« 久々のビアンテいじり ~セカンドシート取り外し~ | トップページ | 最後に辿り着くのは? »

2012年6月24日 (日)

ビアンテのセカンドシート取り外しの使い勝手は?

Img_1943 Img_1942

こんな感じで縦に自転車を入れています。

今日は前後を逆にしてサードシートの鉄骨とシートの間に前輪を90度に曲げて鉄骨と自転車のリムをベルクロで固定しました。こんなので自転車が固定できちゃうので、サードシートと入れ替えたのは正解でしたね。

当初の計画ではこの自転車にしたら前輪を外して入れる予定でしたが、そのままでも入っちゃったのでこのままいきます。作業時間にして5分も掛からないからどうでもいいんですけどね。

サードシートの鉄骨部分に屋根に自転車を積むときのアタッチメントを取り付けて、そこに前輪を外した自転車を固定すれば4~5台の自転車が積めますね。

将来的には気分によって自転車を変えられるように2~3台積みっぱなしでもいいかもね。

さて、邪魔なまま残ってしまったシート固定用の金具ですが、面白いことを発見しました。なんとあのエンドピンがラジオペンチで摘むとクルクル回るんです。

この金具を取り外そうなんて考える人は恐らく居ないので溶接でいいだろ~なんて設計者が考えてたらアウトでしたが、クルクル回るなら希望の光が見えてきます。

Img_1939 Img_1940

左の写真はレールの中央側で右の写真はドア側です。レール自体は運転席の後ろの外側のレールです。

ピンをクルクル回して判ったのは、中央側はボルトの頭でそこでピンが止まります。そして外側に向かってピンが入れられて、外れないように金属のクリップが付いていると言う事です。クリップは中央の穴(ボルトが通る)に放射状の切れ込みがあり、どうやらボルトのこの位置に溝があってパチンとはまっています。

と言う事はこのクリップを割ってしまえばいいんです。

そうすればボルトがスコッと抜けるのでシートを固定する金具がここから吐き出せます。

ここまで判ったのでクリップを外そうとしているのですが、0.2mmぐらいの薄い金属がなかなか割れないんですよ~

精密ドライバーをぐりぐり割り込ませようとしましたが、レールにぴったり吸い付いてて隙間がないので割り込みができません。まさか精密ドライバーをノミがわりにしてハンマーでたたけないので、適当な道具を探します。

ここまで来れば外れたも同然なのであとはゆっくりですね。

自転車も縦にきれいに納まってるし^^

.

|

« 久々のビアンテいじり ~セカンドシート取り外し~ | トップページ | 最後に辿り着くのは? »

コメント

こんにちは、
中略、
取り外した座席は 家で使えそうですか?

投稿: ぴこ | 2012年10月17日 (水) 15時07分

.
ぴこさん。こんにちは。
.
車のシートって実は床から座面までの高さが低いんですよね。
なので座ることは出来ますが足を伸ばさないと座り心地が悪いですね。
レールの上に金具が載っていて、その上にシートが載っていますから、取り外してリビングに持ち込むと金具の分だけ(約5cm)座面が下がります。

投稿: kiku | 2012年10月17日 (水) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビアンテのセカンドシート取り外しの使い勝手は?:

« 久々のビアンテいじり ~セカンドシート取り外し~ | トップページ | 最後に辿り着くのは? »