« やっぱりリビングに入れておいて正解でした | トップページ | 夏休みなのに作業が全然進まない »

2012年8月13日 (月)

CRM250ARのバンジョーボルトが来ないのでビアンテいじり

Img_2049 Img_2050 Img_2051

持ち出した工具はこれ。リョービのホビールーターとその先端工具です。

右のピンクの丸い円盤が砥石です。金属切断も可能な奴ですね。そして赤い箱に入っているのが超硬ビットの3本セットです。その他にもハイスビットの2本組みとか色々入っています。

さて、作業の前に車に積みっぱなしだった自転車を降ろして作業スペースを作ります。今回の作業はサードシートをぐぐっと前まで移動させたときにどんな使い勝手になるか確認することなのですが、結論から言うとやるだけ無駄でした。

理由はセカンドシート用のロック位置を決めるシートレールの穴がサードシートには適合しないってことです。 

前まで持ってくるとカチカチッとロック位置で止まったかのように見えるのですが、体重を掛けてシートを前後に揺するとシートが動いちゃうんです。つまりレールに沢山開いているロック用の穴のうち(確認してませんが)前後二箇所を使ってシートをロックする仕組みなのに、セカンドシート用のピッチがサードシートと合わないので前後のどっちか一箇所しかはまっていない様なのです。

まあ、参考までに外し方など書きますが、

Img_2059 Img_2062 Img_2075 Img_2063

一番右のハイスビットでぐりぐりと例のワッシャーを削るも良し、ピンクの砥石でぐりぐりとワッシャーを削るも良し。ただし、砥石で削ると盛大な火花が飛びまくるので要注意です。カーペットの下にナイロンかアクリルのカーペットが敷いてあり、その下には発砲スチロールがあります。

発泡スチロールに引火すると面倒ですからね。

こんな作業で車を全焼させたりしても保険は降りませんよ?

それからセカンドシートの固定金具を外してみたら3箇所でロックしていますね。銀色に見える鉄製の金具に3箇所の山がありますね。あれがシートレールの穴に噛み合います。

Img_2057 

こんな感じでロックピンにはまっているワッシャーを削ってしまい、ピンをレールから外してしまいます。

もっともあんまり意味が無かったので、ピンはまたはめちゃいました。ワッシャーが無いので固定してませんが、とりあえず瞬間接着剤で固定しておけばOKですね。

Img_2078 Img_2077 Img_2079 Img_2073 

一番右の写真では中央の2本が残っていますが、ここはサードシートを動かすのに影響が無いから最後にしようと残しました。サードシートがロックできない事が判ったので取り外すメリットがあまり無くなったため残してあります。

その気になれば何時でも外せますし。

昨日ライコランドに行ってビアンテの中で開店を待っていたのですが、26インチの自転車を縦に積んでいるとサードシートが使えないので、車内でくつろぐ事ができません。

かと言って運転席の後ろに横に積むと固定するのが面倒です。

寒い時期ならいいのですが、こんな暑い時に汗をかきながら自転車を固定するのもかったるいので、三台目の自転車を注文しました。

26インチの折りたたみ自転車です。

これならサードシートを目一杯下げても、リアゲートとの間のトランクスペースに収まるんですよね。別にレース用の自転車を持っている訳でもなく、自転車レース用のジャージを着て走っている人達の仲間になるつもりも無いので、折りたたみで十分ですね。

20インチのミニベロは残しますが、26インチの白い奴は処分かな...

.

|

« やっぱりリビングに入れておいて正解でした | トップページ | 夏休みなのに作業が全然進まない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CRM250ARのバンジョーボルトが来ないのでビアンテいじり:

« やっぱりリビングに入れておいて正解でした | トップページ | 夏休みなのに作業が全然進まない »