« コンパクトカルラの買い替えはどうする? | トップページ | KIPON EF-MFT AFですがこのお店は大丈夫なのかな? »

2016年4月11日 (月)

目の前でKIPON EF-MFT AT が落札されていった

とりあえずEF70-300mmは現金化出来たので大分気が楽になったのですが、E-P5がまだ落札されていません。
プレミアムの黒ボディとVF-4のセットで43,000円の即決価格は高すぎないと思うのですが、足踏み状態ですね。アクセス数とウォッチ数はどんどん増えているんですけどねぇ(ーー゛)

   

さて、目指しているのはEF100-400mm Ⅱ型への入れ替えです。

   

勿論、α7Ⅱでの利用がメインで、EP-5のボディにKIPON EF-MFT AF電子アダプタを付けたものを持って行けば、撮影場所によっては二倍の焦点距離でレンズ内手振れ補正か、E-P5のボディ内手振れ補正のどっちかを選んで撮影できます。

   

と言う事でKIPON EF-MFT AFも狙っているのですが、これを書いている途中で他の人に即決価格(28,000円)で持って行かれました。

   

市場価格が38,800円なので即決価格でもお得だったのですが、海外の通販サイトを見ていたら200ユーロぐらいで売っている所もあるんですよね。

   

安値で落札できれば良し。

   

他の人に取られたらEOS M3でとりあえず凌いで、どうしても欲しくなったら海外から取り寄せでもいいかなと思っていました。関税込でも 28,000円以内で収まる感じなので。

各ボディと画像サイズ、焦点距離の関係はこんな感じです。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
カメラ画像サイズ焦点距離
α7Ⅱ6,000×4,000100 ~ 400mm
EOS M36,000×4,000160 ~ 640mm
EOS 80D6,000×4,000160 ~ 640mm
EOD 8000D6,000×4,000160 ~ 640mm
E-P54,608×3456200 ~ 800mm
                                                                                                                         

どうして持っても居ないEOS 80Dと8000Dが載っているかと言うと、EOS M3はボディが小さくて100-400mmの様な大きなレンズだとボディ剛性が不足してマウントが歪んでしまわないか不安なのです。    

M3も黒ボディを処分して白ボディに入れ替えたカメラなのでデザインは好きなのですが、EF-M レンズが全く拡充しないので機能的に同一の8000Dに入れ替えも考えています。

   

EOS 6Dはファインダーが見辛くて当時メインで使っていたツァイスのレンズを活かせないカメラだったのでα7Ⅱに入れ替えたのですが、今ではキヤノンのAFズームに機材が入れ替わったので、またEOSでもいいのかなと。

   

ただし、まだまだツァイスのMFレンズは残っているので、α7Ⅱがメインのボディ。
テレコン代わりにEOS M3または8000Dのボディを使う感じです。

   

テレコンは画質がガタ落ちですからね。
とりあえずはEOS M3で頑張りますけどね。お金が勿体無いし。

.

|

« コンパクトカルラの買い替えはどうする? | トップページ | KIPON EF-MFT AFですがこのお店は大丈夫なのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目の前でKIPON EF-MFT AT が落札されていった:

« コンパクトカルラの買い替えはどうする? | トップページ | KIPON EF-MFT AFですがこのお店は大丈夫なのかな? »