« オリンパスXZ-1とフジフィルムXQ1 | トップページ | 不調だったデジタル出力が復活 »

2014年4月26日 (土)

55インチ液晶が届いた。再生機器の能力に..

ビエラの55インチ。FT60はやはりいいですね。
隣の(今まで使っていた)42インチと比べると明らかにパネルの能力が違います。

しかも買ってから気が付きましたが、こいつは3D対応なんですね。知りませんでした。

Dscf2042

リビングに設置するとやはりでっかいです。
横幅が30cmも違うので、半端なくでかいです。
動画を見ていると画面の端から端にボールが飛んだりすると視線の移動距離が今までとはまるで違うので実感しますね。

ただ、地上デジタルやスカパーとかの放送を見る分には良いのですが、保存している動画を再生するとゴーストが凄いです。

テレビ自身がネットワーク上の動画を再生するのですが、動きの速い部分にゴーストが結構強めに発生します。テレビ側の設定で追い込もうとしても設定項目が無いので無理でした。

と言う事は外部のプレーヤーを使った方が良さそうですね。
パネルは良い物を使っているし、放送波ではゴーストが出ないので、4Kアップコンバータを積んで居るぐらい気合が入った物を再生用に繋げば綺麗に再生できると思います。

今は42インチ側にディーガを繋いていますが、こっちに繋げば綺麗になるんじゃないかな?若しくはパソコン側の再生ソフトを変えるかですね。

XBMCは今まで不満が無かったのですが、こいつに繋いでいるパソコンはAMDのAPUなのでそのせいもあるかもですね。
CPU内臓のビデオ機能じゃなくて、ちゃんとしたビデオカードの再生支援機能を使ったら全然違う絵が見れるかもしれません。

.

|

« オリンパスXZ-1とフジフィルムXQ1 | トップページ | 不調だったデジタル出力が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/59535743

この記事へのトラックバック一覧です: 55インチ液晶が届いた。再生機器の能力に..:

« オリンパスXZ-1とフジフィルムXQ1 | トップページ | 不調だったデジタル出力が復活 »