« ミニPCの中古って安いのね... | トップページ | HP 2133 の資金源としてHDDを売却 »

2008年10月13日 (月)

HDL-GT1.0 --> 4.0化を実行。さすが4TBは時間がかかるねぇ

Gt401


これがHDL-GT1.0の外殻に収めた4.0の魂が復活するまでのログです。
ログ記録開始時間がそのまま復活の儀式の開始時間であり、オークションで落札したHDL-GTR4.0のHDDを外殻に収めた時間です。

HDDが1台しか収まっていないのでRAID崩壊モードで強制的に立ち上げて、その後2~4番目のスロットに新品のHDDを納めてRAID再構築が走りました。

開始時間 14:08で終了時間が約28時間後の17:52です。
流石に4TBってのは時間が掛かります。
でもこれでこのシリーズの最大容量にまで拡張できました。

Gt402Gt403


こっちが実際に動き出した後のボリューム情報です。
一番目のスロットには落札したHDDが入ってます。
このHDDと同じもので揃えたかったのですが、売り切れで入手できなかったので入手製の良い最新型のウエスタンデジタル製にしました。
消費電力もこのタイプは少なめだそうですので、もう一台ドスパラに発注してあります。
届くのは2日後ぐらいですかね?


それが届いたら一番目のサムスンは撤去して次の外郭に納まるまで待機となります。
先ずはこいつを全部ウエスタンデジタルで揃えるために再度RAID再構築をします。
コンテンツの移動はその後ですね。1TB→4TBへの引越しなので、最初のうちはガラガラですね。


引越しが終われば1TBのHDDセットは不要になりますが、当分の間予備で補完しておいて外殻だけ空の状態で待機させます。
その後年末ぐらいにサムスンの1TBのHDDを残り3台分購入して、再度4TBのHDDセットを作ります。
これを別系統で動かしている3TB×3台のHDLシリーズのHDDと順番に交換して、最終的には750GBのHDDを12台抜き出して処分すると。

なんかそれも凄い無駄なような気がしますね。
3TBの奴は当分の間そのままで行こうかな。
HDDはどんどん安くなるから、どれかが壊れたときに入れ替えでも良いですね。

.

|

« ミニPCの中古って安いのね... | トップページ | HP 2133 の資金源としてHDDを売却 »

コメント

潮風と太陽さん、

いつもブログを楽しく読ませて戴いています。

今回の貴ブログでの作業、その工数は大変だったと思います。 率直に質問させて戴きますが、RAIDを構成するメリットは実行時にディスクで問題が発生しても比較的早くかつデータロスが少なくて済む事だと見做しています。 従いまして既に録画・録音等でバックアップ済みのコンテンツに対してRAIDを構成する場合と二重バックアップで大容量データの保全を確保する場合を比較してもどちらが有利か判断に苦しむところです。 バックアップ領域の広さ(全てオンラインディスク管理していると仮定して)は二重バックアップに無駄が生じる事は当然ですが、いざトラブルが発生した際、データ救済とRAID再構築の時間を考慮すると、RAID構築は必要最小限領域に留めて置くのが効率的かな?とも考えます。 もし私のようなRAID管理面での考察をされていましたら是非その考察結果をお伝え戴ければ幸いです。

RAID恐怖症の管理者より

投稿: Mao827 | 2008年10月13日 (月) 12時03分

RAID恐怖症の管理者さん こんにちは。

RAIDについては色々な受け止め方が有るのは当然だと思います。
NASを業務で使用している場合、私は間違いなくRAID 1+0(ミラーストライピング)構成を使います。
待ったなしのオーダーが多いので、これ以外の選択肢は無いと思っています。テープにバックアップするかは別の問題ですが、最近の大容量化を考えるとテープにバックアップはもう意味が無いですね。

これが個人となると『使えないなら我慢する』と言う選択肢が出てくるので、RAID5で十分ですね。
実は既に一部のHDDが飛んで入れ替えもやりましたが、その作業中もデータの出し入れは自由ですから、個人的にはRAID5で十分だと思っています。
HDDが2台同時に飛んだりすると復旧出来ないので泣くしか無い訳ですが、その時にメディアでバックアップ取ってあればその分だけは復活できますね。
もっとも週に二回自動的にメンテナンスが走るので、HDDに壊れそうな兆候が出ているときは先手を打って交換することが出来ます。
だからメディアでのバックアップは、DVDプレーヤーでしか見る環境が無い所に持っていくときだけにしようと思っています。

NAS上にあいうえお順、目的別等に綺麗に整理してあるし、AV-LS300DWのリモコンだけで見たいものをavi、wnv、wave、jpg、ISOなどの種類に関係なく再生できるので、もうメディアを入れ替えての再生は考えたくありません。

私の手元には4,000枚以上のDVDが有ったのですが、本棚に収まりきれなくなった上にどこに何が入っているのか整理しきれなくなったので、広大なディスク上にディレクトリで整理する事を選びました。

予算が無制限にあるなら自宅でもRAID 1+0(ミラーストライピング)を組みますが、そこまで余裕が無いです。

ただDVDのパッケージも捨てられなくてね。
580円とかの廉価版とは当時の物は出来が全然違うので、それさえ割り切れればメディア類は全部捨てます。

投稿: kiku | 2008年10月13日 (月) 13時06分

潮風と太陽さんこんにちは。
web検索でたどり着きました。よろしくお願いします。
さて、HDL-GTR2.0ほhddが少なくなり、買い増しか買い換えを迷っていたのですが、記事を読みhddの装換を思いつきました。
幸いにも1tのhddが3台有りますので、もう一台の買い増しでいけそうな気がします。
ただ、yahooで4.0用のhddを探してみましたが見つかりません。
そこで、何か良い方法をアドバイスいただけたらと思いコメントさせていただきました。
何か良いアドバイスをお願いします。

投稿: 弱小管理者 | 2009年3月 9日 (月) 14時22分

弱小管理者さん。こんにちは。

以前ほかの人にも同じ事を聞かれて紹介したのが価格.comです。
こちらでHDL-GT1.0の口コミを見てください。
現在の2TBの環境に新規に購入したHDDを投入して4TBに化かすための手順が載っています。
私の時はファームがまだ古かったので失敗しましたが、ここで紹介されているバージョン以降のファームなら成功するようです。

よろしくお願いします。

投稿: | 2009年3月 9日 (月) 18時17分

ありがとうございました。
参考にしてみます。

投稿: 弱小管理者 | 2009年3月 9日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDL-GT1.0 --> 4.0化を実行。さすが4TBは時間がかかるねぇ:

« ミニPCの中古って安いのね... | トップページ | HP 2133 の資金源としてHDDを売却 »