« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

すげぇ! そもそもロックってなんだ?

久々に凄い物を見ました。
世良公則とダグ・アルドリッチのギター競演による世良公則の代表曲のオンパレードです。


ああ、これが最初に判ってたら録画してましたよ。永久保存版として。


ロックなのにフォークギターで競演してる...
なんだろ
そもそもロックってなんだっけ?

彼は仕舞いにはフォークギター一本でロックをやってます


クイーンも色々とやっててオペラなのかロックなのか判らない所まで行っちゃいましたが、あの手の迷走が完成形としてこうなるって見本見たいなのもですかねぇ...
とにかく...久々に感動したぞと。


あ~録画としけばよかった。

.

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年1月29日 (火)

何気に見ているとDT125Rの新車が出ていた!?

Bandit1250sの話ばかり書いてますが、そういえば真っ先に候補から落っこちたFZ1はどうなっているんでしょと思い、サクサクとネットを検索してたら面白いものに出会えました。


逆輸入の新車の所にFZ1の'08モデル(逆輸入フルパワー)が並んでます。
プレスト扱いではないのですが、意外とお手頃な値段ですね。
'07モデルならプレスト扱いでフルカウル仕様にも変更可能とのこと。
なんか良いですね。今更Bandit1250sから変えられませんけど。


もっとビックリしたのは'07モデルのDT125が有るって事。
海外でも'07で生産打ち切りになったと聞いてましたが、最後の新車がまだ手に入るんですね。
でも本当に欲しいのはDT125Xの方なので、私が買うことはないでしょう。

何処かに在庫がありませんかねぇ...

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

契約はしたけど、どうやって払いましょうか?

土曜日に契約を済ませたBandit1250sですが、さて、どうやって払いましょうか。
諸経費等全部込みで66万円と言うのが今回の支払い総額です。
これを現金で払うのは簡単ですが、この低金利の時代に現金で払うなんて勿体無いです。

Mizuho03

先ずは契約時に提示されたのがレッドバロンが提携するオリコのクレジットです。
ローン金利を尋ねると、なんと9.8%とな。
この低金利の時代にその金利はないでしょうと言う事で、その場で却下しました。そんな金利で払うぐらいなら側近で払いますよ。

この金利はローンを組んだ会社に対してキックバックすることを前提にしているからですね。借りる金額によって変わってきますが、金利が高かった時代は2か月分がキックバックされていたと言いますから、結構な収入になっていたはずです。


Mizuho01

次はみずほ銀行の新車ローンです。
金利は5.775%ですから、オリコよりはずっと安いです。
私は銀行から借りるようにしてますが、労金からかりてもこれと同じぐらいなので、サラリーマンなら労金でローンを組むのも一つの方法ですね。
学生は労金が使えませんから、この金利はサラリーマンの特権でしょう。


Mizuho02

最後が私がFZ6-Sで使ったフリーローンです。
このローンの最大の特徴は、無人店舗であるインターネット支店でしか契約できないことです。最後に捺印する行為自体は最寄の好きな店舗に行きますけどね。

このローンはとにかく金利が安い!!
今なら年利 4.4%です。

これってレッドバロンでそのままローンを組む場合の半分以下なのね。
毎月の支払いで 1,631円の差が生まれ、支払い総額では 58,716円も差が生まれます。これは結構大きな差ですよ。

みずほのフリーローンなら金利は全部で65,708円なので、まあ 『ローン組んだら一割増えちゃったか』 程度ですが、レッドバロンでローンを組むと 2割増える訳です。

さあ、あなたならどっちを選びますか?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

そろそろ椿が咲き始める頃

伊豆大島の椿も見事ですが、椿ラインの椿もなかなかのもの。
今日のように暖かい日が続くと、そろそろ椿の花が咲き始めます。
最盛期は何時なのか判らないのですが、一般的に椿は2月下旬から3月に掛けてが最盛期です。
恐らく椿ラインに咲いている椿は野生種だと思うので、この最盛期にあっているんじゃないかな?

本当は今日行きたかったんですが、仕事をちょっとだけ片付けて見ようと思い、60件ほど持ち帰ったもののうち1件を試しにやってみました。
当初一件当たり1分と見積もっていたのですが、なんと5~6分も掛かります。
このまま遊びに行っちゃうと今晩徹夜になってしまうので諦めました。

帰りに城ヶ島に寄って久しぶりにニャーニャーいわそうかと思ってたのですが、それも取りやめです。
平日にお休みとって行くことにしましょうか...

しかし、こんなに天気が良いのに外に行けないなんて..

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

今日契約してきました

Bandit1250sを契約してきました。
最後までDUCATI ST3と悩みましたが、実はST3の新車在庫が既に空になっていたので、悩むだけ無駄でした。

実物を見て跨ってきましたが、当初の予想と違って店頭在庫じゃなくて新しいバイクが入荷してました。
なんで?

実はパニア仕様と言うのはバイク本体とセットで仕入れないとダメとのことで、店頭に在庫が有ってもパニアケースのために更に一台仕入れなくちゃイカンと言う事で 『上手い商売してるなぁ スズキさん』 と言う事です。

ケースの脱着も簡単で、容量も35LですからAgility125に付けている GIVI E370 とほぼ同じですね。
ただ外側に膨らみ過ぎないように内側に突き出すデザインなので、積み込みはコツがいるかな?
左右両側付けると幅が結構あって、一般道路でのすり抜けはかなり厳しくなります。


ざっと思い起こすと、まず地元の国道296号は津田沼駅周辺の一部ですり抜け不能ですね。
その先の国道は湾岸線なので問題なし。
次は首都高速だから全然平気。
横浜新道を降りて藤沢バイパスまでの国道1号が一部でちょっと辛いかな。
あとは概ね問題になる区間はありません。(伊豆までの話してます)


宇都宮までも狭い道路は走らないので全然平気。
実は夏場はプジョーの代わりにこいつで宇都宮まで往復する予定なので、結構重要な事なのですが、容量的に問題なくて道路も平気ならいい買い物でしたね。

レギュラーガソリンで走れるので、かなり節約できそうです。
年間で4万円ぐらいですけど、馬鹿にならない金額です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

好きこそ物の上手なれ?

なんか訳の判らないタイトル書いてしまいました。
その心は、『箱物好きの心は箱物好きじゃなきゃ判らん』 と。

Babdit1250sのサイドケースですが、今まで見てきた所では『Bandit1250専用品だから他の物は付かない』 と言うことです。
まあ、ほぼ正解だけど間違っていると言うのがほんとかな。

そもそもBandit1250に付くサイドケースは、何処から見てもGIVI V35シリーズそのものです。その中で専用品といえるのはカバーですね。
Bandit1250シリーズ専用の塗料を使って塗装したカバーが付いてくるか否か、たったこれだけの差です。市販品との差は。

まあ、サイドケース好きの人にはE41オンリーの人とか居ますからね、メーカーが箱物メーカーとタイアップしてその車種専用のカバー付きセットを用意しても、それがE41でなかったらゴミと同じって考え方もあるでしょう。

私も箱物好きですが、そこまで徹底してないので、このV35で十分だと思ってます。
E41に憧れますけどね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

Bandit1250S パニア仕様にほぼ決定

FZ6-Sの次に来る物は、スズキのBandit1250S ブルーのパニア仕様です。

SCSの79.8万円はアタックしたけど完売で、スズキワールドの85万円とレッドバロンの92万円の比較になりました。勿論、税抜き価格です。
スズキの小売希望価格は98万円なので、レッドバロンはあんまり安くないです。


でも、レッドバロンが好きな理由は、行った先のバロン店で好きなときにメンテが受けられて、オイル交換も格安であることです。
私は結構距離を乗るほうなので、買ってから売却までにオイル交換を10~12回やりますから、一回あたり600円程度で済むレッドバロンのオイルリザーブシステムはかなり使い勝手が良いサービスです。

また、委託販売でFZ6-Sをレッドバロンに預けていることから、自然な流れで次もこのお店でと言うことになってしまいます。まあ、土地ころがしならぬバイクころがしですね。

その他にもETCをタダで乗せ換えて登録し直してもらったり、任意保険を乗せ換えたり、その他もろもろのサービスを考えると、スズキワールドで7万円安く買うメリットが帳消しになります。


と言う事でほぼ契約確定と伝えて、実際にキャリアが付いた状態を見せてくれと頼みました。
来週末には店頭在庫のBandit1250Sに取り寄せたパニアケースが付いた状態が見れます。
税抜きの小売希望価格が98万円と書きましたが、これにはパニアの代金は入ってなくて、ここに12万円ちょい上乗せになります。

つまり、税抜き110万円と言うのがパニア仕様の税抜き小売希望価格であり、値引き額としては18万円ともいえます。安いですよこの値段は。

あとは暖かくなるのを待つだけですね。
椿ラインにそろそろ椿の花が咲き乱れる頃になりましたので、天気が良ければ遠征もいいかな。
でも、寒いから多分プジョーで行くでしょう。去年もそうでしたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

バンディット1250S と言う選択

1250s

いつも出入りしているFZ6専用情報交換板に次のバイクの候補を書いてたら、『実はこんなものもあるよん』 と紹介されたのがSCSが販売しているバンディット1250Sの専用パニアケース付き 79.8万円也

衝撃的な安さですよ。
そもそも新車のオーバーリッター車が79.8万円でもびっくりなのに、専用パニアケース付きってのは..一体世の中どうなっちまったんだぁぁ...

これを見た時点でBMW F800ST は候補からぶっ飛びました。

だってそうでしょう。
値段が半値ですよ。ほぼ同じ動力性能で。
と言うかF800ST以上に常用回転域のトルクを太らせてるから、更に快適だと思います。
4気筒だからエンジンはウルトラスムーズだし。


何度か書いた記憶がありますが、2気筒は乗ってみたいし、所有してみたいんです。なので DUCATI ST3 が欲しいなんて事言うわけです。
BMW F800ST もその流れに沿ったものなのですが、それ以上にサイド(パニア)ケースのツーリング仕様に一度載ってみたくて、ST3 や F800 を候補に挙げてました。勿論、値段は更に高くなりますがFJR1300ASも候補に挙げています。

ただ、この手のツーリング仕様は重くて取り回しがめんどくさいのが欠点なので、その中でも軽いものとしてF800ST が現実的な選択肢だと思ってました。2気筒というもう一つの欲望も同時に満たせますしね。

ところがそこに現れたこのバンディット1250Sの価格。
衝撃的と言うか破壊的でしょう。


とりあえずレッドバロンに残ってた在庫を押さえましたが、どうしましょうかね?
買う?

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月16日 (水)

本宅にページ追加

このブログに度々載せている城ヶ島の猫日記ですが、ブログに載せる写真には適度なサイズ?と言うものがあってオリジナルサイズを載せることはできません。
また、結構短時間で写真を選んでアップするので、本当はこれも載せたかったなと思う写真も手元に残っています。

と言う事で、本宅に城ヶ島の猫日記(本宅バージョン)を新設しました。
本宅に来たことがある人はご存知かと思いますが、ドメインを取得して自宅にサーバーを設置していますのでサイズの制限がありません。
なので載っている写真はオリジナルサイズですので、あの写真が欲しかったと思ってた人は是非本宅から持ち帰ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

調べれば調べるほどいいバイク(BMW F800ST編)

バージンビーエムと言うサイトがあります。

初心者のためのBMWウエブサイトと言うのがサブタイトルに付いている様に、各車種の情報が詳しく載っています。
FZ6-Sの時はとにかく情報が少なくて海外のサイトを渡り歩きましたが、BMWに関してはその心配がなさそうです。


ここを見てて初めて判ったのですが、インジェクションの設定をレギュラーガソリンに最適化することも出来るんですね。馬力は2馬力ほど落ちますが、何時でも設定を戻せるのであればガソリン価格高騰の今はレギュラー仕様に設定して、後で安くなったらハイオクに戻すことも出来ます。

この仕組みを使って、免許制度により高出力のバイクを購入できないユーザーに対して34馬力に抑えた仕様で提供し、後からフルパワーに戻すことも簡単に出来るそうです。
FZ6-Sの場合は別な仕様のマシンになっているので、そういう意味ではBMWの方がよりユーザー目線でバイクを作っていますね。


その他にもエンジンのスペックなどを見てるといいですね。
FZ6-Sの98馬力に対して85馬力なのですが、発生する回転数が低いんですね。
FZ6-Sが12,000回転まで回して98馬力なのに対して、F800は8,000回転で85馬力です。

トルクもFZ6-Sは10,000回転まで回して63Nmなのに対して、F800は5,800回転で86Nmになっています。

つまり回せば回しただけパワーがでるFZ6に対して、F800は回さなくてもパワーがある。下からトルク感があると言う事で、国内版のCB1300とかXJR1300などに近い出力感の様です。
平たく言うと、乗りやすいFZ6-Sを更に乗りやすくした感じなのでしょうか?


問題は本当にこれで満足できるかですね。
やっぱり時間をかけて色々と試乗してみたいです。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

次どうしようか....

後悔先に立たずと言いますが、私の場合、先ず動いてから考える脳みそ筋肉君なので、FZ6-Sを手放した事については別に後悔はしてません。
もう29,000km近くまで(若しかするとちょっと超えてたかも)走っているので、骨の髄までしゃぶり尽くした感はあります。


逆に4,000kmとか7,000kmで手放す人の考えが判りません。
まあ、どんなに努力しても自分が欲しかったバイクのイメージに持って行けなかったって事なんでしょうけど、バイクにしてみればご主人に恵まれなかったと言う事ですね。


私としても次のマシンがそうならないようにすべく、色々と跨ってハンドルやステップの位置調整がどれだけ出来るのかとかチェックしてます。
ステップは重要ですよね。
このステップの位置とシート、ハンドルの位置が合わないと操作性がスポイルされますし、シートが合わないとか言ってアンコ抜きに走ることになります。


でも、FZ6-Sで弄るだけ弄ったおかげで、ステップの重要性とシートの重要性が良く判りました。
そういう意味では社外品が多いバイクがいいんです。
どんなにがんばっても自分の体に合わない物を無理矢理動かしてたらどっかにツケが回ってきます。

Goo Bike とかの中古車情報を見てても、フィッティングの重要性は(さらっと書いてるようでページは割いてる)書かれてますよね。好きなバイクに乗ることも大切なんですが、やっぱりそのマシンを自分の意思で動かせなくちゃ意味が無いわけです。

GSX-R1000に乗ってて悲しかったのは、能力の半分ぐらいしか使えてないと実感出来たこと。

箱根ターンパイクなどの高速コースに持って行かないとアクセルを開けられないのが嫌でした。なんせローギアで95km/h、セカンドで150km/h出てしまうので、一般道路では全然面白くないんです。


アメリカなどではビジネスで成功して若くして引退した人はゴルフコースの中に家を建てて住んでますよね。私の場合、ゴルフは飽きるほどやったのでサーキットの中に家を建てたい(と言うか、庭の一部にサーキットがあるみたいな)と思ってます。

朝、日が昇ったら朝御飯までの間にサーキットを軽く10周するとかっていいじゃないですか。そういう生活にあこがれます。遠慮なくアクセルを開けられる環境に住んで初めてレーサーレプリカの良さが判ると思うんですね。

残念ながら、生まれ変わらない限り私には手に入りません。
なので現実的に一般道で走って面白いバイクを選びます。

やっぱり一度ST3の試乗をやってみたいですね。
あれはドカッティの中でも変り者なので、多分、私の好みに合う筈。
どっかにありませんかねぇ....


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2)

先ほどレッドバロンまで行ってFZ6-Sを預けてきました。
そう言えば最後の写真を撮ってないのですが、まあ良いでしょう。
最後のツーリングで撮ってますからね。

査定をして貰い、そのままだと幾らか聞いたら 『30万円ぐらいかなぁ...』
じゃあ委託で売って頂戴とお願いしました。
委託の場合は40万円ぐらいに(私の取り分が)なる見込みです。


色々と手を入れてあるので勿体無いのですが、ステップキットを外して売るとかしても個々のパーツをオークションに掛ける手間やパーツを交換する手間が、売値に見合うとは考えにくいので付けたまま売ります。

バイクは3月下旬まで乗るつもりが無いので、今のうちに預ければ時間を掛けてじっくり売れるので、お店側としても売りやすいですからね。

FZ6-S いいバイクだったけど さよなら。
浮気物のご主人を許してくれぇ~

ちなみに F800ST を買うとは決めていません。
さらに国内版のFZ1は買いません。買うなら逆輸入の在庫狙いです。
アメリカンは間違っても買いません。

ま、暫くゆっくり考えるさ。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編)

DUCATI の ST3 を乗り換え候補に挙げていましたが、やはり在庫状況が良くなくて、レッドバロンだと2004年型の乾式クラッチモデルが色違いで2台、共に89万円でした。
走行距離は7,000kmとまずまずなのですが、買った後で色々と金のかかるドカッティのことですから、7,000kmで89万円が安いとは一概に言えません。
元々の価格が130万円だとしてもね。

売りに出ているのはノーマル社なので、とにかく重いと評判の油圧クラッチのシリンダーを交換するか受け側のシリンダーを変えるかしないと駄目ですね。
更に長く乗る人は殆どの場合社外のクラッチに変えますねと店長が言うとおり、こいつもノーマルですからSTMあたりに変えることになるんでしょうね。
となると工賃込みでクラッチ周りに40万円は掛かるとすると、大体130万円ぐらい。中古なのに全然安くないですね。
その上7,000kmだとエンジンの分解整備はまだやっていないと思われるので、買って暫くすると分解整備の費用も出て行くことになりそうです。

ドカッティは買った後も毎年100万円程度の出費を続けられる人じゃないと維持できないと言われますが、ホントでしょうね。アプリリアのSXV550を候補から外した理由はメンテ費用です。SXVも定期的にエンジンの分解整備が必要なマシンなので、おいそれと買えるバイクではありませんでした。


BMWのF800STは以前から気になっていたマシンですが、BMWブランドの物が安い筈が無いと思い込んでいたので候補に挙げていませんでした。
でも、昨日レッドバロンでST3の在庫確認をしながら店長と話していたら、なんとF800STが展示してあるじゃないですか。
さっそく跨って感触を掴んできました。

05knprs97

跨った印象は、シートの幅が思ったより広くて足つきが若干悪いと言う事です。ただし肉厚のシートは柔らか目で後ろ側が特に幅広なので、これなら長距離は楽ですよ。
ダミータンク側が幅を絞って足つきを良くしているんですが、それはドイツ製。平均身長が違いますから、私が跨ると両方の踵が1cmほど浮きます。
でもペッタンコの運動靴なので、何時もの通りブーツで跨れば両踵がぴったりつきます。

しかもバランスが良いんでしょう。とても軽く動かしやすいです。
ショールーム内で押したり引いたりしてみると、FZ6よりもずっと軽い印象を受けました。
跨ってハンドルを握り、左右に振っても軽いので、これならFZ6-Sからの乗り換えに戸惑うことはなさそうです。


なんてったってBMW製でしかもメンテナンスフリーのベルトドライブと来たもんだ。
ドカッティと比べると雲泥の差ですね。


装備品も充実していてグリップヒーターやABSは当然付いてますし、大型のキャリアも付いてます。パニアケースは別売りですが、FZ6-S用に購入したトップケースを転用すれば良いので、手元に余っているGIVIのベースをキャリアに乗せちゃいます。

この余ってたベースはE370に付いてきたものですね。Agility125にはE260に付いてきたベースを乗せたので、未開封のまま残っています。

装備品を見るとハイライン仕様に見えるのですが、パニアケース用のベースが付いてない様です。

05knprs8t

と思ってよく見ると付いてますね。
やっぱり写真を撮ってきて正解です。確認できますからね。

でもこの写真で判るとおり、シート下はなにも入りません。
お尻の真下にあたる部分に丸いのがありますが、フューエルポンプですのでこの上には乗せられません。もっとも隙間は開いてませんけど。

ストップランプ周辺もまとまったスペースが無く、ETCを何処に乗せるか悩んじゃいますね。
かろうじてお尻の左後方に僅かにスペースが開いているので、ここにマジックテープで固定するしかないようです。

05knprs8k

本当に入るかどうか確かめるために、お店の新品在庫を突っ込んで見ましたが、ぴったり入ります。でもあと1cmでもETCが大きいとシートに干渉して入らないところでした。
これでETCも問題なし。トップケースも問題なし。

そして装備品で目に付いたのがこれ。ドイツ語のオーナーズマニュアルです。
こんなものどうやって読めと...
それ以上に目に付いたのが、この変なリモコンです。

05knprs89

05knprs7y

リモコンは二個付いてました。
鍵が一個しか付いてないのにです。
それって普通逆じゃないの?

それよりも、このリモコンはなんなのさ。
判らないながらもマニュアルを見ていくと、どうもイモビライザーの様です。
FZ6-Sは鍵自体にトランスミッターを組み込んでいますが、BMWの場合別体式みたいですね。
ボタンが二個ついているのは、イモビのセットと解除用かな?


まあ、こんな感じで色々と見ていくと、結構良いじゃないですか。
レア物好きの私の琴線をくすぐってくれますね。

問題は価格かな。
140万円にガス検査等諸費用込みで160万円弱。
YAMAHA FJR1300ASが買える値段です。

FJRは一度乗って見たいんですよ。
でも重量がねぇ...乾燥重量260kgって整備重量に直すと280kgぐらいでしょ?

値段で言うならYZF-R1だって買えてしまいます。
暫く悩みますとは言ってきましたが、これは本当にFZ6-Sを売って見て、幾らになるかで買うかどうか決めたいですね。せめて30万円ならなんとか考えるけど、25万円と言われたらこのままFZ6-Sを乗り潰しかなぁ...

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

DUCATI ST3 がカタログ落ち

St3sabs_thumb_1128_0St3sabs_thumb_1129_0


ドカのST3です。
結構好きです。このバイクは純正のパニアケースが売られていて、後付のサードパーティ製よりも一体感のある仕上がりになるのが好きです。

ツーリング目的のバイクは色々とありますが、BMWにしてもホンダのパンヨーロピアンにしても、やたらと重いのがひっかかり購入意欲がわきません。そういう意味ではカワサキのGT1400でしたっけ?あれもいいバイクなのはわかりますが重いよねぇ

そもそもヨーロッパ大陸の高速で200km/h以上を延々と維持するのが前提の設計なんでしょうから、風などに影響を受けない質量を最初から持たせているってことなんでしょうが、あれを日本で乗るには平民には辛いですね。高速代だって馬鹿にならないし。


そんな中でこれはと思っていたのがドカのSTシリーズです。
日本では全くの不人気で、同じドカ乗りからも馬鹿にされる車種らしいのですが、個人的には好きです。

モンスターS4Rなんて楽しく走ろうと思ったらサーキットに持ち込まなくちゃいけませんからね。趣味のバイクとは言え毎週サーキットに行けない人はストレス溜まっちゃうんじゃないでしょうか。


すでにカタログ落ちして、しかもエンジンはST3専用に開発された物で他社流用は無しとなると、定期分解するとしても部品が手に入るのか?
本国でも生産中止とか書いてあったので、エンジンは作っていないとなると、部品供給が止まっちゃいますよね?

そもそもが不人気車種なので、手に入れたら最後、動かなくなったら捨てる覚悟が要るんでしょうね。それが購入後1年であっても。

さて、どうしましょ。
ST4の方なんですが、バロンに置いてありました。
ST3も探せば出てくるでしょう。
どうせバイクは趣味で乗る物だから、バイクを降りるまでにあと何車種も乗れないことを考えたら買っても良いかもしれませんね。

もちろんちょっと前に書いたBMW F800も候補に挙がってます。
スクーターに行くにはまだ早いですね。
あれは60過ぎても乗れるから。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

検索ワード

このブログに訪れる人の傾向をちょっと見てみようと思い、アクセス解析画面をチェックしてみました。

Photo


最近FZ1の事をちょっと書いてたのでFZ1が上位に来ても不思議ではないのですが、まさかトップとは思っても見ませんでした。
Agility125が並んでトップなのは当たり前ですね。去年の春から色々と書いてますから、本宅の方も検索ワードとしては上位に来ています。

同じ理由でAV-LS300DWが上位に来ているのも判ります。
去年の購入以来ずっと書き込みしていますからね。


不思議なのは「日経育ち」と「女優」です。
なんでこんな検索ワードでこのサイトがヒットするんでしょう?

このブログはココログのプロを利用しているので、検索では上位にランクされやすい特性があるにせよ、不思議な現象です。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

FZ1への乗り換え検討(その2)

この一週間ほどで色々と情報が出てくるようになりました。
やはり国内仕様がでるようです。
ただ、問題は94PSまで落ちてしまった出力ですね。

当初、R1が排ガス規制のために5バルブから4バルブに変更したように、5バルブのままでは難しいとか言われていたようなのですが、結局そのまま出てくる事になったみたいですね。
ヤマハの系列店向けのサイトの情報を載せているショップがあるようで、そこを紹介しているブログ経由で見てきましたが、まさか100psを切ってしまったとは意外です。


下のトルクを太らせて街中用にチューニングしてるんだと思いますが、その分、高速に上がって思いっきりアクセルを開けたときの吹け上がりはスポイルされているんでしょうねぇ
FZ6-Sの良さは、マルチシリンダーである利点が低速域での扱いやすさを生み出しており、回せば回しただけパワーがでるので、どの速度域でも気持ちがいい点です。

高速域では以前乗っていたGSX-R1000程の爽快感はありませんが、14,000回転まで綺麗に回っていくエンジンは、回して楽しいバイクだと今でも思っています。

さ~て、となると無理して国内仕様を待つよりも逆輸入物の在庫狙いですかね?

それともスルーして次のモデル待ち?

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

ファイル救出の神となるか

昨日、どうしても復活できなかった750GBのHDDですが、探してみればあるもので、これが若しかすると使えるかもしれません。

Windows系OSからLinux等で使われるEXT3ドライブを読むことが出来るアプリケーションです。
他にも見つかったのですが、なんかこれが一番操作性が良さそうなので、今度の土日で試してみたいと思います。

問題はUSB接続のHDDも対象としているかですね。
直接S-ATA又はP-ATAのコネクタに繋がった内蔵ドライブだけよと言われたら別の物を試してみるしか有りません。なぜなら250GB×3台ででっちあげた750GBなので、ドライブケースから外した時点で使い物にならなくなります。

こういう問題があって、重要なファイルはこの手のコンバインモードででっち上げたドライブには入れないようにしていたのですが、今回のファイルの大移動に伴って一時保管的に置いといたものが犠牲になりました。


ところで宇都宮に持っていったAV-LS300DWとNASのセットですが、バッファローのルーターと相性が悪いのでしょうか? ファイル情報の読込に30秒近く掛かってしまいます。
原因が判らないので、アドレスを直接設定していたのを止めてルーターからDHCP機能でIP取得する方法に変えたところサクサク動くようになりました。

なんで?

大した問題ではないのでそのまま使いますが、船橋に持って帰るとき(何年後か判りませんが)元に戻さないとダメですね。DHCPは便利なんですが、ネットワークが不調の時にIPアドレス直打ちでアクセスできなくなるので基本的には使いたくないんです。


でも、DVDの入れ替えが不要でリモコンだけで動かせるってのは、やっぱり快適。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

次期マシンの検討開始?

去年の11月以降、バイク (FZ6-S) はカバーを被って冬眠に入っています。
寒い時期に無理してバイクに乗っても寒風で体力を取られるだけで、下手をすれば事故に繋がるので無理をしないことにしています。

この近所をお買い物のために動き回る程度ならAgility125で十分。
今日も近所のローソンに 『Yahooゆうパック』 を出すために3往復しましたが、小回りが利いて荷物も積めて便利です。
あのフラットな床は大きな荷物を載せて運ぶのにとても重宝するのですが、たとえばスズキのスカイウエーブに変えたとすると、今回運んだような大小さまざまな箱はシート下には収まりません。
あの63Lもある巨大なスペースは、タイヤハウスのでっぱりが邪魔で段ボール箱のように形を変えられないものは意外と入りません。

そんな訳でこのサイズのスクーターを捨てられないんですねぇ。便利すぎて。

ところで年も変わりレッドバロンも営業しているのでちょっと行ってきました。
目的はFZ1の情報収集です。
結論から言うと入荷の予定とか、国内物が出るのかの情報は無し。
ただレッドバロンが独自にFZ1を輸入するか検討中との話があるそうです。 


と言うことは...国内物って出ないって事じゃない?
今年度から出力規制が無くなるって話ですよね?
と言うことは、ガス検のためにマフラーが変わって若干馬力が落ちるとしても、140ps程度は軽く出る筈。そのモデルの対抗に輸入物を検討するってのはありえない話なので、出ないと考えるのが妥当じゃないかと思います。


実は人気が無いなんだそうです。FZ1って。
前モデルはコンスタントに台数が出ていたのに、新型になってからパタッと足が止まってしまい、数としては前モデルの何割も行ってないと言ってました。

それを象徴するのがメーカーが主催する販売店向けの試乗会で、二順目は各自好きなバイクにもう一度乗ろうとして順番待ちをするのですが、100人程度集まる試乗会でFZ1の列には5人ぐらいしか集まらず、殆どがFZ6-S(S2) とYZF-R1、FJR1300に集中するとのこと。

特にFZ6-Sはスペック2になってから扱いやすさが一段と上がって、どこからでもアクセルを開けられる特性に調教されているので、乗り易さでは一番じゃないかと。
私はS2には乗っていないので比較できませんが、販売店はどっちも乗っているので違いが判ると言ってましたね。


実は04~05のオーナーがS2に乗り換えたって話はwebでも見かけます。
私もちょっとだけその気がありますが、フロントフォークを交換してブレーキを交換して、ローターも変えてと色々と手を入れてしまったので、勿体無くて出来ないんですよ。
エンジンとスイングアームだけ交換できるならやりたい所なんですけどね。


結論から言うと、『FZ1はやっぱり止めた』 なのである。
乗り潰すしかないのかな?
BMW F800ST が結構気になるので、あっちに行ってもいいかな。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

今一歩で死ぬところでした。

居眠り運転は気を付けましょう。
今日は晴れてポカポカ暖かかったのと、ベイブリッジ、翼橋と渡って川崎に入った区間が延々と真っ直ぐで、変化が無いせいで居眠りをこいてしまいました。

カクッ! と首が落ちて初めて寝ていたことに気が付きましたが、なんせ長い直線、寝てても真っ直ぐ走ってたおかげで事故には至りませんでした。
何キロぐらい寝てたんでしょう?
多分、100mぐらいじゃないかと思いますが、正月早々他人を巻き込んでの事故ではたまりませんからね。

この区間はFZ6-Sで走ってても居眠りこきそうになるんですよ。
高速に入って暫く経って、緊張感が緩む頃にこの区間がちょうど来るんです。
バイクも前の車について走ると居眠り運転になっちゃうので、最近は出来るだけペースを合わせて走らないようにしています。


ところで今日は本当に天気が良かったですね。
暫くぶりの城ヶ島でしたが、上の駐車場は満車でした。

Img_3181Img_3185


上の駐車場と来ればいつものこの猫。
ほんとかわいい猫ですね。
なんかいつも一緒に居るんですが、このキジトラの猫は数が多くてどれがどれか未だに覚えられません。
至る所に居るので、どっかに特徴が無いと個別にかわいがるのは難しいですね。

Img_3220


この灰色の毛並みは今日はじめて見ました。
公園の入り口に近いところを縄張りにしている灰色の猫とは違います。
でも、こっちも毛並みは結構綺麗ですね。最近捨てられたのかな?

まだ、人に慣れていなくて、エサをあげると私の手を猫パンチで叩いてエサを落とそうとします。
でも、その距離までは寄ってくるので、これならエサは色々と貰えるでしょう。

Img_3221

こいつは最近老け込みましたね。
ボス猫もそうなんですが、やっぱり野良猫になってしまうと寿命は短いんでしょうね。
今年はまだ風邪をひいてないようなので、まだまだ大丈夫そうですけど。

この写真を撮ってる最中に私の周りに6匹の猫が居て、結構賑やかだったせいもあり、子供たちが数人寄って来ました。
何処に行っても触ろうとすると逃げられると言ってましたが、そりゃ追いかければ逃げますよ。猫だって人間の子供は何をするか判らないから、自分から寄って行く事は殆ど無いですね。


Img_3222_2Img_3226


ほんとこの猫はいいですね。
駐車場の猫とこの猫は私のお気に入りなんですが、この猫はいつも単独行動で、たいていの場合この真ん中の広場のこのベンチの下に居ます。
このベンチに居ないときは、通路に出て行って観光客にエサをねだってます。


Img_3228

一通り猫と遊んだら駐車場に戻ってくる訳ですが、恐らくここが一番エサを貰いやすいんでしょう。
ざっと20匹ぐらいの猫が居ます。

Img_3246

この小屋の付近に10匹ぐらい居て、ゲートの管理人が居る小屋の近辺にも10匹ほど居ます。
あの管理人が居る小屋の前の花壇ですが、猫のトイレになっているのであんまり近づかないほうがいいですね。夏場は匂いで判りますが、猫のうんちは臭いですからね。


今日は三が日と言うこともあり、楽しみにしていた昼食も満員で入れませんでした。探せば空いているところはあるんですが(呼び込みしてるし)お気に入りのお店に入れなかったので早々に退散です。
家に戻ったらオークションに掛けてた物が全部落札されてたし、今年は出だしから調子がいいですね。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

苦労した甲斐があってAV-LS300DWは快適になった

新年明けましておめでとうございます。

今年の富士山は綺麗でしたね。
空気が澄んでいて遠くまでよく見えるので、いつも以上に富士山が近くに見えます。

ところでタイトルのとおり、アイオーデータ製のネットワークメディアプレーヤーが快適仕様に変わりました。
とは言っても本体の性能が上がった訳ではなく、周りの環境を本体に合わせてあげたと言うのが正解です。

Img_3168


この正月だけ船橋に持ち帰っているAV-LS300DWですが、宇都宮でも無線は使っていません。
無線はどの方式であってもパケットのオーバーヘッドが無駄になっていて、実行速度が遅いってのが使わない理由です。

この300DW君ですが、電源を入れるとホームポジションが 「SERVER」 になっています。私の使い方だとDVDを入れて使う気が全く無くて、常にネットワーク越しでメディアを再生するので、デフォルトを入れ替えています。

この画面から次の画面に映るとこんな画面。

Img_3169

一昨日からほぼ一日半かけてHDL-GX250R につないだ自作の1TB USB HDD にコンテンツを落とし込みました。
元々HDDにはパンパンにコンテンツが入っていたので、一旦、別のHDDにコンテンツを移し、ジャンパーを差し替えてコンバインモードでHDDを構成しなおして、GX250Rで専用フォーマットに変更しました。

ここまででほぼ半日費やして、その後1TBの専用フォーマットで生まれ変わったUSB HDDにコンテンツを戻すのに一日掛かりました。
流石にネットワーク越しで1TBものコンテンツを行って来いするのは大変ですね。もう二度とやりたくないけど、後一台残ってるのよね...こっちもパンパン。

ところで専用フォーマットに変更した後で共有フォルダを複数作り、それで反応を見るつもりでしたが、すっかり忘れていて全部移動してしまいました。

移動が終わった後思い出して共有フォルダを作成し、同じドライブ上で移動を掛けようとすると...最悪!! めちゃくちゃ遅い。
Windows上なら同一ドライブ上のフォルダ間の移動はものの一秒で済みますが (たとえ500GB あっても) こいつはもう一度物理的に移動しようとしてます。このみょ~な動きはLinuxマシンで操作している時と一緒ですね。(ここまで書くと経験値の高い人はピン!と来たと思います)

HDL-GX250Rや500Rは組み込み型のLinuxで動いていた筈ですが、外付けのUSBもそのまんまですね。と言う事は専用フォーマットと言うのはUnix系のファイルフォーマットですね。今の形式はEXT3だったかな。

慣れると使いやすいフォーマットなのですが、Windowsばかり使っていると忘れちゃいますね。パーティションの切り方もそろそろ記憶が危なくなってきました。


それは置いといて、この画面で[共有フォルダ]LANDISK_03/usbdisk1 を選ぶと、大体2秒でこのHDDの配下に作られた15のフォルダが現れ、フォルダを選ぶとその配下のISOイメージが表示されます。このHDDには200個ほどのISOイメージが格納されています。

勿論、戻るキーで階層を遡り隣のフォルダに移動するのにも画面の切り替えは素早いです。秒数で言うと一秒掛かってないぐらいですね。

今までNTFSフォーマットのWindows共有フォルダで使っていましたが、同じUSB HDDをEXT3フォーマットのWindows共有フォルダに変えただけでこれだけ動作速度が改善されました。
もう劇的に変わったと言うのが本当のところです。

なんせNTFSフォーマットの共有フォルダは、ここに貼ってある二枚目の写真の状態で選択すると、し~んと一分間ほど沈黙してからやっと表示されてました。
ほんと使えねぇと思ってましたが、何のことは無い、使い方が悪かったと言う事ですね。

ちょっと考えると、メディアプレーヤーはLinuxマシンですから、相性が良いのはLinuxマシンが提供する共有フォルダですよね。当然のことなんですが、

でもねアイオーデータさん、もうちょっと親切に情報提供してくださいよ。

取扱説明書すら読まない私が言うのもなんですが...

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »