« 椿ラインは桜も椿も満開 | トップページ | wazaari.net のサーバーが死亡 »

2008年4月 6日 (日)

小型のデジタルカメラ

Aiptek_m13

アメリカのアマゾンで発売中の小型のデジカメです。
スティック型の口紅サイズ(100円ライターサイズ)の物が欲しいと思って色々と探していますが、日本ではなかなか見つかりません。

この繋がりで前にも上げた様にグリーンハウスのピコショットが欲しいと思ってて、ずっと探してますがこれも未だに見つかっていません。既に4年ほど前の商品なので市場には残っていないんでしょうね。

それでアメリカならあるんじゃない?

と思ってみた訳です。VistaQuest VQ1005もアメリカでしか売ってない物ですが、旅行者などに持ち込まれて結構な値段で取引されています。
既にアメリカのアマゾンでも在庫なしになっており、後は店頭物をかき集めるしかないような状況になっていますので、予備を確保するなら今のうちですかねぇ...


アメリカのアマゾンを色々と探しているうちに見つけたのが上の写真で、台湾のAIPTEK社の製品です。
日本には入ってないのかと探しましたが、これその物は輸入されていない様です。でもOEMらしき物は見つけました。

Okoko4596img600x4501206854970img_00Okoko4596img600x4501206854982img_00


大阪の万雄と言う会社が輸入販売していたカメラでDZ-130と言いますが、どう見ても同一商品です。レンズと本体の大きさのバランス、レンズしたのマクロと遠景のマークと位置など、ここまで似てたらOEMと判断して間違いないでしょう。

これをオークションでも見つけて落札しましたが、560円でした。
送料が390円ですので格安で確保出来たことになります。


手元にGenieⅢの新型もあるので普段どれを持ち歩くのかになりますが、GenieⅢは電池の消耗が激しすぎてダメなので改造も考えてます。
実は内臓のメモリが電池が切れると同時に消えると言う事なので、消耗の激しい理由がメモリのリフレッシュ電流だと言う事は判断できます。

フラッシュメモリなら不揮発性なのでリフレッシュは不要ですが、単純にRAMを積んでしまうとパソコンのメモリと一緒で電源を落とせは消えます。また、電源が入っている間中メモリの書き込み内容を保持するためにリフレッシュが必要なので普通のメーカーならデジカメにRAMは積みません。

この辺がトイカメラである 「いいかげんさ」 ですね。
恐らくフラッシュよりもRAMチップの方が安かったんでしょう。

改造はそのうち考えますが、RAMを特定してヒートガンでハンダを暖めて剥がすだけで良いんじゃないかな?
ただ、新型と旧型は隙間から基盤を覗くとデザインが全く違うんです。
レンズも色合いが違うというか、その奥のCMOSセンサーの色が違うんです。
デザインは全く変わっていませんが、GenieⅢは新型になって全く別な商品に変わったというのは間違いないですね。


私は単純に 「ちっちゃいカメラを集めたい」 人なのでどっちでもいいんですけど、ハイキーな写真が撮れると珍重する人たちには大事でしょう。

|

« 椿ラインは桜も椿も満開 | トップページ | wazaari.net のサーバーが死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小型のデジタルカメラ:

« 椿ラインは桜も椿も満開 | トップページ | wazaari.net のサーバーが死亡 »