« なかなかお気に入りのパソコンが見つからない | トップページ | 理由は判らないがルーターが発狂する »

2011年1月 1日 (土)

VAIO-P の無線WAN を b-mobile U300 に変更

VAIO-Pは、購入時にb-mobile の6ヶ月使い放題プランに入ったのですが、無制限じゃなくて6ヶ月間に360分まで使えるってプランでした。
勿論WiMAXメインで考えていたのでこれでよいのですが、ドコモのWiFiルーターを最近使うようになったら便利でWiMAXがかすんで見えます。

とにかく新幹線だろうが在来線だろうが走っている間に通信が切れることがなく、新幹線ではトンネルの中でも使えるとなると、移動の多い私にはWiMAXよりも魅力的です。
問題は値段ですよね。

ヤマダ電機で申し込めば端末はタダ。
毎月の費用が約6千円

WiMAXから乗り換えるのならば、それもありですが、普通に机の上で使うにはWiMAXのほうがサクサク動くのでドコモに乗り換えるメリットなし。
と言う事でWiMAX+b-mobile で運用していた訳です。

でもやっぱり面倒なのよね。
特にVAIO-P はWiMAXの機種変更に変な癖があって Lenovo U160から機種を切り替えると100%失敗します。

NiftyのWiMAXは一ヶ月に何回も手持ちのWiMAXの機種(パソコンですね)を切り替えてもOKなのですが、この変な癖があるためにその度にVAIO-P からドライバを削除して再インストールして、U160で一旦機種変を完了させてからVAIO-P に機種変をし直す手順が必要です。

とにかく面倒。
と言う事でVAIO-P に折角積んであるWiMAXは今後使わないことに決定。
代替の通信手段としてb-mobile WiFi を契約しました。

ところがこいつが更に曲者で通信が遅い。
更にVAIO-P 側からWiFi の電波を拾うのに2分以上掛かります。

どうもWiFiルーター機能があんまりこなれていない感じなので、SIM を取り出してVAIO-P に入っているb-mobile のSIM と交換しました。勿論、そのままでは動きません。接続アプリのb-access もしもしドッチーカ用からこの端末は動かないと返されます。

なので日本通信のホームページから適当に動きそうなのを落として試したら、当然と言うかU300用のアプリで動きました。 b-mobile WiFi って台湾製のWiFiルーターにU300の24ヶ月契約のSIM を入れただけなので動いて当然ですね。

早速使ってみると動作は前のSIM と変わりがありません。
まずまずの速度で繋がりますし画面の切り替えに対しての反応もよいです。
この状態なら以前のようにVAIO-P 本体だけで運用できますし、24ヶ月無制限に使えるので課金を気にしなくて済みます。

WiMAXと違って最近繋がりづらいと言う事もなく、速度がそこそこに遅い事に目をつぶれば通勤電車でも快適に使えるので、私にはこれで正解です。

WiMAXはユーザーが増えてきたせいか段々繋がり辛くなってますよね?
イーモバイルはユーザーが増えるごとに段々遅くなって行きましたが、WiMAXは遅くならないことに対しては評価できます。
でも繋がらない事が最近増えてきていたので(特に電車での移動時は切れやすくて、更にアクセスが制限されているとか言って繋がってくれないので)、そろそろ変え時だったと思います。

ただし、VAIO-P はb-mobile に変えましたが、LenovoはそのままWiMAXで行きます。
こっちはホテルの中とか出張先の事務所の中専用なので速さを重視します。
WiMAXが一ヶ月3700円、b-mobile が一ヶ月2980円。
二台あわせてもドコモ1台分ですよ^^

.

|

« なかなかお気に入りのパソコンが見つからない | トップページ | 理由は判らないがルーターが発狂する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/50460637

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO-P の無線WAN を b-mobile U300 に変更:

« なかなかお気に入りのパソコンが見つからない | トップページ | 理由は判らないがルーターが発狂する »