« パナソニックのマイクロフォーサーズ新型 | トップページ | 危なかった »

2016年4月 6日 (水)

妄想が止まらない

欲しいものだらけで妄想が止まりません。(ーー゛)

   

何が欲しいって?
      パナソニックのDMC-GX8です。
      マイクロフォーサーズの20Mピクセル機で4Kフォトが撮れます。(*^_^*)

   

今朝キヤノンのSX720HSの連写機能で撮った写真とHDR相当で撮った写真を見比べてみました。
      ※注:HDRはドライブモードがオートの時にカメラが勝手に判別。

   

フジのXQ1の場合も撮影状況をカメラが判断して5枚程度連写します。

   

そして 『暫くお待ちください』 と言いたげなぐるぐる表示中に画像が合成されます。
      勿論シャッター音はシャシャシャシャと連写音がします。

   

XQ1の話で申し訳ないのだけど、夜景などでは凄く綺麗な写真が撮れます。
      これぞHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)って写真です。

   

   

   

話は戻ってSX720HSですが連写音がしなかったので恐らく単写ですね。

   

画質は(望遠端です)まあこんなもの? 良くは無いです。
      では連写で撮ったらどうなる?

   

結果は最悪。ピントが外れまくりです。(-_-メ)

   

最初の1枚目でピントが合っていないと大量にダメな写真が撮れます。

   

   

   

と、ここで一旦話を切って手持ちのカメラにGX8を加えて簡単な比較。

                                                                                                                                                                                                                                                           
カメラ画像サイズE-P5との比較
 α7Ⅱ(24MP) 6,000×4,000ピクセル 15.7%大きい
 EOS M3(24MP)6,000×4,000ピクセル 15.7%大きい
 DMC-GX8(20MP) 5,184×3,888ピクセル 12.5%大きい
 PEN E-P5(16MP)  4,608×3,456ピクセル          
   

      実は撮影した写真を縦横のピクセル数で比較すると大きな差がありません。
      GX8はE-P5に対して横に576ピクセル、縦に432ピクセル大きいだけです。

   

普段は写真をピクセル等倍で確認して、そこから欲しい部分だけを1,024×768のXGAサイズに切り出すか、そのままXGAサイズにリサイズしてからブ       ログなどに上げていますが、この程度の差だとセンサーサイズの違いを意識することはないです。

   

流石にα7Ⅱから切り出すと違いが出ますが、その差はノイズの少なさです。
      α7Ⅱは ISO800 でもノイズが少ないのでピクセル等倍で切り出しても十分に綺麗な写真を上げることが出来ます。

   

E-P5も十分綺麗ですが( ISO感度が1,600以上になるとノイズが気になるので 800を上限にしてます )       高感度特性はフルサイズにはかないません。
      同じ被写体を ISO800 で撮影すると暗い部分は差がでます。

   

でも4倍のQXGAサイズ 2,048×1,536 で切り出してXGAにリサイズすればノイズは目立たなくなります。

   

   

   

SX720HSもモニターサイズで見る分にはそこそこ見れるのですが、ピクセル等倍で確認すると低感度でも暗い部分はつぶれ気味です。
      ここがニコンのCoolpix P900との違いですね。

   

望遠端で100枚撮影した時に満足できる写真がP900なら60枚ぐらいあるのに対してSX720HSだと30枚あれば良い方です。

   

暗い部分が潰れるとか以前にノイズが多いし、ピントが完全に合っていません。
      恐らく手振れ補正が追いつかないぐらい私の腕がぶれているのでしょう。

   

   

   

また、P900の望遠端で撮った写真をピクセル等倍で見るとぐるぐるボケが盛大に出ていたりしますが、2,000mm(光学83倍)で引き寄せて撮影するの       でトリミングで切り出す必要がありません。
      つまり、リサイズする事でアラが隠れるってことです。

   

しかしSX720HSで960mm(光学40倍)で撮るとモニターサイズで見てもノイズやブレが確認できることが多いので、持ち出すカメラを減らしたい。又       は軽くしたくて購入したSX720HSですが期待に応えてはくれませんでした。
      
      
      
      そこで話が戻ってDMC-GX8な訳です。
      E-P5で撮影すると望遠端でも(当時は70-300mmを持ってたので35mm換算で600mm)ノイズやブレは出ませんでした。

   

E-P5のセンサーはトリミングで切り出せる品質だと言う事です。

   

なので、最新のDMC-GX8ならもっと良いだろうと思った訳です。

   

DMC-GX8に今度出たパナソニックのLEICA DG VARIO-ELMART 100-400mmを付けたら高画質な写真が撮れそうな気がします。

   

   

   

ただ、DMC-GX8ボディとレンズで28万円なので、それならα7Ⅱ用にキヤノンEF100-400mmのⅡ型を買って、E-P5用にKIPONの       EF-MFT AF電子アダプタを買った方が安くて幸せになれそうです。

   

こんな妄想をしながら色々と眺めていますが、勢いでポチッ! と行きそうで怖いです (ーー゛)
      
      
      と、ここまで bluegriffon で作ってみました。

使い勝手がかなり良いので、本宅の整備をこれでやってみます。

CRM250ARのコンテンツ等、放置プレイでしたから^^;;

.

|

« パナソニックのマイクロフォーサーズ新型 | トップページ | 危なかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想が止まらない:

« パナソニックのマイクロフォーサーズ新型 | トップページ | 危なかった »