« 余ったノートパソコンの使い道 | トップページ | 長距離移動のお供として無線接続のドライブを用意 »

2014年9月 9日 (火)

余ったパソコンの使い道(つづき)

U160

今回利活用を思い至ったレノボのU160は2010年の10月8日に注文していました。
購入からもう4年になりますが、今でも普通に使っているパソコンです。

宇都宮まで新幹線通勤をしていた時に買ったと思っていましたが、実は初台に戻った後ですね。そう言えばリフレッシュルームで保険のお姉さんとまったり過ごしながらこのパソコンを使っていたことを思い出しました。

この後すぐにVAIO Pを買ったので混同していました。

さて、余ったパソコンを車載用に転用するとどうなるか?
ダッシュボードに固定すると振動でHDDが逝ってしまいます。
それも結構早い時期に..

私の運転が荒いから?

と言う事で不安材料を抱えたままでは使えないので振動に弱いHDDをSSDに載せ替えました。使ったSSDは間違いなく覚えているVAIO W用に購入したSSDです。

もう5年前なので、たった64GBですが、再生専用機なのでこれで十分です。

P90900861

こんな感じでOSも Windows7 からubuntu 14.0.4 desktop に変更です。
メモリ3GBですが、1.2GHzのデュアルコアなのでwindows よりもLinuxですよね。

改造の難易度はAですね。
見えるネジを全部外して隙間にドライバーを入れてコジコジとすれば外れます。
ウルトラブックが企画化される前のパソコンなので改造の自由度はあると思うのですが、Linuxへの入れ替え前提なら素のまま使っても十分ですね。

P90900791 P90900831 P90900841

ネジを外して振動で壊れやすいHDDを、振動では壊れないSSDに入れ替えれば車載用パソコンとしては十分な能力があります。

問題はWindows7用にはリモコンキットがあるのですが、Linux用には面倒な設定作業を覚悟しなくてはいけない事ですかね。

..

|

« 余ったノートパソコンの使い道 | トップページ | 長距離移動のお供として無線接続のドライブを用意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187176/60289841

この記事へのトラックバック一覧です: 余ったパソコンの使い道(つづき):

« 余ったノートパソコンの使い道 | トップページ | 長距離移動のお供として無線接続のドライブを用意 »