« 冷静になって考えるとCRM250ARは大した事ないバイク | トップページ | 今年も 『ほろよい冬みかん』 の季節になりました »

2011年11月 4日 (金)

Ultrabook ASUS UX31E は買い?

昨日発売になったASUSのZENBOOK(UX31E)ですが、スペック的には十分魅力的だけど、重量がちょっとね。

電子秤に乗っけて実測値を写真に撮ってましたが、1,39kgでしたね。
ギリギリ1.3kg台と言うことですが、それだと今持ち歩いているLenovo U160(3セルバッテリ化済)より 150gほど重いことになるんです。

150g重くなって、
かばんに入りきらないぐらい大きくなって、

でもリビングで使っているDELL XPS17と同じ解像度が手に入るのは...

びみょ~

高解像度のPCは欲しいのだが、CPUの能力はあまり求めてません。
それは持ち歩くPCで何かを処理する事が無くなったからです。

例えば出張が多いので会社のPCを持ち歩く事が多くなり、折角購入したU160も自宅待機が多くなりました。
会社のPCはHPのprobook4230なのですが、これは会社のデスクトップ環境を出張先でリモート接続で使うことを前提に選びました。

自宅のリビングで使っているPCもリモート接続で出張先から操作できるようにしてあるので、ハイパワーなXPS17の処理能力を遠隔で使う事が出来ます。
手元のマシンに必要なのはリモート接続したPCの画面をモタツク事無く使える程度のスペックです。

リモート接続の利点は色々あるのですが、自分では画面表示に徹していてアプリケーション等の処理をしないので、CPU稼働率が低いことです。
その効果はバッテリーの持ち時間に顕著に現れます。

例えばmixiアプリですが、これを持ち歩いているPCで動かすとバッテリー消費が激しいアプリが結構あります。

でもリモート接続先のリビングのXPS17が一日中アプリを動かし続け(XPS17はハイパワーなので見る見るうちにコインを稼いで行きます)、お昼休みなどにリモートで繋いであげれば僅か5分程度でリフレッシュが完了してまた働きます。

officeソフトを使いたくなった時も手元のPCに入っている必要は無く、リモートでofficeが入っているPCに繋ぎなおすだけ。
しかもリモート接続は同時に何本も立てられるので、使い出すとこれほど快適なものはありません。

と言うことでUX31Eにはもの凄い興味があるのですが、13インチクラスで1600×900ドットの液晶を積んで、かつ、重量が1kgにならないとちょっと買えませんね。
そういう意味ではVAIO Zに一番安いCPUを積んでもいいんですよ。
持ち歩くPCにパワーは必要ありません。
軽くて高解像度でバッテリーが長持ちすればいいんです。

どうも私は世の中の流れに沿っていないようです^^;;;

.

|

« 冷静になって考えるとCRM250ARは大した事ないバイク | トップページ | 今年も 『ほろよい冬みかん』 の季節になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/53162481

この記事へのトラックバック一覧です: Ultrabook ASUS UX31E は買い?:

« 冷静になって考えるとCRM250ARは大した事ないバイク | トップページ | 今年も 『ほろよい冬みかん』 の季節になりました »