« フリーオを生かすためにアップコンバーターを手に入れたい | トップページ | エプソン君の買い替えを決断。MR6500を発注 »

2010年2月13日 (土)

蘇生に失敗。VGN-A70はとうとうジャンクになったのか?

前回HDDの交換をして調子を取り戻したVAIO VGN-A70PS なのですが、その後 『カコン カコン』 といや~な音を出すようになり何時でも逝ってしまいそうな雰囲気でした。

ちゃんと新品を入れてあげれば良かったのにケチって中古のHDDを入れたのが失敗の原因ですね。
かと言ってこのまま放置はできないし、今日は朝から雪が降ってきてお出かけ日和ではないので交換をすることにしました。

利用するHDDは、先週ドナドナしていった VAIO PCG-GRT770P のお腹に入れていたHDDです。勿論中古ですが GRT770P に入れて実働二週間程度の新古品です。

これと交換してあげればあと三年は安泰ということで開腹手術を行いました。

Dscn1663

こんな感じでガバッと開いてあげます。
といっても外すネジは26本ぐらいあります。めんどくさいんですよ。こいつの手術は。

Dscn1664

これが実働二週間のほぼ新品のHDDです。
320GBも必要かってぐらい大きいのですが、このパソコンは私のホームページを更新するために使っているので、お腹の中に大事なコンテンツが詰まっています。
まあ、大きいことは良い事だと。

そしてサクサクと手術を終えてあとは電源を入れて確認するだけ.....
実はここが一番問題なのです。この機種の場合は。

Dscn1665

これはキーボードを外したときに見えるフラットケーブルのうちの一本です。
メインボードにはマウス用のフラットケーブルと、キーボードのフラットケーブル、電源・音量調節ボタン等から伸びるフラットケーブルの三本があります。(液晶パネルのケーブルはフラットじゃないです)

この白い奴は電源ボタン等から伸びるやつで、パームレストなどのトップパネルから伸びています。

このコネクタが前回もなかなか収まってくれなくて難儀しました。
工場出荷時点でかなり折れ曲がった状態で収まっていたので、そもそもこのケーブルは問題児だったのです。

コネクタにレバーかスライド機能がついていればすごく楽なのですが、単純に気合を入れて刺すだけなので曲がりやすいんです。
そして曲がった所に無理な力がかかってケーブルのエッジを破損してしまいます。

今回はエッジのペースフィルムから配線が浮き上がってしまい、もう手の施しようがない字様態になってしまいました。
こうなると電源も入らなくなるのでご臨終です。

ここ以外は正常なのでなんとか復活させたいのですが、sonyから部品供給はないのでジャンク品を購入してフラットケーブルを移植するしか方法がありません。

既に中古でも出回らない古い機種なので、もう復活は無理ですかねぇ?
たった一本のケーブルが手に入れば復活できるのに、残念です。
気長に探すしかないですね。
幸い、パソコンは一杯あるから見つかるまでXPS M1330で凌ぐ事にします。

|

« フリーオを生かすためにアップコンバーターを手に入れたい | トップページ | エプソン君の買い替えを決断。MR6500を発注 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘇生に失敗。VGN-A70はとうとうジャンクになったのか?:

« フリーオを生かすためにアップコンバーターを手に入れたい | トップページ | エプソン君の買い替えを決断。MR6500を発注 »