« お気に入りだったステレオを処分 | トップページ | やっぱりカクカク&エッジボケが気になるので »

2014年5月 3日 (土)

テレビの大画面に負けないスピーカーに交換

今まで使っていたスピーカーはダイヤトーンのDS-103Xと言うAV用のスピーカーです。
これを55インチの液晶画面に負けないよう大型の物に交換しました。

Dscf2080 Dscf2081 

横に倒してやっと棚に入る大きさで、DS-103Xの10cmフルレンジ+パッシブラジエーター方式が20cmウーハーと何センチか知りませんがホーン型ツイーターの組み合わせになりました。

DS-103Xの時はYAMAHAのサブウーハーを一緒に使わないと音の厚みが出ませんでしたが、今度の奴は単体でしっかり低音が出ます。

購入したのはパナソニックのRAMSA(WS-A80)ですが、スタジオモニターなのでBOSEのように低音が不自然に出過ぎることが無いのて゜聞きやすいです。

RAMSAはスタジオモニターと言っても音楽制作の場で使うよりダンススタジオで音楽を流すために使われるのが一般的ですね。スポーツクラブのスタジオにも沢山入っていますので、良く見かけます。

今回不要になったDS-103Xは、もう1セット持っているのですが、不要になります。
ヤフオクで処分しても2セット合わせて5,000円になれば良い方なので、捨てずに持っていようかと思います。小さくて邪魔にならないし、これだけ小さいと何時でも不燃ごみで捨てられますから。

.

|

« お気に入りだったステレオを処分 | トップページ | やっぱりカクカク&エッジボケが気になるので »

コメント

I will right away snatch your rss feed as I can't find your e-mail subscription link or e-newsletter service. Do you have any? Please let me recognize in order that I may just subscribe. Thanks.|

投稿: WM trikot 2014 | 2014年5月23日 (金) 11時18分

Amazing! You know I love your blog!!!

投稿: equipaciones de futbol | 2014年5月30日 (金) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/59574169

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの大画面に負けないスピーカーに交換:

« お気に入りだったステレオを処分 | トップページ | やっぱりカクカク&エッジボケが気になるので »