« 夏休みなのに作業が全然進まない | トップページ | PMX110のリアホイールとタイヤを交換 »

2012年8月15日 (水)

エア抜きに時間が掛かったけどブレーキ系統一新完了

Img_2082 Img_2083

とにかくエアが抜けなくて苦労しました。

FZ6-Sと違ってオフロード車なので無駄にブレーキラインが長いんです。

そのためマスターシリンダーから素直にブレーキラインが下がっていなくて、マスターシリンダーから上に10cmほど上ってから左のフロントフォーク伝いにラインが下りて、フォークガードの上あたりでぐるっとまわってキャリパーに落ちてます。

このキャリパーの直前でも一旦下りてまた上って下りるみたいなライン回しになってしまい、この上っているあたりからエアが移動しません。

Img_2086

と言う事でフロントカウルを外してフロントフォークに付いているブレーキラインを通すリングも外してブレーキラインをフロントフォークから開放しました。

これでマスターシリンダーから常にラインが下る状況にしたところ一時間ほどで完全にエアが抜けてレバーがガチガチになりました。

早速外したパーツを組みなおして駐車場で制動力のテストです。

結果は良好。フィーリングが相当変わりました。ブレンボの4ピストン4パッドは抜群に利きがいいですね。

ノーマルキャリパーだと速度を上げたときに制動力にちょっと不安がありましたが、今度は大丈夫です。思ったよりホイールの剛性もありますね。スポークにこんな強力なキャリパーつけたら負けちゃうんじゃないかと思いましたが、意外に頑張ってます。

ちなみにスウェッジラインのバンジョーに黒アルマイトのロングボルトがあるのを金曜日の時点で確認していたので、昨日購入しました。

最悪黒アルマイトでもと思って買ったのですが、長すぎて入りませんでした^^;;

と言う事で元々持ってたステンレスの標準タイプと昨日買ったストレートネックのステンレスのバンジョーアダプタで無事くみ上げました。

ブレンボのキャリパーって全て同じじゃないんですね。

.

|

« 夏休みなのに作業が全然進まない | トップページ | PMX110のリアホイールとタイヤを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エア抜きに時間が掛かったけどブレーキ系統一新完了:

« 夏休みなのに作業が全然進まない | トップページ | PMX110のリアホイールとタイヤを交換 »