« 今日こそはスカパーのアンテナを立てたい(2本目) | トップページ | 節電しながら快適な動画環境を作るには? »

2012年5月13日 (日)

スカパーの録画環境の完成。

昨日の朝のうちにパラボラアンテナを立てて2台目のダブルチューナーをセットアップしました。ベランダにパラボラアンテナが2本立っている家って珍しいんでしょうね。家の前を通る人がチラチラ見て行きます。

これで海外ドラマとアニメと自転車レースが重なることなく同時にLAN上のNASに直接録画できるようになりました。

今までは重なると片方を一旦東芝のRD-BR60を経由してNASに送り込む必要がありましたが、これからはそんな手間がなくなります。

と言うか、アイオーデータのHVL-AVシリーズに録画番組を保存していますが、文句を言った甲斐があってファームウエアのアップデートが行われていました。

そうなんです、スカパーのダブルチューナー(TZ-WR320Pのことね。今キャンペーンで安くなっています)のHDDに録画した番組をHVL-AVシリーズに直接送り込むことが出来る様になりました。

これが出来ないために東芝のRD-BR610を経由していたので、これでBR610が不要になりました。ただし、冬場のアメフト(NCAAじゃなくてNFLの方)の録画失敗に備えてこいつはバックアップ機として録画させます。

今までBS録画用にエプソンのMR6500を24時間動かしていましたが、これも節電対策でLenovo U160に環境を移行させました。USB接続のチューナーですが、試しに繋いで見たら録画・再生ともにCPU使用率が50%以下で十分使えることが判明。

MR6500はアイオーのGV-MVP/XSWを積んでいるのですが、去年のアメフト録画で失敗続きで使い物になりませんでした。原因は不明でアップデートしてもダメなので諦めました。そのためスカパーの日テレGプラスを契約して後から拾ってましたが、それだとリアルタイムで見れないので最終的にはRD-BR610に移行しました。

まだLenovo U160がどれだけ安定して動くのか様子を見ている所ですが、どうやら大丈夫そうです。低消費電力のPentium U5400で動くPCなのでMR6500と比べると四分の一ぐらいの電気代で済みます。これが魅力ですね。

さらにネットワーク上の動画の再生環境をxmbcに変えたらアイオーのHVT-BCT300では再生できなかった動画が再生できるようになりました。どんな理由で再生できないのか理由が判らなかったのですが、こいつで見るためにMR6500で再エンコードしていたんです。

これが不要になったのがとても大きいです。

この作業がかったるくて何とかしたかったのでxbmcさまさまですね。このプログラムをフリーで提供してくれた人に感謝します。

しかし、これでMR6500が完全に余っちまった...

エンコード時間短縮のために来週出てくる最新型に切り替えるつもりでしたが、その必要が無くなりましたね。

.

|

« 今日こそはスカパーのアンテナを立てたい(2本目) | トップページ | 節電しながら快適な動画環境を作るには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/54701752

この記事へのトラックバック一覧です: スカパーの録画環境の完成。:

« 今日こそはスカパーのアンテナを立てたい(2本目) | トップページ | 節電しながら快適な動画環境を作るには? »