« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月25日 (日)

マウントアダプター経由で快適なNikon 1 J4

今日は午前中から公園に出かけてNikon 1 J4 で色々と遊んできましたヽ(´▽`)/

その前に自宅で試し撮りです。画質のチェックね。

Nms_00361 マンション前の公園側をパチリ(ISO220、1/100秒、f/16)

Nms_00362 白い三角のお家をピクセル等倍で切り出し

広角側の18mm(35mm換算で48mm)ですが、ISO感度が220の割にはピクセル等倍だとノイズがありますが、f値が16なので回析現象が出てしまっているんでしょう。

Nms_00351 先ほどの三角屋根の家を810mmで(ISO220、1/100秒、f/16)

Nms_00352 比較しやすい所を切り出し

CXフォーマットのJ4にDXフォーマットのニコン純正レンズを組み合わせると測距点が中央の1箇所になってしまいますがオートフォーカスの動作がキビキビしていて実に使い易いレンズです。

35mm換算で810mmの超望遠での撮影ですが手持ちで気持ち良く撮影できます。
ピクセル等倍でみると厳しい画像ですが、シャッタースピードが1/100秒なので三脚を使うともっときれいに撮れると思います。

つまり手持ち撮影の振れを吸収しようとして頑張ったけどこれで許しての画像ですね

このレンズで野鳥を撮るとこんな感じになります。

Nms_00571

結構綺麗に撮れますね。
野鳥撮影が趣味の人にNikon 1 V3と70-300mレンズが人気な理由が判りました。

でもNikon 1用の70-300mmレンズは12万円しますが、それより広角側に広いDXフォーマット用の18-300mmなら半値で買えます。
私はお金を節約したいのでこれからもDXフォーマットで行きます。

次に公園の花に集まる虫たちです。

Nms_00981 てんとう虫を撮ってみました。

Nms_00982 拡大すると問題が..

実は全体的な傾向としてピントが少々ズレています。
それが嫌いでマニュアルフォーカスで撮るのですが、やはりJ4も中央1点測距でその位置に合わせてもちょっとずれます。

概ね合っているのでメーカーに送っても基準内ですと言われるのでしょうけど..

Nms_01021 今度はミツバチです。

Nms_01022 ピントは合っている様です。

Nikon J4の解像度ではこれが限界なんでしょうね。
1インチのセンサーではレンズの性能を生かし切れないんだと思います。

でも十分に満足できます。

こうなるとα7Ⅱでもこのニコンのレンズを使って見たいのですが、電子接点付のマウントアダプターって売っていないんですね。
残念です。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

ニコンのJ4と18-300mmの望遠ズームが届きました

そしてキヤノンのEOS 6Dをお昼前に出品したら10分で落札されました。
半年前に139,800円で購入した6Dのボディが115,000で即決されました。

値付けが絶妙だったと言う所でしょうか。あっという間でした。
レンタルで半年間借りたら利用料が24,800円でしたと考えると早いですね。

センサーは高感度に強いEOS 6Dの方が良かったかなと思いますが、α7Ⅱの高感度特性が悪い訳ではないので、マニュアルレンズに優しいα7Ⅱでこれから楽しみます。

さて、広角~標準まではカールツァイスの2本で決まりですが、望遠側は?

35mmフルサイズで望遠側を何とかしようと考えると、巨大なレンズを用意しないとダメなので現実的ではありません。

そこでNikon1 J4を追加したのですが、18-300mmを付けてもこのサイズです。

Dscf22373 Dscf22353 Dscf22343

これだとボディが小さく見えますが、本当に小さいんです。

Dsc003094

いつもカバンに入れているフジフィルムのXQ-1とほぼ同じサイズとは凄いです。

これで300mm側で撮影すると35mm換算で810mmの望遠になるのですが、ニコ化純正のアダプター(FT1)経由でもオートフォーカスが小気味よく決まり普通に撮影できるのは感動ものです。

Nms_00075

いつものマンションのパラボラアンテナが810mmだとここまで引き寄せられて写りますし、アンテナ部分をピクセル等倍で切り出してもかなり使える解像度です。

今日は暗くてシャッタースピードが遅いためISO感度が上がって粒子が荒れていますが、室内だとこんな感じです。

Nms_00207 18mm側 

Nms_00227 200mm付近

Nms_00228_2 200mm付近の中心部分をピクセル等倍で切り出し

Nms_00279 300mmの最望遠端

Nms_002710 300mmの中心部分をピクセル等倍で切り出し

300mmではシャッタースピードが1/100秒、F6.3、ISO感度3200です。
ISO感度は800までに抑えたいのですがセンサーが小さい割にはISO-3200でも結構使えますね。ノイズがたっぷり乗ると思ったらそんなに酷くないです。

これが晴れた日の日中ならISO-800でもシャッタースピードがもう少し上がるのでもっときれいな写真がとれると思います。

やはり望遠側の撮影にはこの1インチかマイクロフォーサーズぐらいのセンサーが向いて居ると思います。A3ノビ以上に引き伸ばして印刷することはありませんから。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

あれ~?ニコンの18-300mmを落札してしまった..

この値段では落ちないと思って冗談で(冷やかしで)入札したら落ちてしまいました。

Photo

Amazonで購入すると現在70,800円です。

Photo_2

実は1 Nikon用の70-300mmの方が軽くて小さくて良いのですが、折角ニコンFマウント用の純正のマウントアダプタが出ていて、かつ、販売量が圧倒的に多いDXフォーマット用のレンズがあるのですから、それを使わない手はないですよね。

マウントアダプタに別途16,000円の出費は必要ですが、他のレンズにも使えますからその経費は無視することにします。

J4は1インチセンサーなのでAPS-Cセンサー用のDXフォーマットレンズはイメージサークルがずっと大きいのですが、レンズは中心部分の解像度と各収差が良好なので、DXフォーマットのイメージサークルの一番美味しい所をCXフォーマットで切り取るのがベストだと考えていました。

小型軽量と言う訳にはいかなくなりますが、画質はCX用レンズより高画質であるはずのDX用レンズを利用することで価格を半分に抑えて同等以上の画質を確保したいと思っていました。

と言うかCX用の70-300mmが値段が高すぎるんです。バカみたいに。

.

続きを読む "あれ~?ニコンの18-300mmを落札してしまった.."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

ヤフオクでNikon 1 J4 をポチッてしまいました

Nikon 1 J4 の新品が32,000円で出ていたので即決しました。

電動の標準ズーム付きなのでびっくりするほど安いです。
電動ズーム単品の参考価格よりセット料金の方が安いとは..

勿論、以前から欲しかったのです。
このボディで使える70-300mmのズームレンズは、35mm換算で約200mm-810mmにもなる超望遠ズームだからです。

35mmよりAPS-C、APS-Cよりマイクロフォーサーズ、マイクロより1インチとセンサーが小さいほど望遠側には有利です。小さく安く作れますから。

一昨日までマイクロフォーサーズでもう一度70-300mmの望遠ズームを買い直して35mm換算で600mmをオートフォーカスで楽に楽しもうと考えていましたが、Nikon1なら300mmは35mm換算で810mmになるので、買うならこっちでしょうと..

ボディと標準の電動ズームのセットを32,000円で買いました。

これはフジフィルムのXQ1とオリンパスのXZ-1を売ってお財布のバランスを取るべきでしょうか?それとも大した値段ではないのでコレクションと割り切るか..

ちなみにまだNikon1 の70-300mmは買っていません。
こんなに小さなセンサー用のレンズが12万円もする事に納得がいかないからです。
35mm用かAPS-C用の300mmをアダプター経由で使う方がお得ですよね?

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

α7ⅡとEOS 6Dのセンサー比較?(その1)

同じレンズが使えるって面白いですよね。

本当ならボディのメーカーもレンズもメーカーも違うから比較にならないのですが(無理に比較してもどっちが足を引っ張っているか判りませんよね)、今回は同じレンズを使っているので客観的に比較できます。

Img_1508_f81 EOS 6D+タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010E

Dsc00223_f91 α7Ⅱ+タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010E

タムロンの望遠端300mmで撮った写真でEOSの絞りはF8、αはF9です。
この写真の中心部分をピクセル等倍で切り出すとこうなります。

Img_1508_f82 EOS 6D

Dsc00223_f92 α7Ⅱ

本当は絞りを合わせたかったのですが、撮影に失敗してアンダーになったのでちょっとずれていますがF8もF9も解像度に違いが無いのでこれで見てください。

どちらもオートフォーカスでカメラ任せで撮っていますが、
αは露出が1/800秒、ISO-250です
EOSは露出が1/400秒、ISO-100です。

フォーカスの精度はα7Ⅱの方が良いようです。
試にα7Ⅱをマニュアルフォーカスでピント拡大を最大にして撮ってみましたが、とれた写真に差がありませんでした。

陽が当たるレンガ面と影の面の諧調の具合とかパラボラアンテナの裏側の日が当たっていない部分の解像感などを比べると、私にはα7Ⅱの方が良いと思えます。

でも、こうやってα7Ⅱでも普通に使えるタムロンのレンズって凄いですよね。

ソニーの白レンズで40-200mm/F4がありますが、所詮ズームレンズに高解像度を求めてもお金が掛かるばかりなのでEOS用に買ったタムロンの28-300mmで我慢します。

EOS 6Dはまだ処分しないけど、シグマの24-105mmは処分してもいいですね。
シグマを売ったお金でツァイスの135mm/F2を買いたいです。
そうすればツァイスの21mm/F2.8、50mm/F1.4、135mm/F2と3本揃うので、マニュアル大好きの私好みの構成になります。

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年1月17日 (土)

α7Ⅱとタムロン28-300mmの相性

本来組み合わさることを想定していないボディとレンズの割には相性は良いと思います。

Dsc001861 Dsc001862

α7Ⅱにタムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZDを付けて撮った写真の右端をドットバイドットで切り出したものです。

ピクセル等倍で見る事は普通の人は無いと思いますが、ここまで粗探しをするとボケボケの流れ放題で見られたものではありません。

元の画像でも四隅は結構流れていますよね。

でもマウントアダプターを噛ませてこの絵なら十分です。
そもそもズームに高画質は求めていません。
何故ならズームに高画質を求めると車が一台買えるぐらいの金が掛かるからです。

実際、タムロンを公園に持ち込んで一日使って見ると、28mmから使えるので寄って来る猫を捉えるのも楽勝です(広角の28mm側を使うので広範囲にピントが合う)し、遠くの被写体も望遠側を使ったクローズアップもこれ一本で全部できます。

EOS 6Dで便利ズームとして使っていたレンズがα7Ⅱでも同じ感覚で使えるのは良いと思います。AFでは多少ピント合わせはもたつきますが、私は基本マニュアルの人なので問題ありません。

ツァイスの2本は相変わらず調子が良いです。
シグマだけが相性が悪いですね。

私的にはやはりツァィス、フォクトレンダーでのマニュアル撮影と、タムロンでのお手軽撮影が出来るα7Ⅱに絞り込んでEOS 6Dとシグマは処分の方向で考えます。

EOS 6Dも良いボディでしたが、マニュアル撮影に適さないボディであることには町あ゛位ありません。
フォーカシングスクリーンを変えられるそうですが、α7Ⅱのピント拡大と同等の快適性は得られるはずがないので、やっぱり処分ですね。

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

望遠レンズの誘惑

今週は届いたばかりのα7Ⅱを毎晩愛でているのだが、販売されたばかりの最新型のカメラなのにマニュアル操作ばかりしているのは如何な物か?

カールツァイスのレンズを付けて遊ぶ分にはいいんです。
レンズ自体がマニュアルですから。

でもシグマの24-105mm/F4がマニュアルでしか動かないのは予想外でした。
アートラインの高級レンズなので結構期待していました。

そこで色々考えたのですが、α7Ⅱ用に70-200mmの白レンズを1本だけ買って、EOS 6Dとシグマ24-105mm/F4はその購入資金の為に処分しようかなと。

タムロンの28-300mmは一応オートフォーカスがモタモタと動くので残してもいいし、300mmの望遠側は色々と使い道があります。

超解像で600mm相当にクローズアップすることも出来るし、そもそもセンサーサイズが2430万画素もあるので撮れる絵が6,000×4,000と巨大です。
これだけ大きいと超解像を使わなくてもその絵の中心部分だけを切り出して600mm相当の絵にすることもできますね。

35mmフルサイズの対角が43.26mmなので300mmの写真を600mm相当に切り出すためには対角21.63mmのマイクロフォーサーズのセンサーサイズに合わせて切り出せば良い事になります。

面積比で0.57ですから、(6,000×4,000)×0.57で1,368万画素の絵になります。
大体4,500×3,000の範囲で切り出すと600mm相当のレンズで撮った写真になるので、十分なサイズで保存できますよね。

でも先ほどヨドバシカメラでKIPONのアダプタをポチッたので(ポイント充当差額の4,300円で買えた(* ̄ー ̄*))そんなことしなくてもよさそうです。

言い換えるとオリンパスE-P5にタロムンの28-300mmを付けて35mm換算600mmで撮影した物を更に切り出すと面白そうですね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KIPONのマウントアダプタを買いました

ヨドバシカメラのポイントを何に使おうか迷ってました。

高いんですよ。基本的にヨドバシカメラは。ヽ( )`ε´( )ノ
ポイント還元が基本なので、販売価格がその分上乗せされているからAmazonよりずっと値段が高くなります。

そんな中で唯一買ってもよさそうなのがKIPONのマウントアダプターでした。

Kipon

α7Ⅱ用にSTOKのアダプタを持っているので、マイクロフォーサーズ用にKIPONにしてみました。

マニュアルフォーカスのレンズはレンズ側に絞りシングを持っていますが、キヤノンやオリンパスのレンズはボディ側からレンズ内の絞りを電子制御するのでリングがありません。

そのために絞り機能のあるアダプタを使うのですが、これで本当に写るのでしょうか?

このアダプタでキヤノンのEFマウント用レンズを使えるのでツァイスのレンズもオリンパスのE-P5で使えるようになります。写り具合が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

キヤノンのEF300mm/F4 白レンズはやめた

一応競り合ったのですが、譲りました。

ISが付かない旧世代のレンズなのですが、物凄く状態の良いレンズで、わざわざ『新品級』とまで書いていたレンズです。

写真で判断したのですが、これで10年経過したレンズ?と思えるぐらい内部が綺麗で、タイトル通り新品級でしたが、65,001円でも落札できなかったので回避しました。

流石に製造開始から10年経ったらダメですよ。
商品価値は設計の古さと硝材の古さを考えたら販売当時の価格の3割が上限です。

愛着もあるでしょうから気持ちは判りますけどね。

さて、タムロンの28-300mmをα7Ⅱに付けて遊ぶと面白いですね。
300mm単焦点レンズは使ったことが無いので判りませんが、キヤノンの300mm白レンズに10万円払うなら、先ずは手持ちのタムロンの28-300mmを限界まで追い込んでみたいです。

お金が勿体無いし^^/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

Eマウント用の白レンズを買おうとして詐欺サイトに捕まった

Photo

ここです。jcbwebとかいうサイトですが、SONYのSEL70-200mm/F4の白レンズが88,000円で出ていましたのでとりあえずポチヽ(´▽`)/

でもおかしいですよね?
このレンズが思ったより値下がりが早いと言っても相場は税込13万円ですよ。

更に先にメールアドレスやパスワードなどを入力させてアカウントを作ってから買い物むをさせる手順はどう考えても怪しいです。

と言う事で3ステップの支払い手続きの最後はパスして色々調べたら詐欺サイトでした

困った事に色々なサイトで使っているメールアドレスとパスワードの組み合わせを盗られてしまったので、Facebookやらgoogleアカウントやら全部変更する羽目になりました。

そして帰宅後に私が登録したアカウントでログインしようとすると蹴られます。

つまり、私が入力したメアドとパスワードの組み合わせで色んなところにパスワードリスト攻撃をしかけて全部蹴られたので無効アカウントにしたようです。

ここ危ないですよ。
IDとパスワードの組み合わせを集めて色々なサイトでログインを試みてアカウントを乗っ取る(お買いもの関係や金融系だと大ダメージを食らいます)のが目的のサイトですから、この手に引っかかったら間髪入れずに全サイトのパスワードを変更する事ですね。

.

さて、毎日自宅に帰ってからα7Ⅱを弄るのが楽しみです。

今日はタムロンの28-300mmをつけて遊んでいますが、不思議な事にオートフォーカスが動くんです。

確かに動作はかったるいのですが、そこはタムロンの製品なのでシャッター半押しにしてオートフォーカスが動作したらすぐにフォーカスリングを弄ってマニュアルでピントを合わせてしまいます。

ピントが合っている部分はピーク表示されているので早いですよ。

オートで合うのは200-300mm付近ですね。
200mm以下だと結構迷うので、マニュアルで合わせた方が早いです。
その付近までオートで来ているので、マニュアルで合わせるのは一瞬です。

と言う事で手持ちのキヤノン用レンズが使えるので追加で購入したいのはツァイスの135mm/F2.0ぐらいですね。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

先ずはRAW現像ソフトをアップデート

私はAdobe Photoshop Lightroomを使ってRAW現像をしているのですが、α7ⅡのRAW形式を読むことが出来ませんでした。

(・_・)エッ....?

よく確かめてみるとソフトからのアップデート確認には反応しないのですが(アップデートはありませんと蹴られる)、アドビのサイトを見に行くと最新が上がっているのでアップデートしたところ正常に現像できました。

RAWで現像すると6000×4000ピクセルの巨大な画像が得られるのですが、昨日の時点では設定を理解していなかったのでAPS-Cサイズにクロップされた画像を見ていました。

今日になってやっとセンサーの実力が見れましたが、レンズはキヤノン用のツァイスなのでα7Ⅱボディ本来の実力をどこまで引き出せているのか判りません。

でも、いい感じですよ^^/

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

35mmフルサイズとは思えないコンパクトさ。

Dscf22171今日の時点での1眼レフ現用機種3台です。

EOS 6Dも小さいのですが、α7Ⅱはもっと小さいです。

さて、まだ使い始めたばかりですが、EOS 6Dで不満に思っていた部分はすべて解消されるので、(代わりにバッテリが持たなくなったけど)EOS 6Dとシグマの24-105mm/F4は処分してもいいかなと思っています。

若しくはEOS 6Dとα7Ⅱの二台体制にしてマイクロフォーサーズを処分するのもありですね。E-P5とフォクトレンダーのNOKTON 25mmとTokinaの300mmと14-150mmのズームを処分すると12万円ぐらいにはなりますね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY α7Ⅱが届きました。

と言っても3時を回っていたので外出は取りやめです。
バッテリーもフル充電状態ではなかった(11%)ので、充電を待たずベランダとマンションの敷地内で試し撮りをしました。

Dscf2214 Dscf2213

先ずはCarl Zeiss Distagon T*2.8/21 ZE から試してみましたが、このクソ重いレンズをしっかり固定してくれるのでSTOKのマウントアダプタは買って正解でした。

写りの方は、未だ使いこなしている状態ではないので明言はしませんが、(と言うか設定を誤って小さいサイズのjpg撮って出し状態)マニュアルフォーカスのレンズにはぴったりのカメラですね。

特にピント拡大が便利で、中央部の割と広いエリアを拡大する5.9倍と、中央部分を特に拡大する11.7倍の二段階の切り替えが出来るので、より細かくピントを追い込むことができるのが良いです。

ただ、C3ボタンに割り当てると使い辛いのでC1に変えて見ましたが、それでもグリップをしっかり握った状態だとシャッターボタンからC1ボタンに指をスムーズに移動するのが難しいです。

もうちょっとシャッターボタン寄りにC1とC2が移動してくれると良かったですね。

.

次にタムロンの28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZDを使って見るとなんか微妙にオートフォーカスが効いていない気がします。

Dsc00010

でも画像を確認すると綺麗にピントが合っていますね。
確かにピントを合わせに行ってますが、ピピッと音がせず迷っている感じなのです。
出来上がりを見る分には問題なく使えるレベルだと思います。

.

問題なのはシグマの24-105mm/F4 です。
まるでオートフォーカスが動作しません。

そしてシグマの24-105mmはフォーカスリングがすごく細いのでマニュアル撮影には向いて居ませんので、オートもマニュアルも使えないレンズと判断しました。

でもEOS 6Dだと物凄く使い易くて画質もいいのでEOS 6D専用ですね。

最後にCarl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE ですが、これはDistagon と同じ操作感です。
ピント拡大を使うとピントを合わせたい所に追い込めるのでいいですよ^^/

先ずは使い方を覚えなくちゃですね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンバーブロンコスが負けた~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

先々週の出来が悪くて心配していましたが、やはりパスが全然通りません。

去年のスーパーホウルでシーホークスに手も足も出ずに負けた仕返しを今年のスーパーボウルで実現して欲しかったけど、似たような展開で負けたあ
 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

エリートクォーターバックとして長年君臨しているペイトン・マニングですが、シーズン後半に調子を崩すことが多いのが気になります。

年齢的にも来年は39歳ですからそろそろ引退の声が出て来るのかなあ?
もっとも一つ年下のトム・ブレイディがまだまだ現役続行するでしょうから、あと2年ぐらいはこの二人の活躍が見れそうです。

さて、ソニーストアから昨日の夕方に出荷報告が来たのでいつ届くのか楽しみなのですが、届くのが夕方になってしまったら今日は撮影を諦めるしかないです。

今ヤフオクにソニー製のツァイス(135mm/F1.8ZA)が出品されているのですが、ストアの出品なので消費税を別に取られるのが痛いです。

それ以前に135mmって中途半端な中望遠レンズなので、花とかをアップで撮ったりするには良いのですが、風景には使えないのでなかなか買えません。

ただ、流石にツァイスブランドで売るだけあってレンズの特性は素晴らしいです。

コシナ製のツァイスにも135mmはありますが、ソニー製の方が解放F値が明るいんですよね。同じ8群11枚構成でフィルター径が77mmなのにどの部分の設計が違うのか興味があります。

もっともソニー製はAマウントなのでマウントアダプタを買わなくちゃ使えないからパスするんでしょうね。

と、ここまで書いたらキヤノンEFマウントをソニーEマウントに変換するアダプタが届きました。結構ずっしりと来る製品ですね。

モルトプレーンを張らないと乱反射するとか書いてありましたが、とりあえず使って見てから貼るかそのまま使うか考えます。一応買ってあります。(安いので)

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

どっちから行くべき?

α7ⅡのレンズとしてEマウントの純正レンズを舐めまわしてみたのですが、やはり既存ユーザーが言うようにありませんね。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

となるとAマウントのレンズを使うのか、はたまた聞いた事が無いようなメーカーのレンズに手を出すかですよね。

とは言えある程度の評価が見れる物でないと手が出ないので、韓国のサムヤンか中国の中一光学になってしまいます。

私が選ぶとしたら中一光学かな?
オリンパスのE-P5用にサムヤンの魚眼レンズを買いましたが、あの手のお遊びレンズならサムヤンが良いと思います。でも、性能重視なら中一光学でしょうね。

Photo_2 Amazon135mm

あと10年経つと中一光学の評価は相当高くなっていると思うのですが、まだまだ新参者でしかも中国製なのは買う方としてはメリットがありますが、売る側は辛抱の時期でしょう。

135mmも中一光学で作っているので(F2.8だけど)そっちも買っていいかも。
カールツァイスはコシナの製造とソニーの製造があり、EOS 6Dを捨てる決心がつかない私にはソニー製はまだ買うえません。

コシナにしても次に欲しいのは18万円のレンズなのでちょっと時間が掛かりそうです。

..

続きを読む "どっちから行くべき?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついにポチッと行ってしまったSONY α7Ⅱ

レンズなしのボディのみしかラインナップにないので悩む必要なし。

Photo ソニーストア

Amazon Amazon

購入はソニーストアです。
Amazonの方が安い価格が出ているのですが、幾つもの製品を購入してゴールド・スターになっているので、割引クーポンを使って18,988円引きの170,892円になります。

ここに消費税が入るので184,563円となりAmazonよりも315円高くなるものの、3年のワイド保証がついてくるので割安です。ソニーポイントも返ってきますしね。

メーカーの1年保証よりも適用範囲が広いので、外に持ち出す製品なら絶対に3年ワイド保証ですよ。ヽ(´▽`)/

ボディと一緒に買ったのはレンズじゃなくてバッテリチャージャーとバッテリのセット品と保護スクリーンです。

α7Ⅱはバッテリの消耗が激しいとのことですが、それなのに充電はボディ充電では使い勝手が悪すぎるのでサブバッテリを購入するついでにセット品を買いました。

これも割引が効くのでAmazonよりちょっと高いだけの8,126円で購入です。

問題はレンズですね。

メインカメラはEOD 6Dなのでマウントアダプター経由でカールツァイスを使います。
実はEOS 6Dはオートフォーカス前提のカメラなので、マニュアルフォーカスではピントの山を掴むことが難しくて苦労しています。

折角のカールツァイスが勿体無いのでオリンパスのE-P5のように右手の親指でフォーカスエリアの拡大表示をしてピントを追い込みたいんです。

でもEOS 6Dはそれが出来ないので、ミラーレスなのにフルサイズセンサーのα7には興味がありましたが、レンズ側に手振れ補正がついているので意味なしと言う事で無視していました。

今回ボディ側に手振れ補正が載ったので、使い比べて気に入ったらEOS 6Dは処分してもいいですね。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

カメラの評論家よりも一般ユーザーの評価が厳しいα7Ⅱ

まだまだ評価は固まっていないのだと思いますが、各カメラ関係のサイトで見る製品レビューではボディ側に手振れ補正が付いたことを好意的に捉えて、かつ、思ったよりちゃんと手振れ補正が効いてるねとの評価を受けています。

ところが価格.comなどの一般ユーザーからの評価ではネガティブな意見が多いですね。

パナソニックもソニーも熱心な信者が居て期待を裏切られると辛辣なコメントを寄せる傾向にあると思っています。アメフトで言うとニューヨーク・ジェッツやニューヨーク・ジャイアンツですし、それは野球でも一緒。

熱狂的に愛するがゆえに許せない部分があるんだと理解してます。

さて、α7Ⅱですが実写での評価では各サイトでポジティブな評価が多いです。
レンズ側に手振れ補正機能を持たないカールツァイスやフォクトレンダーでシャッタースピードをここまで落としても手振れしないのは感動ものだ的な評価を見れます。

かくいう私もカールツァイスとフォクトレンダーの信者なので、実際にこのレンズを使って実写レビューをやっているサイトの評価を見て..

これなら買っても後悔しないで済みそうだ..等と思っています。
実際、各部分の切だし画像の解像度を見るとレンズの性能をちゃんと引き出していますので、大丈夫そうです。

後は誰かが背中を押してくれれば..

その前に住宅ローンを完済したいし..

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

なんかSONY α7Ⅱにどんどん興味が湧いてくる

Img_14791 Img_14792 Img_14681 Img_14151

今日も天気が良かったのでいつもの稲毛海浜公園に行ってきました。
今日のお供はEOS 6DにCarl Zeiss DISTAGON T*2.8/21mm の組み合わせです。

こんな時期でも菜の花は咲いていますし花蜂もせっせと花粉を集めています。

Img_14621 Img_14611

しかしCarl Zeiss DISTAGON T*2.8/21mm は凄いレンズですね。

カタログ上の最短撮影距離は22cmなんですが実感ではもっと寄っている気がします。
そして広角レンズなのに綺麗にボケますね。

Img_13791 Img_13991

このレンズで猫なんぞ取っている暇はないのですが、勝手に寄って来るのでついでに何枚か撮ってみましたが、マニュアルフォーカスで動き回る猫を撮るのは至難の業です。

さて、このレンズはマニュアルフォーカスで、しかも手振れ補正が効きません。
三脚など使わなくてもシャッタースピードが1/250以上なら手振れを起こさず撮影する自信はありますが、ボディ側に手振れ補正があれば最強の組合せになります。

61vkrxjqzcl__sl1280_ 716tuqqmxol__sl1280_ Amazon

そこでSONY α7Ⅱが出て来る訳です。

オリンパス程は効かないと言ってもあれば嬉しいですし、上のAmazonで見つけたマウントアダプターを使えばキヤノン用のフルサイズ対応のレンズが電子接点を生かして使う事が出来ます。

しかも値段が安いのに十分な性能です。
AFが遅いらしいのですが、私が使いたいのはCarl Zeiss DISTAGON T*2.8/21mm と同じくCarl Zeiss Planar T*1.4/50 なのでそもそもAFは関係ないのでこれで十分。

本来ならフルサイズでメーカーが異なったらレンズメーカーに持ち込んでマウント交換しないと使えないのですが、Eマウントはフルサイズでもフランジバックが短いミラーレスなのでアダプタを使えば使い回せます。

これ大きいですよ。

α7シリーズはEOSのサブシステムになれますね。ヽ(*≧ε≦*)φ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

キヤノンのEOS Kiss X7iとシグマのレンズを処分

先日カールツァイスのディスタゴン21mm/F2.8 を購入してお気に入りのレンズとなりましたが、そうなると今まで使っていたシグマの12-24mm/F4.5-5.6ⅡDG の出番が確実に減ってしまいます。

35mmフルサイズで焦点距離12mmの超広角を手軽に味わえる良いレンズなのですが、足元の手前までが写る超広角の世界は..

結構、使い道がなかったりします ヾ(´ε`*)ゝ

風景写真などの屋外が中心になるのですが、人間の目の画角に近い21mmと違って見た目以上の広範囲が写る超広角レンズは、買って見たもののここまで写っちゃうのか..となってしまい24mm側ばかり使っていました。

つまり性能を生かせなかったと (*^.^*) カワイソーデシタ

じゃあツァイスの21mmと50mmのマニュアルフォーカスを残してシグマの12-24mmと50mmのオートフォーカスは処分することにしました。

ついでにEOS Kiss X7i もサブカメラとしては使い勝手が悪いので処分です。

実はE-P5はとても気に入っているのですが、グリップが小さいのでホールド感に不満があります。EOS 6Dの大きなグリップに慣れるとE-P5は小さすぎます。

その小さいことがE-P5の良さなので何を言ってるんだ 凸(`、´X) 
状態なのですが、この際E-P5も処分してOMD E-M1にする手もあります。

EVFを付けたE-P5とE-M1では性能に殆ど差が無く、過去のフォーサーズレンズ群を生かせるぐらいしかメリットがありません。

だったらこのままE-P5を使い続けて、SONYのα7Ⅱに浮気をするのもありかな?

ボディ側に手ブレ防止機能を持たせたα7Ⅱは物凄く興味があります。
ただ、評価を見てるとオリンパスの手ブレ防止性能には大分劣るみたいですね。

α7シリーズはもうちょっと熟成が進むまで待ちかな..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

円安のせいでハードディスクが高値安定 凸(`Д´メ)

全然値段が下がらないじゃないかっ 凸(`Д´メ)

前々からウエスタンデジタルの6TBモデルが安くなるのを待っているのですが、一瞬だけ29,700円ぐらいに下がっただけでず~っと3万円超の値段で安定してます。

本来なら半年もすれば5~6千円ぐらい下がるのに、円安がどんどん進んでいるので全然値段が下がりません。

かといってNAS間でデータの分散を図るのも辛くなってきたのでASUSTORに内臓させる分として2台購入しました。

Amazonで買うと 1台 30,393円で合計 60,786円ですが、ヨドバシに12,926ポイント持っていたので、2台で65,540円と高くなるもののポイントを使えば52,614円になるので思い切って買ってしまいました。

恐らくこのまま待ってても値段が下がりませんから ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

でも、スーパーに行って買い物をしてても感じますが、あらゆるものが1割から2割値上がりしていますよね。

先ずは小選挙区制度を中選挙区制度に戻す所から始めないとダメかな。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »