« HDL-GT1.0 --> 4.0化を実行。さすが4TBは時間がかかるねぇ | トップページ | HP2133を使って見たら? »

2008年10月16日 (木)

HP 2133 の資金源としてHDDを売却

Waki_aiai2001img600x4501223875604jdWaki_aiai2001img600x450122370794192


この写真はヤフオクに出品したときにアップした写真です。
シーゲートの500GB HDDを 2台つんだ 1TB 仕様のUSB外付けHDDを2台出品して10,500円と11,000円で落札してもらいました。
既にパラレルATAのハードディスクって市場から殆ど消えていて、残っている物もSATAと比べて2割ぐらい高い値段が付いています。

今回の落札価格で言うと1台あたり5,500円になるのですが、市場に残っている500GBのPATAのHDDが7,500円と考えるとやはり高値で売れています。一年使った中古のHDDなら半値以下ってのが相場だと思うのですが、入手性が悪化しているのが高く売れた原因でしょうね。

このほかにHDL-GX750Rと携帯電話が合計32,000円で売れたので、当初全部で3万円になれば少しはHP2133購入費用の足しになるかなと思ってたのに大部分をカバーできてしまいました。

HP2133の実質的な購入額は71,000円ですが、不用品を売って回収した金額が53,000円ですからね、差額18,000円の手当てだけ考えればよいようになりました。

こんなに高く売れるなら、今週末は宝の山 (ジャンク箱) をひっくり返して資金回収をやってみようかな。


.

|

« HDL-GT1.0 --> 4.0化を実行。さすが4TBは時間がかかるねぇ | トップページ | HP2133を使って見たら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP 2133 の資金源としてHDDを売却:

« HDL-GT1.0 --> 4.0化を実行。さすが4TBは時間がかかるねぇ | トップページ | HP2133を使って見たら? »