« ONDA V975i 届きました。思った以上にいいタブレットです | トップページ | NFL(アメフト)の今シーズン開幕前にスカパーの契約変更 »

2014年8月11日 (月)

自宅サーバをfedoraからubuntuへ切り替え中

まだfedoraで運用中のサーバは元気ですが、流石に運用開始から14年になるのでそろそろ次のマシンに環境を作っておく必要があります。

なんせpentiumⅢで作ったサーバですよ。ヽ(´▽`)/
まだ動いていること自体が奇跡に近いです。

マザーに使われているコンデンサ類が日本製で耐久性が高いのでこのマシンをサーバにしたのですが、それでも24時間運転を14年もやっているのでいつ壊れてもおかしくないです。

と言うことで、今動いているubuntu desktopの方にサーバ環境を追加することにしましたが、最初からGUI環境で立ち上がっているのでコマンドをどのように打てばよいのか判りません。

そこで昨日のうちに日経コンピュータのubuntuで作る自宅サーバというムック本を購入し、付録のDVDは使わずにコマンドラインでの作業手順を見ながら機能追加を図ることにしました。

でもこれが良くなかったようで、機能的にはApache2もSSHも入りリモートでリビングのwindows7のPCから操作できるようになったのですが、/ets/vsftpd.comf を書き換えることができません。

仕方ないので付録のDVDでserver環境を作ったのですが、今度はこのバージョンはサポートが切れているからアップデートしろと指示が出て、それに従ったらインストールできないファイルが山ほど出てアップデートに失敗。

更に自動的にリカバリが走ったけど失敗。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ なんてことしてくれるの..

仕方ないので最新のubuntu server 14.4.1のISOイメージをダウンロードしてDVDに焼きこんで、現在作業中です。

さて、明日には完成するとうれしいんですけど..

.

|

« ONDA V975i 届きました。思った以上にいいタブレットです | トップページ | NFL(アメフト)の今シーズン開幕前にスカパーの契約変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/60134478

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅サーバをfedoraからubuntuへ切り替え中:

« ONDA V975i 届きました。思った以上にいいタブレットです | トップページ | NFL(アメフト)の今シーズン開幕前にスカパーの契約変更 »