« なぜかこんな物が手元に.... | トップページ | こんな物を手に入れました。 »

2008年8月21日 (木)

パーツリストが在庫切れ

今、TZR125RSPのレストアのため和室を一時的に占領してガレージ化してますが、かなり長引きそうな気配です。
まず肝心のパーツリストがありません。
私が購入したTZR125Rは、前期型のSPなので型式から言うと4DL2になります。
4DL3のパーツリストは車体について来たのですが、今出品されている新品のチャンバーを予備に持って置こうかなと思い、写真の型番と分解した車体の型番を比べて見ました。

一般的にTZR125RR(4DL3) は、フレームがTZR250(3MA) の物に変更されたものの、エンジンは基本的に変わっておらずサイレンサー部分のみが変わっただけと言われています。
でも、型番を見ると確かに違うんですよ。

もしかすると前のオーナーが弄った可能性はありますが、購入時はオリジナルに戻っていると言われています。

これはやっぱり4DL2と4DL3のパーツリストを見比べないとダメですね。
アメリカのパーツリストを見るのも一つの手なのですが、いかんせん車体が古すぎて車体リストから外れていました。

とりあえずウエイビックにバックオーダーで出しましたが、エンジンのバラシとシール類の交換はもっと先になりそうです。
そうなると予備のエンジンを持っておくってのも止めたほうがいいかもね。
15,000円で32馬力のDT系エンジンを手に入れるチャンスは滅多に無いので後ろ髪引かれるんですけどねぇ...


例えばDT125Rの半死状態の物を買い叩いてレストアしよと考えたとします。
そこに違法改造で200ccクラスのエンジンに積み替えるのと、125cc最強のエンジンを載せるのでは、達成感がかなり違うと思います。

ただし、ピーキー過ぎてオフロードでは使い物にならない気がしますから、現実的な話ではありませんけどね。
やっぱり時間は幾らでもあるので、このTZRをゆっくり弄るのが正しい選択でしょうね。

|

« なぜかこんな物が手元に.... | トップページ | こんな物を手に入れました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーツリストが在庫切れ:

« なぜかこんな物が手元に.... | トップページ | こんな物を手に入れました。 »