« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

最低です。落札しておいて連絡も無しです

木曜の夜に間違えて落札したペンタックスマウントのシグマ50mm/F1.4が落札されたのですが、終了1分前に入札して落札しておきながら、その後48時間経っても何の連絡もありません。

当然、落札者の削除をしました。
1分前と言う事はPCの前に張りついてタイミングを見計らっている人ですよね?
終了直後に取引ナビに連絡を入れたので、遅くとも翌日には連絡が来るはずなのに48時間以上放置ってありえないでしょう。

さて、今日は倒れそうになるぐらい暑い中、稲毛まで行って来ました。

Img_08761 Img_08781

左が12mmで撮った写真で、右が同じ位置から24mmで撮った写真です。
まあ、これだけでは?ですよね。

  Img_08881 Img_08891

やはり左が12mmです。
同じ位置から撮ってもかなり違いますよね。
これが広角側で画角が変わるって事なのですが、12mmで撮ると、本当に足元から1m先は撮影範囲に入るので凄いです。

どんだけ画角が広いんだと唸ってしまいますが、四隅をピクセル等倍に拡大して確認してもちゃんと写っている事が凄い。フィルム時代では考えられない解像度です。

Img_08981

この写真も足元や空の四隅をピクセル等倍に拡大してもノイズが見られません。
こりズームレンズは買って良かったと実感しました。

明日はカールツァイスをもって行きます^^/

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

そしてキヤノンに戻ってきた

_10104191 _10104211 _10104221

左がフィルム時代の愛機だったA-1です。
この上にF-1があったので最上位機種ではありませんが、良いカメラですよ。

ずっしりと重い35-105mm/F3.5が私の好きなレンズでした。
今でもスムーズにピント合わせが出来ます。
この時代のカメラはマニュアルフォーカスでしたが、それ以外は自動化されていました。

まあ、今のEOS 6Dでカールツァイスのマニュアルフォーカスレンズを使うのと一緒。
結局、原点に戻ってきたと言う事ですね。

中判デジタルだとデータバックを付けてフィルムカメラのデジタル化が出来るようなのですが、できればこのA-1もデータパックを交換してデジタル化したいです。

未だに捨てられず手元に置いてありますから..

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

売れた売れた。これでシグマの超広角ズームはタダになった

今週出品したのはパナソニックの7-14mm/F4と、間違えて落札したシグマの50mmです。

シグマは27,400円で落札して、今日25,500円で売れたので、差し引き1,900円の損失。
でもパナソニックはEOS 6D用に購入した12-24mm/F4.5-5.6の購入資金をゼロにするのが目的なので、69,825円を目標にしていました。

でもやはり箱が無いのが響きましたね。
落札価格は66,000円でした。
目標にあと3,825円届きませんでしたが、十分です。

これで出品から購入を引くと 45,000円ぐらいまだ残っている筈なので、次はどのレンズにしましょうかね?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE (キャノンEF) をポチ☆

Photo

これです。これ。カールツァイス君。
Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE (キャノンEFマウント用) を買いました。
販売時の価格は71,000円程度だったらしいのですが、新品を54,600円(税込・送料込)で購入することが出来ました。

オリンパスのE-P5用に残した..と言うかフォクトレンダーの25mm/F0.95を生かすためにE-P5を残したと言ってもいいのですが、同じコシナが製造するレンズです。

実はフォクトレンダーも35mm換算では50mmになるので、50mmの標準レンズがどちらもマニュアルフォーカスになってしまいました。

E-P5もEOS 6Dもオートフォーカスで撮ると、ピントの合っている中心が自分が思ったところから外れている事が多く、本当にいい写真をとるならカメラ任せてでピントを合わせるのは無理だなと思っているのでマニュアルでいいんです。

勿論、動く物は素直にオートで撮りますよ。
連写で撮れば何枚かに一枚は『これぐらいなら』と思える物が撮れますからね。
フィルム時代では考えられない事ですが、今はメモリに入るだけ撮れますからね。

当初、シグマの50mm/F1.4にするつもりでしたが、いい出物が無いし、ツァイスが安かったのでこれで行きます。
EOS X7i に付ければ80mm相当になるのでポートレートにも丁度いいしね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

世の中で 『SAORI』 と言えばSEKAI NO OWARIなのね

実は大好きなグループなのでテレビに出る時はいつも見ているのですが、結成時と比べると圧倒的に有名になりましたね。

なんてったって『 SAORI 』で検索したらグーグル先生がトップで回答してくれるなんてびっくりですよ。ちょっと前まで考えられない状況が今では普通なのね。

なんて言うか 『ひな鳥の巣立ちを見守る親鳥』 の気分です。
もしかしてAKB48を応援する人も似たような感覚ですか?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマの12-24mmが届いたあ~ヽ(*≧ε≦*)φ

なんかいいです。この広さと撮れる画像が凄くいいです。

Panasinic_7mm Sigma_12mm

左がオリンパスE-P5にパナソニックの7-14mm/F4を付けてで撮ったリビングの写真で、
右がキヤノンEOS 6Dにシグマの12-24mm/F4.5-5.6を付けて撮った写真です。

画角が違うので単純には比較できませんが、パナの超広角で撮った写真はシグマと比較しても画角なりの範囲が映っていることが判ります。

画角(レンズに表記の焦点距離)って実はいい加減なんでは?と言う疑問がこの写真をみて払拭できました。各メーカーはちゃんと35mm換算の焦点距離で売っていますね。

でも、それにしてもですよ。
シグマの12-24mmって凄いですね。
キヤノンの場合、オリンパスなどの4:3の画素構成じゃなくて、横方向に画素が広く配置されているので横方向で比較するのは無茶なんですが、いいです^^

間違えてペンタックスマウントを落札してしまったこともあり、EOS 6Dは二本目が決まっていないのですが、もしかしたらこのままでもいいかもね。

フルサイズは広角側でこそ生きるので、標準から先はAPS-Cに任せればレンズも1.6倍相当で美味しいし、それでいいのかもね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

また失敗した。ペンタックス用を間違えて落札しちゃった

今日になってやっと届いたシグマの50mm/F1.4 EX DGですが、早速EOS 6Dにセットしようとしたらマウントの形がちょっと変。

電子接点の数も形も位置さえも違います。

そうなんです、またやってしまいました。
またと言うのは、その直前にもシグママウント(SAマウント)を間違えて落札してしまい、出品主にお願いしてキャンセルしてもらったばかりでした。

シグマは各社向けに同じ商品名で販売しているので面倒です。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマの24mm/F1.8の落札に失敗

結構いいのが出ていました。
24mm/F1.8自体、出品数が少なくて選択肢が限られるのが残念です。
出ていても前期型の表面がサルサルしていないタイプが殆どで、食指が動きません。

そういう意味で唯一の後期型の出品だったのですが、根元はつるつるタイプなのにフォーカスリングにちょっと変なざらつきが有り、誰か落札してくれないかなと思ってました。

そして24mm/F1.8は諦めます。
EOS 6Dは単焦点メインで行こうと思っていましたが、広角域で何本も買えないので(望遠より広角側の方が高いので..)12-24mm/F4.5-5.6 II DG HSM にします。

サンプル画像を見ても描写力があり四隅のノイズが抑えられていていいですね。

と言う事でAmazon の新品 69,825円を買います。
代わりにパナソニックの7-14mm/F4を売ります。

同じ超広角域のズームレンズで画角が被るのでEOS 6Dは単焦点と思っていたのですが、超広角域であればこそ35mmフルサイズセンサーが生きるので、マイクロフォーサーズの広角ズームレンズは処分します。

似たような理由でオリンパスの12mm/F2も処分しましたし ^^
良いレンズなのですが、積極的にフルサイズシフトを進めることにします。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

EOS 6D用のレンズ選び

色々な人の評価を読みながら絞り込みをしていますが、EOS 6Dの最大の魅力ってなんだろう? と考えると、高感度特性が優れている事なんでしょうね。

同じフルサイズセンサーを積んで居る上位機種のEOS 5D MarkⅢと比べても画素数が減らされている代わりに高感度撮影時のノイズがぐっと少ないのが良いです。

ピクセル等倍で見た時に210万画素も少ないので、ちょっと小さい画像になりますが、それでもマイクロフォーサーズの1,600万画素より多いし、EOS X7i の1,800万画素より多いので十分です。

X7i と比べて約2.3倍のセンサー面積を使っているのに対し、僅かに200万画素しか増やしていないので高画質と言う点では文句なしです。

取りあえずボディは昨日届きましたが、レンズがまだ届きません。
早くて明日の午後ぐらいでしょうか?

まず最初に手に入れたのはシグマ 50mm/F1.4 EX DGです。
二本目はどれにしようか悩んでいますが、おそらく24mm/F1.8 EX DGですね。

人の評価も気になりますが、私はやはり客観的にMTFチャートを見て判断します。

Dg

どうしても広角側の撮影が多いので、左側のDC 30mm/F1.4の特性が凄く気に入りましたが、手に入れて気が付いたのは 『DCってAPS-C専用設計なのね』 です。

今はEOS X7i に付けてますが、6Dでも使えると思って買いました。
でもEFマウントにシグマ製レンズなので付きますが、イメージサークルが合わないので盛大に四隅が欠けます。まるで話にならないぐらい。

と言う事でこの30mm/F1.4はX7i 専用ですね。
35mm換算で48mmになりますが、と言う事はAPS-Cサイズの標準レンズと割り切れば良い訳で、無駄にはなっていません。

なんてったってこれだけ特性の良いレンズですから活用したいです。

そして明日には届く50mm/F1.4 EX DGもなかなか特性がいいですね。
中心部分の解像度の高さが実際の画像にどのように現れるのか楽しみです。

あと85mm/F1.4 EX DGも凄いですね。
ただし、このレンズを買ってもどこまで出番があるか判らないので、ちょっと待ちかな?

X7i に50mm/F1.4を付けると35mm換算で80mmになるので、急いで買う必要もなさそうって感じです。

と言うのもマイクロフォーサーズ用に買ってあるDNシリーズがまた凄いからです。

Dn

30mm/F2.8と60mm/F2.8を実際にE-P5に付けて撮っていますが、このレンズは凄くいい写真が撮れるんです。1本15,000円程度で買えるレンズがこれだとオリンパスも大変ですよね。

E-P5はノクトン25mm/F0.95とシグマのDN 60mm/F2.8のどちらかが常に使うレンズになりつつあります。オリンパスの45mm/F1.8もかなり良いのですが、デザインがちょっと好きじゃないので、持っていますが手が伸びません。

性能の割に価格の安いレンズなので売っていませんが、若しかしたら処分するかも。

EOS 6D用に85mm/F1.4を買ってしまったらマイクロフォーサーズで45mm/F1.8を持ち続ける意味がなくなりますからね。

.

多分、マイクロフォーサーズで最終的に残るのはE-P5とノクトン25mm/F0.95だけかも。
あと旅行用に14-150mmズームの合計2本あれば良いかな。
電車やバスの旅行にEOSでは大きすぎて持って行けませんから。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

今回のお客様は支払いが早い!

なんと、昨日の9時頃にやっとオークション終了なのに、6品すべて今日の午後までに入金が確認できました。凄いです。こんなの初めてかも。

と言う事で私も今日のうちにすべて発送してきました。

さて、落札側ですが、今日シグマの50mm/F1.4 EX DGフルサイズ対応を落札。
落札価格は27,500円でしたので、レンズ代として確保できた 87,110円から差し引いて残り
が 59,710円です。

ぎりぎりシグマの85mm/F1.4が買えますが、先に24mm/F1.8に行きたいし..

取りあえずは50mm/F1.4で我慢するのがいいんでしょうね?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

売れた売れた。やっぱりヤフオクですね

マイクロフォーサーズからキヤノンの35mmフルサイズに移行を図っていますが、不要になった機材をオークションに出品したら 226,910円になりました。
出品時の予想落札価格が177,000円でしたので、4万9910円もオーバーしました。

昨日落札したEOS 6Dが 139,800円でしたので、87,110円のレンズ代も確保できました。

さて、レンズは何にする?
87,110円までなら実質出費ゼロで35mmフルサイズへの移行が出来ることになります。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS 6Dを落札しました。送料+手数料込で

総額 141,607円でした。落札価格は 139,800円です。

わずか10ショットのほぼ新品です。
からくりは25万円ほどのレンズキットからレンズを取り外して別に売っているからです。

レンズの儲けとボディの儲けが足しても1万数千円のと言う薄利多売を生業とする人たちがヤフオクには沢山いますので、その人達から購入すれば価格.Comの最低価格より遥かに安く買うことが出来ます。

バラして売る関係上、数ショットして不良品でないことを確認するのですが、それはまるで気にならないので私は大歓迎です。

問題はレンズですよ。
お気に入りが見つかりません。

私は明らかに広角側の住人なので、是非とも24mm/F1.4が欲しいのですが、キヤノン純正だと6Dのボディより高いし、とても手が出せません。

かと言ってシグマだとF1.8になっちゃうし、困っちゃいました。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ヤフオクに順調な入札が..

今回はマイクロフォーサーズのレンズ3本とカメラ本体を3台出品していますが、今朝の時点で入札額が10万円を超えていて順調に推移しています。

予想では落札額の合計が17万円を超える見込みなので、EOS 6Dのボディは楽勝で手に入ります。まあ、効率がいいとは思いませんが、リサイクルショップとかじゃんぱらに買い取ってもらうと全部で6万円も行かないので、やはりヤフオクは助かっています。

新品にこだわりが無いのでヤフオクで安く買ってヤフオクで高く売るのが一番資金効率がいいと思います。

さて、問題はレンズです。
35mmフルサイズ用のレンズに悩んでいます。
先ず最初の一本目は何にするか?

候補はシグマのアートラインで35mm/F1.4。高いのですがMTF特性が良いですね。

次がやはりシグマの24mm/F1.8です。
多分、ちょっと待てばこいつを再設計したアートラインのF1.4がでると思います。
価格が倍以上になるのは必須ですが、それが出るまで待ちですかね?

ボディも現金だけ用意しておいて買わない..

この私が我慢できるのかな?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

これ凄くいいレンズなんだけど

ヤフオクに続々と出品中です。
そしてこいつも出品するか思案中です。

思案中なのは、マイクロフォーサーズとしてE-P5は残すからです。

勿論、Lumix DMC-GX1も残します。
GX-1はブラックボディなので同じカラーの7-14mm広角ズームと組み合わせて使います。
と言うかこのレンズはGX-1専用ですね。

E-P5とも相性は良いのですが、いかんせんGX-1を購入したときに液晶画面が虹色に滲むので剥がれかかっていたフィルムを剥がしたら液晶本体の最上位層が一緒に剥がれてしまい、新しい保護フィルムを張って使っているからです。

こうなるとジャンク品ですからね。

Dscf20931 Dscf20941

液晶の左下に配線部分が見えますよね。
普通こんなのものは見えないんです。

でも保護シートを上から貼ったら綺麗に貼れたのでこのまま使います。^^
センサーも1600万画素で良い物を積んでますからね。勿体ないです。

Img_20321

そしてGX-1と並べて撮ったのがオリンパスのE-PL6に12mm/F2.0を組み合わせた物。
E-PL6は購入したばかりですが、GX-1を残すならE-PL6は処分してもいいです。

勿論、勿体ないけどEOS 6Dはボディだけで16万円もするので、将来的に出番が少ないと思われるボディは今のうちに処分した方が良いです。

勿論ボディだけでなくレンズもね。

EOS 6Dを購入した後にどのレンズを最初に買うか悩んでいますが、恐らく24mm/F1.8か、50mm/F1.4になると思います。

ズームレンズの方が便利なのは判っていますが、撮れる写真を見比べると単焦点レンズの方が数段綺麗な写真が撮れるので、7-14mmみたいな特殊なズームレンズ以外は単焦点を集めて行こうと思います。

すでにEOS Kiss X7i を持っていて18-250mmの全域ズームを付けていますから、35mmフルサイズ対応のレンズは単焦点で決まりですね。

マイクロフォーサーズで残るのは7-14mmの広角ズームと14-150mmの望遠ズーム
25mm/F0.95、30mm/F2.8、45mm/F1.8、60mm/F2.8、そして7.5mm魚眼レンズです。

あと忘れていましたが300mm/F6.3の反射式望遠レンズもあります。
この望遠レンズはマニュアルフォーカスなので一瞬のシャッターチャンスには間に合わない可能性が大ですが、とにかく小さいのが魅力です。

全部で16万円ぐらいになってくれると嬉しいんですけどね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

カメラを35mmフルサイズに変えようかな..

EOS Kiss X7i を購入して色々と使っていますが、センサーが大きいと良いですね

今まで勘違いしていましたが、35mm換算で600mmの超望遠が手ごろな価格で手に入るからマイクロフォーサーズって凄いね..

と思っていました。
でも実はセンサーが小さいからレンズのイメージサークルもそれに合わせて小さくできる。
だからレンズ1枚毎の大きさも小さい物で良いので材料費が安くなる。

こういう事でした。

たとえばキヤノンのEOS Kiss X7i とEOS 6Dは同じマウントなので比較しやすいのですが、200mmの望遠で撮れる画像を35mmフルサイズのセンサーで受けるのが6Dで、その半分以下の面積しかないAPS-Cサイズのセンサーで受けるのが X7i です。

レンズが作るイメージサークルは同じ大きさなのに、そこに置かれたセンサーの面積が半分以下ですから、早い話 X7i は6Dで撮った画像の中心部分を切り出しているだけでした。

X7i を購入したときに一緒にシグマの18-250mmを買ったのですが、これはこれで完結してしまっているので便利です。

でもより明るいレンズを購入しようと思った時に、35mmフルサイズのセンサーが欲しくなりました。撮り比べた写真が色々なサイトに上がっていますが、ピクセル等倍で比較するとノイズの出方がまるで違います。

マイクロフォーサーズでF0.95のレンズを持っていますが、これは特殊なレンズだから良いとしても、望遠ズームの75-300mmって言っても、APS-Cより更に小さいセンサーで切り出しているので、望遠端で撮った写真をピクセル等倍で見ると画質に不満があります。

今まで望遠に強いマイクロフォーサーズと思ってたのでちょっと残念です。

と言う事でF0.95はこれからも使いたいのでE-P5とセットで残しますが、それ以外は処分してEOS 6Dに行こうと思います。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

やっぱりカクカク&エッジボケが気になるので

新しく購入したビエラの55インチ液晶はソースを選びますねぇ

HDMIでPCと繋いでいるのですが、動画を見ていると顔の輪郭部分に盛大なエッジのボケが発生します。白い霧みたいな奴です。

去年の10/30に作り直した時にHDDにお金を掛けてビデオはAMD A10-5700のAPU内臓のビデオでごまかしていました。

32インチで見ている分にはまるで気にならないのですが、流石に55インチでは誤魔化しが効かなくて、早い動きではカクカクするしボケがとても気になります。

AMD A10-5700の内臓ビデオはintel製CPUよりずっといいのですが、それでもHD7660相当のビデオですから3世代前の性能ですので無理がありましたね。

そこで最新世代のR7/R9と同じアーキテクチャに一新されたAMD A10-7700KにAPUを交換しようと思いましたが、今のPCで不足しているのはCPUの能力じゃなくてGPU側の能力なので無駄な出費と思えてきました。

Amd

それ以前にいまのPCはソケットFM2なので、ソケットFM2+のA10-7700Kは入りません。
マザーも交換すると3万円コースなので却下しました。

そして最終的に選んだのはMSIのR7 260X 2GBのカードです。

Msi

最新のドライバだとAPU内臓のRadeon HD7660と連携して動ける様なので、今使っているAPUも無駄にならないし、最新のR7シリーズは将来の4K出力にも対応できているから安心です。

さ~て、届くのは明日ですが組んでみたらやっぱりカクカクだったらどうしましょうか?
それは無いと思うんですけどね

RAMSAが気持ち良く鳴ってくれるので気分がいいのですが、これで動画も改善されてくれれば文句なしです。

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テレビの大画面に負けないスピーカーに交換

今まで使っていたスピーカーはダイヤトーンのDS-103Xと言うAV用のスピーカーです。
これを55インチの液晶画面に負けないよう大型の物に交換しました。

Dscf2080 Dscf2081 

横に倒してやっと棚に入る大きさで、DS-103Xの10cmフルレンジ+パッシブラジエーター方式が20cmウーハーと何センチか知りませんがホーン型ツイーターの組み合わせになりました。

DS-103Xの時はYAMAHAのサブウーハーを一緒に使わないと音の厚みが出ませんでしたが、今度の奴は単体でしっかり低音が出ます。

購入したのはパナソニックのRAMSA(WS-A80)ですが、スタジオモニターなのでBOSEのように低音が不自然に出過ぎることが無いのて゜聞きやすいです。

RAMSAはスタジオモニターと言っても音楽制作の場で使うよりダンススタジオで音楽を流すために使われるのが一般的ですね。スポーツクラブのスタジオにも沢山入っていますので、良く見かけます。

今回不要になったDS-103Xは、もう1セット持っているのですが、不要になります。
ヤフオクで処分しても2セット合わせて5,000円になれば良い方なので、捨てずに持っていようかと思います。小さくて邪魔にならないし、これだけ小さいと何時でも不燃ごみで捨てられますから。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »