« Tokina 300mm反射望遠はLUMIX DMC-G5でも意外に使える | トップページ | カージナルスVSジェッツの試合を観戦しながら »

2012年12月 4日 (火)

中華タブレットをAndroid4.0.3へアップデートしWiMAXからLTEへ

以前購入した中華タブレットのedenTABですが、OSのバージョンが2.3.3だったせいか性能がいまいちでしたが、4.0.3へのアップデートが可能になっていたのでやってみました。

入院中にリリースされていましたがタブレットは自宅に置いてあったため昨日になってやっと実施できました。

以前は何処に行っても自宅か秋田駅前を現在地として引いてくる程のまるで使えないGPSでしたが、今度はばっちりです。何処に行ってもおおよそ5mの範囲内で現在地を正確に表示できるようになりました。

そして地図アプリもバージョンが上がり、出発地と目的地を入力してナビが出来るようになったし、もう十分じゃないですかヽ(´▽`)/

今回は入院中から気になっていたNiftyのdo LTEへの切り替えも行いました。丁度キャンペーンをやっていた事もあり(毎度の事で期間が終わると同じ内容でまた始まるのだが)現在利用しているNiftyのWiMAXを解約してdo LTEに切り替えました。

切り替えに際して解約側の解約料減免とかやってくれると嬉しいのですが、そんなサービスも無く、しかも無線ルーター到着が11/29だったため、到着月ゼロ円のサービスもほぼ無駄になってしまいました。

まあいいけどね。ε-( ̄ヘ ̄)┌

でも現在位置の検出精度が上がったのは、若しかするとWiMAXからdo LTEに切り替えたからかもしれませんね。

さ~て、使い捨てカメラとして整えたオリンパスのE-PM1ですが、これのレンズがやっぱりイマイチですね。

ツインレンズキットを後から入手したので17mm/F2.8を付けてパチパチ撮っているのですが、悪くはないのだけど、う~む…

P1000057 P1000042 

左が17mm/F2.8ですね。

まるでE-PM1にあわせて作ったようなデザイン上の統一感があります(色がちょっと合わないのが残念ではあるが)し、軽くていいです。

35mm換算で34mmなので撮れる写真も私のイメージに近くていいです。少なくともパナソニックの20mm/F1.7(H-H020)よりは画角が私に合っています。

色々撮ってみましたが、ちょっと絞り込んで使うと普通に使えるので普段持ち歩いてサッと取り出してパシャッ!と撮るには十分ですね。 パナソニックのDMF-GF5に電動ズームを付けるともっと良いのですが、あれを毎日カバンに入れて持ち歩くのはちょっと勿体無いので、当分はこれで運用します。

残念なのはキットレンズのもう一方の14-42mm標準ズームです。

使ってみて初めて判ったのですが、この状態に伸ばしてからじゃないと撮影できないレンズでした。全長がパナの電動ズームを使用状態に伸ばした時とほぼ同じなので、当然インナーズームだと思っていたのですが違ってました。

しかもマウントが金属じゃないのね。

これは余っているE-PM1ボディとセットで処分ですね。使い道がないです。

.

|

« Tokina 300mm反射望遠はLUMIX DMC-G5でも意外に使える | トップページ | カージナルスVSジェッツの試合を観戦しながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/56249404

この記事へのトラックバック一覧です: 中華タブレットをAndroid4.0.3へアップデートしWiMAXからLTEへ:

« Tokina 300mm反射望遠はLUMIX DMC-G5でも意外に使える | トップページ | カージナルスVSジェッツの試合を観戦しながら »