« EOS M3が発売されますね | トップページ | 超望遠環境はシグマのミラー600mmで決まりかな »

2015年3月22日 (日)

支払いはとりあえず考えずに買って見る

EOS M3を発注しました。
届いてα6000と比べてからお金の支払い方法を考えます。

α6000とE 18-200mm F3.5-6.3 OSS LEとの相性は抜群で高速AFがバシバシ決まりますし、何と言っても軽量コンパクトなのが良いです。

ただ、希望小売価格89,000円もするレンズですが18-200mmの望遠端で撮った写真をピクセル等倍で見るとそれなりですね。ズームレンズなので望遠端でのキレは無いです。

Dsc001961 Dsc001962

α6000で35mm換算300mmの望遠端で撮った写真と、それをピクセル等倍で切り出した社員です。A5サイズでプリントすると綺麗ですが、拡大するとキレが無いですね。

AFでピントが合っていることになっていますが、ホンのちょっと合っていない気がします

P32100201 P32100202

P32100291 P32100292

昨日は曇天でしたのでコンディションはミラーレンズには最悪と言えます。
でもオリンパスE-P5にシグマの600mm(35mm換算で1,200mm)ミラーレンズを付けて撮った写真を載せて見ましたが、α6000で撮った300mm相当の写真と比べても悪くないですね。

これが単焦点レンズの良さですね。

ただ単焦点でも300mmを超えると重くて高価ですので、ミラー以外で超望遠を狙うならマイクロフォーサーズか1 Nikon で行くべきですね。

E-P5はボディ側に手振れ補正機能があるので、安くなったオールドレンズでも実用になるし、Nikon 1 V3なら300mmで35mm換算810mmなのでセンサーが小さいほど有利です。

マイクロフォーサーズとNikon 1の1インチセンサーは性能に殆ど差が無いのですが、面積は二倍なのでマイクロフォーサーズが次のセンサーを2400万画素で出してくれたらそっちに行きたいですね。

.

|

« EOS M3が発売されますね | トップページ | 超望遠環境はシグマのミラー600mmで決まりかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支払いはとりあえず考えずに買って見る:

« EOS M3が発売されますね | トップページ | 超望遠環境はシグマのミラー600mmで決まりかな »