« 暇すぎて悶々と妄想を | トップページ | 昨日、Nikon 1 V3が売れました »

2016年5月21日 (土)

EF-M11-22mm があるだけでEOS M3には存在意義がある

Img_036311 Img_036322_2

金沢駅の東口にある門です。

左がRAWからそのままjpgに現像したもので、右がレンズプロファイルを当てて自動補正したものです。

Img_037112_2 Img_037122_2

こちらも同様です。自動補正を掛けないと元の画像はかなり暗く現像されます。

EF-M 11-22mmは元々が暗いレンズなので仕方ないのですが、レンズに合ったプロファイルが用意されているので満足いく写真になります。

.

Img_04263 Img_05313 Img_05433

上記もすべて11mmで撮影しているのですが歪みもなく綺麗に撮れています。

流石11mm(換算18.6mm)の画像ですね。

こういった巨大な建造物や公園を撮るならやはり換算15mm~20mmは必須ですね。

.

Img_04594 Img_04624 Img_04754

Img_04864 Img_04984

兼六園の中も11mmで撮ってきましたがいいですね。

やはり超広角レンズの良さを生かすには建造物や公園などが一番です。

このレンズがあるだけでEOS M3は存在意義があります。

.

EOS 80Dにボディを入れ替えてレンズをEF-S 10-18mmに替えても同様の写真が撮れますが、ボディとレンズを含めたシステム全体の大きさと重量は1.5倍になります。

それをどう評価するかですね。

.

|

« 暇すぎて悶々と妄想を | トップページ | 昨日、Nikon 1 V3が売れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF-M11-22mm があるだけでEOS M3には存在意義がある:

« 暇すぎて悶々と妄想を | トップページ | 昨日、Nikon 1 V3が売れました »