« EOS M3のこれから | トップページ | α7Ⅱのファームアップでポンコツ解消 »

2015年11月20日 (金)

TECHART EOS-NEXⅢがなかなか良かったのでEF24-105mmを物色

SonyのFE24-70mmはツァイス銘のレンズですが評判悪いですね。
テスト結果も散々で何故この性能でツァイス銘が付くのかと言った感じでクチコミが書き込まれています。
Webで色々なサイトを巡ってみるとホント評判が悪くて購買意欲が湧きません。
元々FEマウントの純正レンズは種類も無いのでキヤノンのEFマウントのレンズを使っているのですが、TECHART EOS-NEXⅢでキヤノンのEF70-300mm F4-5.6Lレンズを使ってみて非常に気に入ったので、EF24-105mm F4Lも買ってみようと思います。
既にリリースから10年以上経つのでヤフオクにも大量に出回っていますし、EOSシリーズのレンズセットにもなっているので白箱の新品も安く手に入ります。
白箱は保証書が付かないのでババを引いたら終わりですけどね。
さて、冬ボーナスも近づいてきた事ですし、最近カメラ関係に金を使っていないので一発行ってみよう  (=^・^=)/
落札相場は54,000~60,000円見たいですね。
白レンズじゃないし設計の古いレンズですが評判が良いのでα7Ⅱの常用レンズとして使ってみたいです。
ツァイスの21mm、50mm、135mm、は単焦点レンズなので全部持って行けないのですが、EF24-105mmなら一本でこの三本分に匹敵するのでいいかも。
まあ、単焦点の写りにはかなわないので21mmだけは持って行く感じかな。
これを買ったらFE28mm/F2とワイドコンバーターは処分ですね。
焦点距離がもろ被りですし。
.

|

« EOS M3のこれから | トップページ | α7Ⅱのファームアップでポンコツ解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TECHART EOS-NEXⅢがなかなか良かったのでEF24-105mmを物色:

« EOS M3のこれから | トップページ | α7Ⅱのファームアップでポンコツ解消 »