« 北の大地は冬支度 | トップページ | 真夏なのにバッテリー上がり? »

2012年9月14日 (金)

札幌、新千歳で評判の『えびそば』を食べたのだが...

『えびそば一幻』でもっとも美味しいと言われた『えびしお そのまま』を食べてきました。

みそ、しょうゆとあるのですが、しおがいちばん美味いとの事でしたのでしおを注文したのですが、そもそも席に着くまで10分ならんで、注文してから出てくるまで25分かかりました。

テーブルを見ると待っている人が半分以上居て、明らかに厨房の能力不足です。

でも、食べてから思ったのですが、あの行列は演出じゃないかな?

厨房から出てくるラーメンの数が明らかに東京や地元の船橋で食べるラーメン屋さんの半分以下です。

つまり回転数で稼ごうとしていないんですよ。

普通は価格を抑え目にして、その代わりバンバン厨房から送り出してお客様を待たせず、席に着いたら速攻で食べさせて席を空けるのが首都圏の人気店ですよね。

それなのに同じ種類のスープのラーメンが1~2品ぐらいしか厨房から出てこないんですよ。あり得ないですよね?普通は6~8人前ぐらい同時に作るじゃないですか。

あれじゃ行列が出来て当たり前。

そして味なんですが、スープは残しました。

私はラーメンは面食いじゃなくてスープ党なのですが、ここのラーメンは飲むに値しないとまでは言いませんが飲み干すほど美味しくないです。

と言うか殆ど残しました。

おにぎりも冷蔵庫で何時間保存したのか知りませんが、駄目です。

ちょっと残念ですね。

.

|

« 北の大地は冬支度 | トップページ | 真夏なのにバッテリー上がり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/55657205

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌、新千歳で評判の『えびそば』を食べたのだが...:

« 北の大地は冬支度 | トップページ | 真夏なのにバッテリー上がり? »