI ST3 がカタログ落ち | トップページ | FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) »