« α7ⅡでCONTAX Gレンズの癖を確認 | トップページ | 公園から帰ると疲れて寝てしまうのだ »

2015年5月31日 (日)

α7ⅡとEOS M3の使い分けをどう考える?

先ず決まっているのは300mmを超える望遠側はNikon Coolpix P900に任せること。
この先の望遠域にお金を掛けると幾らあっても足りないので割り切ります。

(* ̄ー ̄*)

そうなると300mm以下の焦点距離をα7ⅡとM3で分ける事になるのですが、M3は35mm換算で1.6倍になるため広角域が苦手です。ホントならね。

ところがEF-M 11-22mmを購入しているので35mm換算で17.6mm ~ 35.2mmまではズームレンズでカバーできており、RAW現像時にレンズプロファイルを当てる前提なら十分な性能を持っているので、α7Ⅱで頑張る必要がありません。

実際、AFは素早いし、レンズが軽いし、出来上がりの画像は文句なしです。

コンタックスGレンズとフォクトレンダーでα7Ⅱの広角域を固めるつもりでしたが、撮る楽しみを優先したい時以外はEOS M3+EF-M 11-22mmを使うのが吉ですね。

(≧∇≦)

でも、コンタックスGのBiogon 21mmは手に入れたいです。
現像時の手間が面倒ですがボディをα7Ⅱ一個に絞った特にツァイスのディスタゴン21mmでは重すぎて持って行けないと思われるので、持っておきたいです。

G_28mm_f11_60_iso400_dsc008771 CONTAX GBiogon 28mm F11 シャッター1/60秒 ISO400

Fe28mm_f11_160_iso100_dsc008841 Sony FE28mm F11 シャッター1/160秒 ISO100 

Ef1122_f11_160_iso100_img_00691 Canon M3+EF-M 11-22mm F11 シャッター1/160秒 ISO100

α7Ⅱは純正のFE28mmが価格以上に良いレンズだと思います。
それはEOS M3とEF-M11-22mmの組合せでも一緒で、どちらもレンズプロファイルを当てて補正することを前提にするならコストパフォーマンスがとても良いです。

デジタル対応のツァイスレンズは素の状態でとても素晴らしく、RAW現像時の補正が要りませんが、その代わり価格は1本20万円コースですし、重くて大きいです。

G_28mm_f11_60_iso200_3ev_dsc008952 CONTAX GBiogon 28mm F11 シャッター1/60秒 ISO200

Fe28mm_f11_60_iso100_dsc008992 Sony FE28mm F11 シャッター1/60秒 ISO100

Ef1122_f9_200_iso160img_00732 Canon M3+EF-M 11-22mm F9 シャッター1/200秒 ISO160

こういった建築物を撮るならコンタックスのG Biogonが良いですね。
歪曲が殆どなく補正の必要がありません。

後はα7Ⅱで電子マウント経由だと使い方が難しいので慣れる必要があります。

折角の電子接点なのに絞りが連動せずレンズ側とボディ側の絞りをそれぞれ設定する必要があり、しかもISO感度も勝手に上がってしまうので-2~-3EVで撮影しないと派手に白飛びが発生します。

一番良いのは絞りをF5.6に固定して、ISO感度を100に固定してその他をカメラに任せる撮り方みたいです。まだまだ多くの実験が必要ですけど。

.

|

« α7ⅡでCONTAX Gレンズの癖を確認 | トップページ | 公園から帰ると疲れて寝てしまうのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α7ⅡとEOS M3の使い分けをどう考える?:

« α7ⅡでCONTAX Gレンズの癖を確認 | トップページ | 公園から帰ると疲れて寝てしまうのだ »