« 次期マシンの検討開始? | トップページ | FZ1への乗り換え検討(その2) »

2008年1月 7日 (月)

ファイル救出の神となるか

昨日、どうしても復活できなかった750GBのHDDですが、探してみればあるもので、これが若しかすると使えるかもしれません。

Windows系OSからLinux等で使われるEXT3ドライブを読むことが出来るアプリケーションです。
他にも見つかったのですが、なんかこれが一番操作性が良さそうなので、今度の土日で試してみたいと思います。

問題はUSB接続のHDDも対象としているかですね。
直接S-ATA又はP-ATAのコネクタに繋がった内蔵ドライブだけよと言われたら別の物を試してみるしか有りません。なぜなら250GB×3台ででっちあげた750GBなので、ドライブケースから外した時点で使い物にならなくなります。

こういう問題があって、重要なファイルはこの手のコンバインモードででっち上げたドライブには入れないようにしていたのですが、今回のファイルの大移動に伴って一時保管的に置いといたものが犠牲になりました。


ところで宇都宮に持っていったAV-LS300DWとNASのセットですが、バッファローのルーターと相性が悪いのでしょうか? ファイル情報の読込に30秒近く掛かってしまいます。
原因が判らないので、アドレスを直接設定していたのを止めてルーターからDHCP機能でIP取得する方法に変えたところサクサク動くようになりました。

なんで?

大した問題ではないのでそのまま使いますが、船橋に持って帰るとき(何年後か判りませんが)元に戻さないとダメですね。DHCPは便利なんですが、ネットワークが不調の時にIPアドレス直打ちでアクセスできなくなるので基本的には使いたくないんです。


でも、DVDの入れ替えが不要でリモコンだけで動かせるってのは、やっぱり快適。

.

|

« 次期マシンの検討開始? | トップページ | FZ1への乗り換え検討(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイル救出の神となるか:

« 次期マシンの検討開始? | トップページ | FZ1への乗り換え検討(その2) »