« マラグーティ F12 ファントム50R | トップページ | 通勤快速はそろそろお終いにして »

2012年10月 8日 (月)

もう痛みも無く病院に居ても暇なだけなのだが

じゃあ退院して自宅から通う?

先ず困るのがトイレですかね。自宅のトイレは手すりが付いていません。

バリアフリー設計のマンションなのでマンション入り口から自分のベッドまでに段差は一箇所しかありません。それは玄関です。

流石にバリアフリー設計と言っても靴を脱いで上がる習慣を考慮して玄関には段差が10cmほどあります。これ以外は段差が無く車椅子でも生活できるような気になったのでここに決めたのですが、実際に車椅子生活を始めたら全然駄目です。

マンションに限らず通常のドアは引き戸になっていないので、車椅子で玄関まで行っても車椅子自身が邪魔になってドアを開くことが出来ません。しかも私の家は角部屋なので廊下のどんづまりにドアがあるため横に退避するスペースが全くなし。

玄関すら入れないバリアフリー設計ってどんな設計なんだ?

なんとか厳寒を入ったとして、玄関の10cmの段差もスロープでなんとかしたとしても、家の中を通る廊下の幅が90cmなので車椅子はギリギリです。

リビングのドアは撤去しないとだめですね。

と言うか全ての部屋のドアは撤去しないと部屋の移動ができず、まるで身動きが出来ません。

車椅子って左右を逆回転させるとその場でくるくる回れるのですが、90cm幅の廊下から各部屋に90度ターンして入るのは無理です。そもそもドアが90cm幅で全く余裕が無いのでターンが出来ないんですよ。

そしてトイレ。

手すりが付いていないので車椅子生活者がトイレに入るのは相当辛いです。

お風呂も同様です。

バリアフリー設計って結局段差が無いだけで 『老後も安心』 なんて謳い文句は嘘ですね。キャスターつきの丸椅子で移動できる状態にならないと自宅では生活出来ません。

将来の事を考えたら駅前の便利な場所に建っているマンションを中古で買いなおして、70㎡前後の部屋を車椅子対応の1LDKに作り直したほうがいいんでしょうね。

ちょっと本気で考えようかな。

駅前のマンションならお店は全て揃っているので、車とバイクを手放すって選択肢も出てきますよね。実際、札幌から単身で来ている同僚は札幌市内の便利なマンションに住んでいて車は持っていません。

都内に住んでいる同僚も似た状況です。

今すぐって訳ではないけど、そろそろ将来設計を真剣に引きなおす時期に来ていますね。

.

|

« マラグーティ F12 ファントム50R | トップページ | 通勤快速はそろそろお終いにして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/55841728

この記事へのトラックバック一覧です: もう痛みも無く病院に居ても暇なだけなのだが:

« マラグーティ F12 ファントム50R | トップページ | 通勤快速はそろそろお終いにして »