« 東幹久と東貴博は同一人物? | トップページ | ブルーレイドライブの入れ替え完了! »

2014年7月20日 (日)

ブルーレイのコピー対策のおかげで

パソコンでブルーレイを見る事が出来なくなりつつあります。
と言うか、世の中では既に見れなくなっているようでつ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

私は今日まで気が付きませんでした。
なぜなら再生できていたからです 。(・_・)エッ....?

かなり特殊な例らしいですね。
アイオーデータの製品でちょっと前まで統一していたのですが、DTCP-IP環境でネットワーク内ががっちり保護されていた関係で普通に再生できていたようです。

それがこの前ASUSTORのNASに移行して徐々にアイオーデータ製品を処分しているのですが、ちょうどその頃から見えないディスクがぽつぽつと出るようになり、今では2割ほどが見れなくなっています。

もっともその大部分はパナソニックのディーガで再生してもノイズが酷かったり、画面が固まったりループしたりと、そもそもディスクに問題が有るものが多かったのですが、とうとうPCでのみ見れないものが出るようになりました。

ちょうど最近ブルーレイのドライブをパイオニアの新型に変えたせいもあり、それが原因かなと思っていたのですが、それでもアイオーを外付けにすると見れるので、ドライバーですかね? と思いました。

でも原因がだんだん判って来ました。

パイオニアのドライブではBDやBD-R、BD-RE、などが全く反応しません。
メディアを入れてもドライブに入っていないとOS側から怒られます。

凸(`Д´メ)

つまり普通のブルーレイドライブでは駄目ってことですね。
ドライブが悪いのかと思って今日パソコン工房に発注しましたよ。

凸(`Д´メ) しかも取り消し不可。

結論は別なドライブを手に入れないと確定できませんが、間違いなくあれです。
アイオーでは外付けで邪魔だし、かつ、読み込みエラーになる場合があるので内蔵型に変えたくてパイオニアにしたのですが、これが誤りでした。

明日届く奴はどうせメディアを認識しないので、ヤフオクで探します。

.

|

« 東幹久と東貴博は同一人物? | トップページ | ブルーレイドライブの入れ替え完了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/60014089

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイのコピー対策のおかげで:

« 東幹久と東貴博は同一人物? | トップページ | ブルーレイドライブの入れ替え完了! »