« ガンダムプロジェクト行ってきました。 | トップページ | ココログにアバター機能が追加? »

2009年7月18日 (土)

DELL Inspiron1720をパワーアップ

Dscn1294

購入したのは去年の春だったと思いますが、DELLの場合改造が楽なのでBTOメニューは最低でいいなと思いCPUはCore2Duo T7250で購入しました。
グラフィックは後で追加するのが面倒なので最初から8600GSを選んでいます。
でも昨日ヤフオクを見てたら1720用の8600GSが普通に出品されているのね。
多分、壊れて動かなくなったPCから引っ剥がしてばら売りしてるんだと思いますが、他のDELL製品のグラフィックボード (ノート用ですよ) も結構出てますね。
この辺の部品の入手製の良さがDELL製品の良い所です。


さて、写真のとおりキーボードを外す所まではとても簡単。
この状態でメモリの交換も出来ます。
問題はこの後パームレストを外してメインボードをむき出しにする作業が面倒なこと。

Dscn1302

このとおり液晶を外さないとパームレストが外れない仕組みになっています。
液晶のヒンジ下にネジが隠れていて、これを外さないとパームレストが外れないようになっているんですね。しかも液晶を外す作業って滅多にやらないからコネクタをメインボードから外す時の力加減とか方向が判りません。
コネクタを壊さないようにラジオペンチで両刃の小さな突起に引っ掛けて揺すって見たりして、なんとか取り外すことが出来ました。


Dscn1295


液晶自体は簡単に外れるんですが、液晶からメインボードに伸びるコネクタを外すのに20分ぐらい掛かってしまいました。
一度やってみたら簡単だったので、次は2分でバラせます。

Dscn1304

そしてメインボードからグラフィックカードを取り外してCPUクーラーを取り外してやっとCPUの交換が可能になります、慎重に作業を進めたので交換作業が終わるまで一時間掛かりました。


Dscn1301

これはまだCPUクーラーとグラフィックカード+クーラーが載った状態です。
17インチ用の大きなボディの上半分がこんなので覆われています。
サイズを生かしてゆったりとした設計ですね。

Dscn1303

これが外したクーラー類です。

この後の組み立ては早かったですよ。10分掛かっていません。手順が判ってますから。


今回CPUをT7250(2GHz)からT9300(2.5GHz)に変えました。
勿論事前にBIOSはアップデートしてます。
購入当時のBIOSではT9300を認識しませんからね。(後からでたCPUをBIOSが知らないだけなので動くことは動くと思う)

CPUのキャッシュも6MBに大幅に増えてますからかなり早くなります。
本当はT9500が欲しかったのですが、ヤフオクに出品量が少なくて22,000円近い値段になっているので一つ下のT9300にしました。値段は15,800円とかなりお買い得です。
これで速度が2.6GHzから2.5GHzにほんのちょっと落ちるだけですから、無理してT9500を狙う事もないです。


ちなみに二ヶ月前に20,000円即決で手に入れたT9500があり、それは速攻でXPS M1550にぶち込みました。
Core2Duo T7250(2GHz)とT9500(2.6GHz)の違いは明確です。
ニコッとタウンに入り浸っているのは以前から書いてますが、ブラウザを二種類立ち上げてそれぞれ別のアカウントで接続してスロットを別のタブで回しながら別タブでお友達の家を巡回をすると、T9500の場合一回分のスロットがどちらのブラウザでも20分で終わるのに対して、T7250だと30分で回しきるのがやっとです。

この差は大きいですよ。

ネットブックでやるとブラウザは一個しか立ち上がりません。
遅すぎて使い物にならないからですが、それ以上に一枚しか立ち上げていないのに、スロット一回分が一時間近く掛かります。

はっきり言って話になりません。

XPS M1330は最初からT8300(2.4GHz)を積んでいるのでこっちは交換予定がありませんが、やはりDELLはいいですね。自分でいじる余地がありますから。
もっとも Inspiron1720 がこんなに面倒だとは思っても見ませんでした。


.

|

« ガンダムプロジェクト行ってきました。 | トップページ | ココログにアバター機能が追加? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DELL Inspiron1720をパワーアップ:

« ガンダムプロジェクト行ってきました。 | トップページ | ココログにアバター機能が追加? »