« FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) | トップページ | 調べれば調べるほどいいバイク(BMW F800ST編) »

2008年1月14日 (月)

次どうしようか....

後悔先に立たずと言いますが、私の場合、先ず動いてから考える脳みそ筋肉君なので、FZ6-Sを手放した事については別に後悔はしてません。
もう29,000km近くまで(若しかするとちょっと超えてたかも)走っているので、骨の髄までしゃぶり尽くした感はあります。


逆に4,000kmとか7,000kmで手放す人の考えが判りません。
まあ、どんなに努力しても自分が欲しかったバイクのイメージに持って行けなかったって事なんでしょうけど、バイクにしてみればご主人に恵まれなかったと言う事ですね。


私としても次のマシンがそうならないようにすべく、色々と跨ってハンドルやステップの位置調整がどれだけ出来るのかとかチェックしてます。
ステップは重要ですよね。
このステップの位置とシート、ハンドルの位置が合わないと操作性がスポイルされますし、シートが合わないとか言ってアンコ抜きに走ることになります。


でも、FZ6-Sで弄るだけ弄ったおかげで、ステップの重要性とシートの重要性が良く判りました。
そういう意味では社外品が多いバイクがいいんです。
どんなにがんばっても自分の体に合わない物を無理矢理動かしてたらどっかにツケが回ってきます。

Goo Bike とかの中古車情報を見てても、フィッティングの重要性は(さらっと書いてるようでページは割いてる)書かれてますよね。好きなバイクに乗ることも大切なんですが、やっぱりそのマシンを自分の意思で動かせなくちゃ意味が無いわけです。

GSX-R1000に乗ってて悲しかったのは、能力の半分ぐらいしか使えてないと実感出来たこと。

箱根ターンパイクなどの高速コースに持って行かないとアクセルを開けられないのが嫌でした。なんせローギアで95km/h、セカンドで150km/h出てしまうので、一般道路では全然面白くないんです。


アメリカなどではビジネスで成功して若くして引退した人はゴルフコースの中に家を建てて住んでますよね。私の場合、ゴルフは飽きるほどやったのでサーキットの中に家を建てたい(と言うか、庭の一部にサーキットがあるみたいな)と思ってます。

朝、日が昇ったら朝御飯までの間にサーキットを軽く10周するとかっていいじゃないですか。そういう生活にあこがれます。遠慮なくアクセルを開けられる環境に住んで初めてレーサーレプリカの良さが判ると思うんですね。

残念ながら、生まれ変わらない限り私には手に入りません。
なので現実的に一般道で走って面白いバイクを選びます。

やっぱり一度ST3の試乗をやってみたいですね。
あれはドカッティの中でも変り者なので、多分、私の好みに合う筈。
どっかにありませんかねぇ....


.

|

« FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) | トップページ | 調べれば調べるほどいいバイク(BMW F800ST編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次どうしようか....:

« FZ6-Sからの乗り換え検討(BMW F800ST編 その2) | トップページ | 調べれば調べるほどいいバイク(BMW F800ST編) »