« まずはGV-D4VRが売れた | トップページ | 電源も注文した~ »

2012年5月28日 (月)

エプソンMR6500改造の道(マザーの組み込み)

今日ドスパラに注文したパーツが届いたので早速組み込みを開始します。

先ずはCPUをセットしてCPUクーラーを取り付けてケースにセットしてます。この辺は手馴れたものなのでサクサクと進みます。

バックパネルがなかなか上手くはまらなかったので、ちょっと指で広げながら2~3度こじって突っ込みました。しかし、豪勢な I/O パネルと言うかインフェース群ですね。USBが全部でいくつあるんでしょ?

バックパネルにUSB3.0が2個でしょ。中に2個分あるよね。USB2.0なんて中に12番ポートまであるので、そんなに一杯何に使うんだ? って感じです。

eSATAだってHDMIだってDVI-Dだって何でもありです。

ただ、組み込んでて問題も出てきました。

そもそもパワースイッチを取り付けることが出来ません。

まさかペンチで触ってショートさせて起動なんて(昔はやったけど)そんな訳にはいかないのでケーブルを加工するか別なケースから持ってくるしかないですね。

偶々使っていないアルミケースに残っているケーブル類が転用できるので一旦はこれを使っても良いですね。でもアルミケースは後で使いたくて保管しているので、I/Oコネクタを買って来て加工しちゃいます。

電源も今使っているATX電源だとマザーに供給するラインが最低限しか確保できないので交換する必要があるかもです。

ただ、HDDとかそのまま転用するのですが、今の電源で足りていたし、i7 860より消費電力は下がっている?ので大丈夫かな?

TDPが95Wから77Wに下がったというのは消費電力も下がったんですよね? なんか3770Kは95W級用の電源じゃないと駄目っぽい話を聞いたことがありますが、今のCPUが95Wなので行けそうな気がします。

ま、今日はこれぐらいにして明日続きをやります。

.

|

« まずはGV-D4VRが売れた | トップページ | 電源も注文した~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/54823175

この記事へのトラックバック一覧です: エプソンMR6500改造の道(マザーの組み込み):

« まずはGV-D4VRが売れた | トップページ | 電源も注文した~ »