« MOVIE COWBOY DC-MCNP1 が帰ってきました | トップページ | VAIO W のメモリ2GB化とHDD→SSDへの交換 »

2009年9月 6日 (日)

昨日もYAMAHA XT125X で房総半島を一回り

Dscn1496Dscn1499
.
.
.
.

昨日は天気予報を見ると降水確率10%程度で天気図をみても晴れが予測できました。
そうであればやはりバイクでお出かけしたくなります。

FZ6-Sの時は伊豆箱根方面に早朝に出かけていって走り込みましたが、今はファイター系を持っていないのでじっくりと景色を楽しみながら走ることを考えています。

ルートは何時ものとおり国道16号線で木更津まで降りて、そこから127号・128号を使って海沿いをぐるっと回ります。そしてDT125Rの時から途中に林道を入れることも忘れていません。
鴨川の太海から嶺岡林道の二号線に入り、稜線をずずっと国道410号まで走ります。


XT125Xでここを走ると若干パワー不足を感じますが、それは未だ慣らし運転中でスロットルを半分までしか開けられないためでもあります。
昨日現在でまだ680kmしか走っていないので、まだまだ全開走行が出来ないのが残念。


小排気量のよさは常に全開走行が出来る事なので、あと少し我慢して初回点検を済ませたら全開走行を楽しみます。
スロットル半分だと5速で70km/h~80km/hですが、ぼーっとしていると90km/hも出ていたりしますので注意が必要ですね。
最大パワーは8300rpmだと思いましたが、70km/hで大体5,400rpmです。
80km/hだと6,300rpmぐらいで、90km/hまで回してしまったときは7,300rpmぐらいでした。

恐らく8,300rpmまで回すと100km/hと言うところでしょう。
そこから少し上まで伸びるので110km/hが上限と思っていればいいのかな。

競技用のTT-R125のエンジン周りに仕様を変更すると10.2馬力が12.5馬力になるみたいなので、ギアを組み替えれば130km/hぐらいまでは伸ばせそうです。
TT-R125は国内でも販売されていましたし、ブラジル製のXTZ125も同じエンジンなので2005年頃の仕様の部品を取って交換すれば12.5馬力には変更できると思います。

WR125Xも金額的に変わらないのでそっちにしようかと思いましたが、部品の流用が難しいと思えたのでXT125Xを選びました。
パワー的には劣るけど安心して乗れるのがいいですね。


ブレーキは強力ですよ。ガッツリとまります。
リアブレーキも使いやすくて強力です。
一日400km近く走ってもお尻が痛くなりません。
このシートの出来も最高ですね。

税金が安く保険は車のファミリーバイク保険で行けますから維持費がとても安くすみます。
もっと国内メーカーが国内向けに出してくれるとうれしいんですけどね。

|

« MOVIE COWBOY DC-MCNP1 が帰ってきました | トップページ | VAIO W のメモリ2GB化とHDD→SSDへの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日もYAMAHA XT125X で房総半島を一回り:

« MOVIE COWBOY DC-MCNP1 が帰ってきました | トップページ | VAIO W のメモリ2GB化とHDD→SSDへの交換 »