« フロントフォークを落札 | トップページ | Ultrabook ASUS UX31E は買い? »

2011年11月 4日 (金)

冷静になって考えるとCRM250ARは大した事ないバイク

などと否定的なタイトルを書いてみました。

でも祝日に朝からCRMで近所の湾岸線(R375)や幕張海岸から稲毛に掛けての海岸通などを全開で走り、加速感を堪能したあとで午後からシルバーウイングに乗り換えて買い物などに出かけた時の素直な感想です。

確かに加速感ではCRMの勝ちなのですが、実際の0→100km/hまでの到達時間はさほど変わらないと思います。

ストップウォッチ持って計ったわけではありませんが、腐っても鯛と言うか流石に600ccのスクーターが遅い訳がないので、さっきのCRMと変わらないねぇと感じてました。

今のCRM250ARにはプロスキルのチャンバーが付いているのですが、これの特性もあるのでしょうか?

タコメーターが付いていないので具体的に書けないのですが、各ギアでシフトアップするタイミングが恐らく 9,000回転だと思います。

音を聞いててそれぐらいの回転数だなと思っているだけなので、あとでパルスを取り出してタコメーターを追加しようかなと思っています。

音の伸びが鈍るのと、速度の上昇が頭打ちになるところでシフトアップしているのですが、感覚的に上が伸びていないと感じます。それがプロスキルチャンバーの特性なのか、エンジンがへたっているからなのか判りません。

チャンバー変えてみたいなぁと思わない訳では無いのですが、もっと上まで回るようにした時にエンジンがいきなり抱きついて(焼きついて)身動きできなくなるのも嫌なので、その辺は慎重にやりたいですね。

先ずはタコメーターをつけないと判断できないっす。

でも、全開で走ると、2速→3速、3速→4速のシフトアップは2秒弱ですね。

2stは美味しい回転域が狭いのであっという間に次のシフトアップが来てしまいます。それが楽しさの一つでもあるのですが、パワーバンドをあと1,000回転ぐらい上に伸ばせると、こいつは今以上に楽しいバイクになります。

フロントフォークも手に入れたし、シートも手に入れたので、先ずはハイシートを作って、次にフォークを入れ替えて、リアブレーキも強化して、色々と手を入れて遊びます。

シルバーウイングは売ってしまおうかと考えたのですが、昨日乗っててやっぱり便利だし、普通に速いし、売るのは勿体無いですね。

.

|

« フロントフォークを落札 | トップページ | Ultrabook ASUS UX31E は買い? »

コメント

2stを頭打ちまで引っ張るとはw

投稿: | 2016年7月10日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷静になって考えるとCRM250ARは大した事ないバイク:

« フロントフォークを落札 | トップページ | Ultrabook ASUS UX31E は買い? »