« 山ほど廃棄 | トップページ | 今日も雨 »

2008年6月 1日 (日)

外付けのHDDケースを選ぶ

今まで消費電力の事などを考えながら 「外付けHDDは1台内臓の方がいいね」 と思っていましたが、容量を増やす毎に電源タップもより口数が多い物へ変更することになり、見た目がタコ足配線で 「これって逆に危ないんじぉない?」 と思うようになって来ました。

家中どこからでもLANでアクセスが出来て、PCが立ち上がっていなくても使える事を重視していたので、これまではアイオーデータのHDH-U1.0 (1TB) をどんどん買っていました。勿論、これを単独では使えないので、PC代わりのホストとしておなじアイオーデータのHDL-GX500R (又は250R) をLAN上に配置してその配下にHDHシリーズをぶら下げていました。

これはこれで非常に使いやすいのですが、1TB のハードディスクが最近では\17,000弱にまで下がってきましたので、アイオーの製品に一台3万円も払うのは不経済と思えてきました。
年末にかけて大量に買ったときは一台5万円ほどしてましたからね。

レンタルで「エイリアス」とか「24」とか「CSI」とかのアメリカのドラマシリーズを借りてきて保存するとなると、1TBなんてあっという間に一杯になりますから、私の使い方ではバルクのHDDを沢山買ってきて、見たい番組が入っているHDDにその都度差し替える方が経済的だと思うようになりました。

問題は価格ね。
これはと思ったらRATOCの製品
は、ポートマルチプライヤ対応のカードセットで8万円もします。

Sadk5es


製品としては凄くいいんですが、値段がHDD抜きでこれでは手が出ません。
他に無いのかと探したら、いつものセンチェリーにありました。
ドライブドアSTATボックスレイド と言う製品で、これなら2万円強で買えます。

Raid_big


でも、これにも問題があって、添付のSATAカードが標準サイズなのね。
袋の中にロープロファイル用の交換金具がないので、これでは私のエプソン君では使えません。
なんとかならんのか? と更に探すとDECAの製品が見つかりました。

Dmpr4saes1a

ほぼこれで決まりですね。
価格も更に安くなり、2万円弱です。
もっともカード別売なので、実際にはセンチェリーと一緒。
ただし、DECAは好きなSATAカードが選べるので、エプソン君にも入ります。

あとは必要に応じて1TBずつHDDを買い足して行きましょう。
とりあえずはまだ750GBの空きがあるので2ヵ月後ですね。購入するのは。

勿論、その前にテレビを衝動買いしなければの話ですが。


|

« 山ほど廃棄 | トップページ | 今日も雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外付けのHDDケースを選ぶ:

« 山ほど廃棄 | トップページ | 今日も雨 »