« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

α7ⅡとSIGMA Mirror Telephoto 600mmの相性良し

Dsc006311 Dsc006312

SONY α7ⅡにSIGMA Mirror Telephoto 600mm/F8を付けて手持ち撮影した物です。

ミラーレンズはピントが薄くて合わせにくいという特徴がありますが、α7Ⅱはファインダーを見ながらピント拡大出来るので非常に相性が良いです。

しかも手振れ補正が効くので600mmを手持ちで撮影してもぶれる事がありません。
右側がピクセル等倍で切り出した画像ですがブレていませんよね?
あともう少しピントを追い込みたかったのですが..

.

Dsc006251 Dsc006252

これもいつもの人形ですが、ピントがきちんと合っています。
やはりα7Ⅱとミラーレンズは相性が良いですね。買ってよかったです (≧m≦)

Dsc001723

こっちはα6000です。
河津桜祭りの会場でオートフォーカスで撮っています。

自分の思った位置にピントが合う確率は60%ぐらいですね。
残り40%は手前の本来ならボケてほしい所に合っちゃいます。

Dsc001643 Dsc001553 Dsc001543

本当は伊豆の河津町まで行って河津桜祭りの会場を散策したかったのですが、流石に片道200kmの壁は高く、三浦半島でお手軽に済ませてしまいました。

京急三浦海岸駅から小松ヶ池までの京急沿線沿いに見事な桜並木があり、丁度満開を迎えたところです。

とても綺麗ですよ。^^/

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

Nikon 1 J4を処分しようか思案中

今、売却用に写真撮ってます..(。>0<。) ツイニ オマエモカ...

J4は小型軽量で、レンズ交換が出来て、望遠810mmの撮影環境を安価に実現できるところに魅力を感じて購入しました。
実際、標準ズームキットが32,000円、FT1が13,441円、AF-S DX 18-300mmが58,300円と合計で103,741円とかなりお手頃価格で実現出来てしまいました。

35mmフルサイズ機で800mmとなるとレンズだけで170万円ととんでもない価格になってしまうので、1インチセンサー機はそれだけで価値があると思います。

さて、J4にAF-S DX 18-300mmを付けて撮っていましたが、望遠端ではレンズ長が3倍の30cmぐらいに伸びるので一目で遠くを狙っている事が判って恥ずかしいです。
これがミラーレンズだと何処から見ても標準レンズにしか見えなくて、単なる風景写真を撮っている様にしか見えないのがいいですね。

これからも使い続けるのが一番なのでしょうが、このかっこ悪さが気になって今回SIGMA 600mm/F8を購入しました。オリンパスE-P5でTokina 300mm/F6.3を使っていてミラーレンズに良い印象を持って居ることもあります。

α7Ⅱではピント拡大時に手振れ補正が効かないのでピント合わせが結構大変だったりするのですが、少なくともE-P5時代と同じ600mmでの望遠撮影が可能になりますし、α6000を使えば900mmで撮影できるのでJ4+18-300mmのセットは不要になります。

ピクセル数は減りますがオリンパスE-PL7かE-P5にこのレンズを付けると1,200mmでF8ですから画質を考えるとJ4を捨ててオリンパスに戻るのも選択肢の一つです。

E-PL6の新品が19,000円で手に入る事を考えとオリンパスに戻りたくなりますが、シャッター半押しで手振れ補正の効いたファインダー画像が得られるE-P5の中古を買った方が幸せになれます。

今の相場はブラックモデルで32,000~35,000円ですからね。
ただし、KIPONのアダプタを捨ててレイクォールあたりに買い替えないと駄目です。
KIPONはE-P5に入りませんでした。

そうすれば先週買ったケンコーの400mm/F8と今回買った600mm/f8との両方がオリンパスのボディ手振れ補正で生かせることになります。
手振れ補正付で35mm換算800mmと1,200mmの望遠環境が標準レンズなみのコンパクトな構成で実現できる事を考えたらJ4はやっぱり要りませんね。

ただし、SIGMA telephoto 600mm/F8とα7Ⅱがご機嫌な組み合わせだった場合、また違った答えになります。

α7Ⅱは2430万画素で6000×4000ですが、E-P5は1605万画素で4608×3456なので面積比で0.66になります。1.5倍するとほぼα7Ⅱのピクセル数になるので、E-P5の方がセンサーの密度が高いと言う事ですね。密度が同じなら3.84倍になりますから。

α7Ⅱに600mmを付けて撮った写真の中央部分をE-P5の画素数に合わせて切り出すと画角的にはAPS-Cサイズとなり900mm相当とも言い換えられます。

つまりE-P5にケンコーの400mmを付けて35mm換算で800mmで撮影した場合とほぼ同じ画角、同じ画素数の写真が撮れる訳なので、センサーの性能を考えたらE-P5を買い直すメリットが有るのか疑問です。

α6000にケンコーの400mmを付けると35mm換算で600mmの望遠になりますが、α7Ⅱと同じ画素数なのでE-P5の画素数に合わせて切り出すと900mm相当ですから、どう考えてもE-P5に戻るメリットが感じられません。

1605万画素に能力不足を感じて手放したので、やはりα7Ⅱとα6000で行くのが正解ですね。

RAWを捨ててJPEGにすれば超解像ズームも使えるし...

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

SIGMA mirror-telephoto 600mm F8 を落札

昨日の晩落札出来ました。17,000円です。

600x4002015012500018 600x4002015012500016

ケンコーの400mmは悪くないのですが、テレコンつけて800mmで撮ると相当遠くからでも撮影できるので自分の目的にはぴったりなのですが、如何せん暗すぎます。

テレコンを付けると絞りが2段暗くなるのでF16ですからねぇ。
更に全長も伸びるのでミラーレンズの良さが半減します。

.

と言う事でもう少し焦点距離の長い物と思い探してみると、SAMYANGの500mm/F8が18,000円で買えるのでいいかなと思いました。ケンコーのミラーはSAMYANGのOEMなのでマウントアダプタと2倍テレコンを流用できます。

でももうちょっといいものが無いかとヤフオクで検索すると手頃な値段でゴロゴロ出て来ました。SONY製の500mmならオートフォーカスが効きます。ミノルタも同様です。

その他に評価が高いニコン製も出回っていますね。
これはNikon 1 で使って見たいのですが、J4 だとファインダーが使えないのでNG

最終的にEOSマウント(EFマウント)のSIGMA製600mm/F8を落としました。

これでα7Ⅱのボディ側手振れ防止を効かせた状態で600mmの望遠撮影が可能になりました。α6000なら1.5倍の900mmをこのコンパクトなサイズで実現できます。

E-P5にTokina 300mm/F6.3を組み合わせた状態だと殆ど標準レンズを付けている様にしか見えなかったのですが、一回りボディの大きなα7ⅡとSIGMAの組み合わせも似たような感じになるでしょうね。

.

今、手元にパナソニックのLUMIX GX1とEF→M4/3マウントアダプタがあるので、GX1にSIGMAを付けると1,200mmになりますよね。これを実戦で試してみて良い感じに撮れるのであればオリンパスのE-PL6のボディを買います。

新品で2万円切っているので(安すぎるでしょ!)これを購入して手元に残してある電子ビューファインダー(VF-4)を付けるとE-P5時代に600mmだったのが1,200mmで手振れ補正が効いた絵が撮れます。

それを考えたらJ4+望遠ズームは処分できます。
無様に鼻をびょ~んと伸ばした撮影スタイルは本当にカッコ悪いです。

ちなみにα6000はとても気に入ってます。
オートフォーカスが高速で非常に気持ちが良いです。

とかも小さくて軽い ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

画素数がα7Ⅱと同じなのでサブカメラとして十分すぎます^^/

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

ぐだぐだと思いつくままに思いを述べる..

今日も稲毛海浜公園に行ってパチパチ撮ってきました。

写真は載せませんが今日のテーマはkenko irror lens 400mm/F8と二倍コンバータでの撮影の効果です。効果と言うか反射望遠の威力確認ってところかな。

結論を言うと、自宅のベランダから撮った写真は午前8時とか光量が足りていない時の写真なのですが、日中帯に公園で撮ると全く印象が変わります。

基本的にミラーレンズは暗いので、日中の燦々と降り注ぐ日光の下じゃないと性能が出ません。色の乗りが薄くて眠い絵になります。

でもお日様が出ている12時~3時ぐらいに屋外で撮影するとこってりとした色の乗りがあってミラーで十分と認識できます。
曇り空の下とか光量が足りない時は本当に色が乗りませんね。

.

.

昨日の晩までNikon 1 V3のプレミアムキットを買うつもりでしたが、今日撮影してて不要だと言う事が確認できました。
無駄なお金を使わなくてラッキーです。

ただ、Nikon 1 J4とその他は処分して、オリンパスのE-PL6を買うかもしれません。

マイクロフォーサーズだと焦点距離が二倍になるのと、EOSマウント→マイクロフォーサーズのアダプタを持っているので、α7Ⅱに今日付けて見たkenko 400mm/F8をE-PL6に付けると800mm相当になってボディ側手振れ補正が効きます。

今考えるとE-P5を処分したのは間違いでしたね。

残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

kenkoのミラーレンズに2倍コンバーターを付けると

Dscf2302 Dscf2307 Dscf2306 Dscf2305

ケンコーの400mm/F8に2倍リアコンバーターを追加して見ました。

ついでにマウントもEOS用のTマウントを追加して、元々購入してあるSTOKのEF→Eマウント変換アダプタに噛ませるよう変更しました。

800mm160iso8001 800mm160iso8002

なんて言うかミラーレンズの限界ってやつでしょうか?
解像感が低いですね。等倍にして画像を見るとノイズが沢山載っています。

元々のレンズがF8ですから2倍テレコンバーターを付けるとF16になってしまうので、相当明るい所でないと実用にはちょっと難しいかな?

もっとも800mmなんて人物観察ぐらいにしか使わないので、お~こんな人がこんなコスプレをするのね Σ(・ω・ノ)ノ!

なんて感じで公園のそこらじゅうに居るコスプレーヤーを観察してます。
作品として保存する気がないので、この程度で十分かな。

400mm160iso2001 400mm160iso2002

2倍リアコンを付けないとF8で撮影できるのと軽くなり構えやすくなるので、通常はこっちでしょうか?

超望遠撮影のためにNikon 1 J4にマウントアダプタを付けてNikonの18-300mm望遠レンズを付けているのですが、屋外でJ4を使うとモニターが見辛くてオートフォーカスで撮る以外方法がありません。

特に困っているわけではないのですが、望遠端だとピント合わせに迷う事が多く、撮れた写真も微妙にピントが合っていなかったりします。

J4にミラーの400mmを付けると35mm換算で1,080mmになるのですが、J4ではピントを追い込むことが出来ないのでV3に変えるしかないですね。

ただねぇ..┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

6000500iso100631 6000500iso100632

α6000にタムロンの28-300mmを付けると35mm換算で42-450mmになるし、撮れる絵がずっといいんです。事実として。

その代わり無様な位ズームレンズの鼻先がびょ~んと伸びます。

はっきり言ってあれは嫌いなんです。
E-P5とTokina 300mmの組み合わせが最高でしたね。
無理していないのでF6.3と明るいし、軽くてE-P5のボディ側手振れ防止がピント合わせの最中も効いてビタッとファインダーの画像が止まっていましたから。

なやむなあ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

カメラシステムの入れ替え

マイクロフォーサーズからEマウントシステムへカメラの移行がほぼ終わりました。

ほぼと言うのはリア液晶のガラスが剥がれて売り物にならないLUMIX GX1が手元に残っているからです。
サムヤンの魚眼レンズを付けているので、まあ遊び用のカメラとして持って居ても損は無いです。ヤフオクで1万円で買ったカメラですし。

さて現状を確認すると
SONY α7Ⅱ
 Carl Zeiss Distagon T*2.8/21 ZE
 Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE
 Carl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE
 Kenko 望遠レンズ ミラーレンズ 400mm F8
 Kenko カメラ用アクセサリ MILTOL 2X リアコンバーター

α7Ⅱは見事にマニュアルフォーカス専用機になってしまいました。
この他にツァイスの35mmと85mmを追加すると言う手もありますが、50mmを付けて前後に移動すればカバーできるので、フォクトレンダーのレンズを集めてみたいですね。

そしてミラーレンズもボディ内手振れ防止のおかげで手持ち撮影が可能なので、2倍リアコンバーターで800mmの撮れ具合を試します。
結果次第ではサムヤンの500mmミラーレンズを追加ですね。手持ちで1,000mmに挑戦です。

SONY α6000
 SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(キットレンズ:標準ズーム)
 SONY E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE(2/18追加購入:新品)

α6000はEマウントのAPS-C用レンズでオートフォーカスで使います。
E 55-210mmレンズが2万円程度で買えるので2本体制でも良かったのですが、18-200を付けっ放しにします。
35mm換算で27-300mmですからこれを付けて置けばレンズ交換の必要が無いです。

標準ズームは売っても金にならないのでジャンク箱に保存です。
キットレンズ無しだとカメラのキタムラで49,800円で買えたので、今考えるとそっちを購入すべきでしたね。

メインがα7Ⅱでサブがα6000です。
使い方もレンズもきっちり分けましたが、ミラーに関してはα6000に付けると1.5倍の焦点距離になるので400mmなら600mm、リアコン付けて800mmなら1,200mmの望遠レンズになるので使いまわします。

NIKON 1 J4
 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM (キットレンズ:標準ズーム)
 Nikon マウントアダプター マウントアダプター FT1
 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR(高倍率ズーム)

CXフォーマットのカメラでDXフォーマットの中心部分だけを贅沢に使うためにこの構成にしたのですが、CX用の70-300mmで組んだ場合と大きさ的にはあまり変わりません。
レンズ本体は購入したDX用の方が小さくて、マウントアダプターが付く分30mmぐらい長くなっただけです。重量もほぼ一緒。

ただレンズに対してカメラ本体が余りにも小さくて操作性はイマイチです。
今回α7Ⅱ用にミラーを追加したので、リアコン付で800mmの撮影が快適であれば
18-300mmレンズは処分します。

旅カメラとして1台だけ持って行くのであればα6000+18-200mmでしょうから、今後はJ4の出番は減っていきます。32,000円でかったレンズキットなので残して置いてもいいですね。
35mm換算で2.7倍になる1型センサーですし、18メガピクセル機ですから面白いレンズが出てくれば復活の可能性があります。

と言う事で役目を終えたタムロン28-300mm PZDはヤフオク行き決定。
今回追加した18-200mmが57,000円でしたので、それに近い値段で処分して(相場がその近辺です)追加出費無しでレンズを入れ替えます。

E-P5等はCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE等の購入資金に消えたので、α6000のレンズキット分がお財布から出て行きましたが、これだけ大幅なシステム入れ替えをやってこの程度の出費ならOKです。

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRが6万円で売れればα6000の
出費は1万円に抑えられますから、あとはミラーレンズの2万円とリアコンの1万円を足して合計4万円が今回の入替費用となります。

間違って購入したミラーレンズは処分して資金を回収します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

住宅ローンと老後破産

さて、購入時に手持ち資金が乏しかったため3,900万円のマンションを交渉して3,600万円に値切ったのを皮切りにローン返済も色々と努力しています。

諸経費の支払いも有り、購入時のローンはこうなりました。
①財形住宅金融から24,300,000円借入(変動金利1.93% 35年ローン)
②富士銀行から970万円借入(変動金利2.375% 35年ローン)

①の970万円は11年で完済しました。
11年間の支払総額は10,861,488円で、利息相当額は1,361,488円です。

②は2月に丁度15年の区切りがきて、3月から0.9%の変動金利で次の5年が始まります。
15年間の支払い総額は13,920,990円で、利息相当額は5,233,003円です。

①と②を比較すると期間短縮の効果が絶大だと言う事が実感できます。

この15年で住宅ローンを24,782,478円返しましたが、まだ①の残債が14,088,999円残っているのでどうやって返すか思案中です。

今まで払った利息相当額が合計で6,594,491円である事実にも愕然とするのですが、今後収入が減っていくことを考えると早めに決着をつけたいですね。

とここまで書いて気が付きました。
買うのと借りるのではどっちが得か?

今まで支払った額を15年で割ると1ヶ月あたり137,680円になります。
28平米なので賃貸であれば坪単価4,917円となります。

では実際に賃貸に回した人がいくらで借りているかと言うと、同じ間取り同じ南
向き角部屋で4,300円です。今の価格でね。

新築時はもっと高い価格設定が可能なので、この物件は買っても借りても殆ど差が出ないことになるのですが、将来に渡って入居者を確保できるとは限らないので、今後は買わずに借りた人の方が有利っぽいですね。

今後世帯数がどんどん減っていくと空き家が増えていくので将来は不動産を売却できない危険性が高まります。

つまり、今後は不動産を買うのは危険であり、何時でも身軽に動ける賃貸を上手く使うのがベストでしょう。

宇都宮の駅前のマンションを借りていたことがありますが、新幹線で通勤1時間ほどの駅前(しかも徒歩5分で屋根付き駐車場込)で家賃が72,000円でした。

通勤定期は会社が出してくれるので、新幹線駅の駅前なら引っ越して生活費を安く上げるのも手だなと思いました。

①のローンはあと二年で完済して賃貸に回す事を検討中です。

老後破産なんて御免ですからね。
収入があって貯蓄出来るうちに払いきってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

ミラーレンズが二本届いた。α7Ⅱで使って見た。

昨日間違ってニコン1用のミラーレンズが届いたと思ったら、その二時間後にもう一本届きました。しかもソニーEマウント用のチタンカラーです。

どうもどっちを買うのか悩んでいて両方入れた後にニコン1用を削除したはずでしたが上手くサーバー側が更新されなかったみたいですね。

さて折角なので要らない筈だったチタンカラーのレンズをα7Ⅱにつけて公園に持ち出しました。ついでにα6000にはタムロンの28-300mmを付けて持って行きます。

ミラーはα7Ⅱに付けると400mm/F8です。
タムロン28-300mm/F3.5-6.3をα6000に付けると35mm換算で42-450mmです。

7kenko_160_f8_iso125 6000tamron_500f63_iso125

左がα7Ⅱで右がα6000です。同じ2430万画素の縦横3:2の絵が撮れます。

コントラストがまるで違いますね。
ミラーの場合完璧にピントか合っていればコントラストが高い絵が撮れますが、ちょっとでもずれると色の乗りが薄くなりますので取り扱いが難しいです。

でも流石にフルサイズセンサーですね。マイクロフォーサーズのE-P5で撮るよりもピント拡大を使って追い込みやすいので、結構気楽に撮れます。

カメラのキタムラに2倍コンバーターを発注してあるので、届いたら800mmにして使い倒します。手持ちでこれだけ取れるので800mmにしても楽に行けそうです。

さて、α6000にタムロンをつけて何時もの三角屋根の家を撮ってみました。

6000tamron_500_f63_iso125 Photo

タムロンには手振れ防止が入っているので手持ちでも楽に撮れます。
元々EOS 6D用に購入したフルサイズ用レンズなので画質はいいですね。

ピクセル等倍で切り出して見ましたが、手持ちでもブレずにちゃんとピントが合っているのが確認できます。

売ってしまおうと思っていましたが、実際に使って見るとα6000との相性もいいのでこのまま使う事にします。

結構な頻度でピント合わせに迷って時間が掛かるのが難点ですが、イライラする一歩手前でなんとかピントが合うし、マニュアルに切り替えて追い込むのも楽なのでお金を大事に使います。

間違って買ってしまったソニーEママウント用ミラーレンズは近いうちに処分します。

来月のJCBの引き落とし額が72万円越えちゃいましたから..

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

ケンコーのミラーレンズが届いたのだけど注文と違ってた

Amazon

Amazonに注文したのはこちらのソニーαEマウント用なのですが、届いたのはニコン1用でした。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

まあ良いんですけどね。
今晩中にニコン1用のTマウントアダプタを注文するつもりだったので、それがαEマウント用に変わるだけです。値段も一緒だし結果オーライ。

でも良かった事もあります。

ソニー用を注文するとチタンカラーになるので、カメラに付けるとちょっとカッコ悪いのですがニコン1用はブラックなのでカメラに合います。

マウントを入れ替えてα7ⅡとJ4で相互に使う予定だったのですが、はっきりしたのはNikon 1 J4にこのレンズを付けるとピントを合わせる事が出来ないと言う事です。

やはりファインダーを覗いてピントを合わせられるカメラじゃないと使えません。

α7Ⅱとα6000専用ですね。
α6000なら35mm換算で600mmですし、コンバーターを噛ませればα7Ⅱでも800mmで手振れ防止が効きます。

明日の午前中に届くといいんですけどね。早くα7Ⅱで試したいです。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のキタムラでα6000を受け取り

いいですね。α6000。 (*^ー゚)/b

オートフォーカスが速いです。(≧∇≦)

ボディも小さくてオリンパスE-P5とほぼ同じ大きさで扱いやすいです。
しかも144万ドットと粗いけど電子ビューファインダーが内臓されているので、青天下での撮影が多い私にはぴったりです。

α7ⅡはフルサイズEマウント用のレンズに欲しい物が無いので、オートフォーカスで気楽に撮りたい時はサブカメラを使うしかありません。
α6000はお気楽用途のサブカメラです。

本当はフルサイズEマウント用の手軽な(アダプタを使う必要のない)ズームレンズが欲しいのですが、あと数年は出てこないでしょうからα6000と安いEマウント用ズームでお気楽に使う事にしました。

ズームレンズはどの焦点距離でも100点満点中60点以上となる設計なので、画質を求める時はα7Ⅱとツァイスで撮ってズームには画質を求めないつもりです。

だからEマウントの安いので十分 (o^-^o)

今日α6000を受け取って自宅に帰りキットレンズのE PZ 16-50mmをα7Ⅱに付けて見ましたが、四隅が丸く欠けました。

α7Ⅱに付けているタムロンの28-300mmを付けて見ましたがオートフォーカスが遅くて迷います。スピードや迷う傾向はα7Ⅱと同じです。
我慢すれば使えない事は無いけれど残念ですね。

タムロンのズームも処分ですね。
α6000をEマウントのオートファーカス専用にしましょう。

.

Nikon 1 J4も持っていますが、今日、ケンコーのEマウント用400mm/F8(望遠ミラーレンズ)を発注したのでα6000で使って見ます。

35mm換算で600mmの望遠レンズですが、多分画質に満足できない気がしたので2倍のコンバーターも発注しました。これをα7Ⅱに付けると800mmでボディ側手振れ防止が効くので結構いい感じになるのではと期待してます。

そうなったらJ4用に買った18-300mmのニコンのレンズは処分してもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

色々と考えた結果α6000になりました。

キヤノンのEOS M3は止めました。
何故って?

ツァイス3兄弟はマニュアルレンズなのでマウントをEOSにする必然性がありません。
EOS Mマウント用のレンズだって数はたかが知れていて大したレンズはありません。

だったらEマウント中心で集めた方が利口ですよね。

そこで中古で安く手に入らないか探したのですが、α6000って全然値落ちしていないんですね。びっくりです。

ソニーストアで3年保証を付けても78,000円ぐらいですし、Amazonで1年保証で買っても72,000ぐらいです。Amazonの1年保証はソニーストアの3年保証の価格と比べても安くないのでパスです。

そこで他を探してみたらカメラノキタムラが下取りサービスをやっていて、ここで5年保証を追加して買っても69,195円と安かったので買ってしまいました。

壊れたコンデジは沢山あるので下取りに出してしまいます^^/

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

SONY α6000とキヤノンEOS M3に興味あり

どんどん出て来ますね。ミラーレスが。

α6000はまるで興味が無かったのですが、オリンパスE-P5を売却してしまったらサブカメラが無くなってしまったのでちょっと興味が出て来ました。

ツァイス3兄弟を使えるのもちょっとありますが、Eマウントのレンズでフルサイズ対応が全滅に近いのがその理由です。

α7ⅡにEマウントを付けてクロップで撮影するのは腹が立つので、ならば24メガピクセルのセンサーで撮った方がいいよね。と。

ミラーレスとしてのキヤノンはまるで論外だったのですが、M3になってやっと検討に値する性能になってきました。
しかも33,000円の電子ビューファインダーをタダ同然でセットしてくれるとなれば考えてしまいます。

ただし、α6000はドット数が少なくて荒いとは言え内臓なのよね。
E-P5でも外付け電子ビューファインダーでしたが、バッグにしまう時に不便なんです。

そういう意味ではやはりα6000でしょうか。

思った以上にキヤノンEOS M3のセットが安いので考えてしまいました。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

ツァイス3兄弟とα7Ⅱ

今日は天気が良かったので昨日届いたCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE をカバンに詰めて何時もの公園に出かけてきました。

Dscf2282 Dscf2280 

カバンの中にα7Ⅱ本体とツァイスの21mm、50mm、135mm、の3本とタムロンの28-300mm便利ズームを詰めていったのですが、物凄く重いです。

ツァイスの21mmは962g、50mmは549g、135mmは930gとすべてヘビー級のレンズなので辛いです。実際にはオレンジのインナーバックを横にして更にNikon1 J4と18-300mmのセット(905g)も入れて行ったので4kg越えていました。

さて、このレンズの写りですがコントラストが高くていですね o(*^▽^*)o

Dsc003501 Dsc003502

勿論マニュアルフォーカスレンズなので自分でピント合わせをするのですが、思った所にビシッ!とピントを合わせられるので、マニュアルであることが苦になりません。

Dsc003641 Dsc003642

この写真は絞り優先で解放のF2.0に設定しISO-250、シャッタースピード1/8,000秒で撮った物です。ピクセル等倍で見るとこの女性の前後2mぐらいにピントが合って、前後にボケが広がっていきます。

Dsc003681 Dsc003682

こちらは絞り優先でF10に設定しISO-250、シャッタースピード1/400秒です。
実はピントを手前の鉢植えに合わせてありますが、ここまで絞ると背景もそれなりに写るようになります。

Dsc003711 Dsc003712

こちらは絞り優先でF2.5に設定しISO-250、シャッタースピード1/8,000秒です。
絞りを解放のF2.0にするとレンズが明るいのでシャッタースピードが上限を超えてしまうことから絞って撮影しています。

ピント位置が同じで絞りをF10からF2.5に変えたのですが背景の写り方が変わります。
これぐらいの遠景だと背景が大きくボケる事はないです。ツァイスであっても..

Dsc003831 Dsc004091

こちらは左がF2.5で1/1,000秒、右がF2.8で1/2,500秒、共にISO-250です。

これぐらい近寄って撮影すると背景が大きくボケますし綺麗なボケが得られます。
人物を撮影するならこのレンズで背景をトロトロにボケさせて撮ればモデルが強調されて良い写真になりますね。

Dsc004092

ハチをピクセル等倍で取り出すとこんな感じです。

F2.8でハチにピントを合わせているのですが、背中の産毛には合ってても腹の部分は既にピントから外れているのが判りますね。
カールツァイスのレンズって絞り解放に近づくとピントの合う範囲がすごく狭くなるので、やはりピント拡大でピントを追い込まないと納得する写真が撮れなくて、まあ、そこが楽しいです。(≧∇≦)

続きを読む "ツァイス3兄弟とα7Ⅱ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

Carl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE を購入しました

昨日の夜にオリンパスE-P5の嫁ぎ先が決まりました。
神奈川の新しいオーナーに今週末に発送を予定しています。
達者で暮らせよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ところで年末から現在までに色々と処分したので、年明けに購入したα7Ⅱの購入代金が全額売却益で賄える事になりました。

EOS 6D→115,000円で売却
SIGMA 24-105mm/F→69,000円で売却

この2商品でα7Ⅱの購入代金をほぼ賄ってしまいました。
どちらもヤフオクで購入しヤフオクで売却したのですが、総額で2万円ちょっとの売却損が出ただけです。

ヤフオク万歳ですね。( ̄ー ̄)ニヤリ

さてコシナのフォクトレンダー50mm/F1.1を狙っていると以前書きましたが、同じ50mmにカールツァイスの50mm/F1.4を持って居るので先に135mm/F2に行くことにしました。

これの原資にするために今回売却しているのですが、E-P5は予定より1万円安かったし、14-150mmのズームレンズも39,000円と予定より1万円安い価格でしか売却できませんでした。

予定外の売却としてはTokina Flex300mm/F6.3が18,000円で売れました。

後残っているのはVF-4(予定は17,000円)とNOKTON 25mm/F0.95(予定は56,000円)ですが、この2商品は大体この値段あたりで落札されているので問題なさそうです。

全部で17万円ですね。
Amazonで買うとCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE が183,600円なので1万円ちょっと足が出ますが、ほぼ手持ち資産の処分益で賄えるので買ってしまいます。(会社でポチしちゃいました)

この半年ほどずっと中古が出てくるのを待っていたのですが一向に出てきません。
フォクトレンダーの50mm/F1.1は毎週のようにマップカメラに新着の中古商品が並んでいる事を(しかも今週は4個も出てきた)考えると、あれは後から何時でも手に入ると考えられますが、Apo Sonnarは新品を買うしかないとの結論に至りました。

将来手放す時に恐らく12万円ちょいでしか売れませんが、それはどんなレンズでも似たようなものなので諦めます。

E-P5の値下がりが異常に早すぎて悲しかったけど..

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

処分してしまったので関係ないけど..

95,200円で買ったオリンパスE-P5のプレミアが40,000円ですよ。
更に14-150mmのズーム(日本では非買のシルバーモデル)がたったの39,000円。

もうマイクロフォーサーズは買いません。
値下がりが激しすぎます。

でも理由が判ります。
EOSにしてもα7にしてもフルサイズを使ったらバカらしてくマイクロフォーサーズに金を使えません。せめてセンサーがもう少し性能が上がれば別ですが、どんなに良いレンズを使っても同じブランドのフルサイズのレンズを使うとセンサーの非力さにがっかりします。

物理的に小さいのでこの構図はずっと変わらないでしょう。
早めに限界に気が付いてよかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱりCarl ziess 135mmだよね。

フォクトレンダー欲しいけど、α7Ⅱのレンズバリエーションを充実させることを優先するならApo Sonnar T*2/135mm ZE で決まりです。

Planar T*1.4/50 ZE を今使っているのですが、このレンズも凄く使い易く自分のイメージ通りに撮れるレンズです。

言い換えるとフォクトレンダーのF0.95は明るすぎてピントの合う範囲がとても狭くて使い方が制限されます。(NDフィルターを使うとPlanar T*1.4/50 ZE と同じ使い方が出来て撮れる絵も見分けがつかない位似ています)

将来的に工場などの夜景撮影(これが物凄く綺麗な絵が撮れます。ファンが多いですよね)を本格的に始めた時に必要になると思っていますが、このレンズは最優先ではないですね。

先ほど私が出品していたオリンパスE-P5プレミアムモデルが40,000円で落札されました。希望としては50,000円だったのでとても残念です。

マイクロフォーサーズは色々と売り買いしましたが、全体的に値下がりが早くていままで悲しい思いをしてきました。

まあ、いいです。
最後にここまで寝落ちした落札額で決着がついてしまったので、今後はマイクロフォーサーズには期待しません。

パナソニックのGX1をまだ処分せずに持っていますが(売り物にならないので..)レンズの追加は考えないことにします。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

先にCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZEでしょうか?

フォクトレンダーの50mm/F1.1を狙っているのですが、それよりも先にCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZE を購入すべきでしょうか?

135mmは価格が倍なので躊躇しているのですが、確かに50mmは既にプラナーを持っていて画質には非常に(実はこれが問題)満足しています。

そこに同じ焦点距離のF1.1を追加するのはどうよ?┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

マイクロフォーサーズのノクトンを使って撮れる画像がZEマウントのプラナーと非常に良く似た画質で撮れるのは同じ会社が作っているからでしょうね。

と言う事で売るだけ売って現金化したらCarl Zeiss Apo Sonnar T*2/135mm ZEを購入するのが吉ですか?

多分、そうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

ピート・キャロルが大嫌いなので

今年のスーパーボウルの勝者はペイトリオッツでしたね。o(*^▽^*)o

トム・ブレイディは大好きなクォーターバックですが、今回は負けていた試合を最後の20秒で守備の選手が勝たせてくれた試合なので、トム・ブレイディがスーパーボウル4勝を上げたからと言っても素直に祝福できません。

前回は私が一番好きな(過去にはジョー・モンタナとかいましたが現役では..)ペイトン・マニングの弟のイーライ・マニングに負けてその後10年間スーパーボウルには出れなかったことを考えると、良く頑張ったと祝福できるのですが、やはりクォーターバックとしての実力を前面に押し出して圧倒して欲しかったです。

まあ、去年シーホークスにこてんぱんにやられたペイトン・マニングの仇を撮ってくれたので今日は熟睡できます^^/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

Voigtlander VM-E Close Focus Adapter を発注

ヨドバシカメラとAmazonと価格にほとんど差が無いので、ポイント狙いでヨドバシに発注したのですが、在庫無しのため取り寄せまで時間が掛かりそうです。

ヨドバシカメラって欲しい物は殆ど在庫が無いのはどうしてでしょうね?

さて、焦点距離が被るオリンパスE-P5用のフォクトレンダー25mm/F0.95とα7Ⅱ用のフォクトレンダー50mm/F1.1 ですが、やはりイメージサークルが小さく撮れる画像サイズも小さいE-P5とレンズ一式は処分しようかと思います。

デザインが好きなので残したいのですが、2年前に95,200円で購入した物がヤフオクの相場では48,000円ぐらいまで下がっていて、呆れるほどの値下がりです。

NOKTON 25mm/F0.95は魅力的だけどα7ⅡにNOKTON 50mm/F1.1を付けてフルサイズで撮った方が満足度は高いのでマイクロフォーサーズはこの辺で手仕舞いにしようと思いました。でもLumix GX1のボディと魚眼は残します。

希望としては高めを狙ってこんな値段で処分出来たらうれしいです。

  • E-P5が  50,000円
  • NOKTON 25mmが   58,000円
  • M.Zuiko14-150mmが  45,000円
  • Tokina 300mmミラーレンズが 20,000円
  • 電子ビューのVF-4が 17,000円

合計で19万円ですが、相場の一番高い所で落札された場合なので、ここから2~3万円は下がると見た方がいいですね。

その代わりα7Ⅱ用にフォクトレンダーのNOKTON 50mm/F1.1が現金の持ち出しなく入手できるし、余ったお金でビオゴンとかヘリアーが買えますね。

マニュアルばっかり集めてどうするんだって気もしますが、撮れる絵を見るとやっぱりツァイスやフォクトレンダーでピントを追い込んだ方が綺麗なんですよ。

等倍に拡大して見ると。と言う言葉が付きますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

α7Ⅱにコシナのマウントアダプターを追加したい

Vme_close_focus_adapter Vm_emount_adapter_ii

左がVM-E Close Focus Adapter で右がVM E-mount Adapter II です。
VM-E Close Focus Adapter が高いのは(と言ってもAmazonに在庫があれば33,470円で購入できます)4mmのヘリコイド機能が追加されているからです。

どっちを買う?と聞かれたらVM-E Close Focus Adapter と答えます。

今は使わないけど、VM、ZM などのライカ用レンズには良い物が沢山あるので、将来的に買い足すぐらいなら最初から買っておいた方が良いです。

これで使いたいレンズはコシナのVoightLander NOKTON 50mm F1.1 です。
その他にはやはりコシナのVoightLander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm かな。

どうしてもカールツァイスかフォクトレンダーに魅かれますが、カールツァイスなら電子接点を持っているのでレンズの情報が記録されるのに対してフォクトレンダーはVMマウント自体が電子接点を持たない完全マニュアルなので、この写真は絞りが幾つで撮った物なのかメモを取っていないと判らなくなります。

昨日も公園に行ってオリンパスE-P5にフォクトレンダーのNOKTON 25mm F0.95を付けた物とα7Ⅱにカールツァイスの50mm F1.4を付けた物で撮り比べていたのですが、流石にNOKTON 25mmはピントが薄いですね。

どちらもコシナ製なので色の乗りとか解像感はほぼ同じなのですが、そうなると単純にイメージサークルが小さくて画素数が少ないマイクロフォーサーズってなんなのよ?

ε-( ̄ヘ ̄)┌

マイクロフォーサーズの25mmはα7Ⅱの50mmと同じ画角なので同じ焦点距離のレンズが被ってしまいました。
勿論理解して残しているのですが、望遠側強化のためにNikon J4 を買ったのでE-P5用の300mm(35mm換算で600mm)のレンズが不要になりました。

この際E-P5とNOKTON 25mmなどマイクロフォーサーズの3本は処分してこれ買っちゃいますか?

Nokton_f11

同じNOKTONでもF値が 0.95→1.1に下がりますが、この程度ならほぼ一緒です。

ただし、ヤフオクに気になるレンズが出ていて、どうせ完全マニュアルならそっちでも面白いかなと思います。

それ何って?
あの中一光学のソニーαE用の50mm/F0.95です。(≧∇≦)

作例を見ても非常に解像度が高くて解放で撮っても収差があまり気になりませんので試しに買って見る価値はあるかな?と考えました。

新品で買うとNOKTON 50mm F1.1 と価格が変わらないので試しに買って見ようか?とは考えませんが、ヤフオクで82,000円ならアリかなと。

使って見て気に入らなければ..売れますかね?
私の次の物好きが居ないと不良在庫になるので怖いです。

そこでNOKTON 50mm F1.1を検索するとこんなのがありました。

Photo

この値段はありえないですね。
試しに発注直前まで購入手続きをしてみたら、前回の詐欺サイトと同じ注文の流れになっていて、住所を入れる方法が日本とは逆で同じでした。

しかも株式会社コヤナギと左上に書いておきながら右下には札幌の別な会社の情報が載っていてあきらかに変です。

NOKTON 50mm F1.1は滅多に中古が出ないので新品で買うしかないのですが、公園にα7Ⅱ+ツァイスの50mmF1.4とオリンパスE-P5+NOKTON 25mm F0.95を持って行くと大きな荷物になるので、この先はα7Ⅱに絞る方向で売り買いを進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »