« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月31日 (水)

Coolpix P1000用のアルカスイス互換プレート

Coolpix P1000は望遠側にするとレンズが飛び出すので重量バランスが悪くなります。

P10001942

今回の入れ替え時に雲台を新規購入したのですが、一番大きな54mm径の自由雲台に載せるとこのバランスです。

勿論、カメラを直接載せているわけではなく、Coolpix P1000用のアルカスイス互換プレートをセットした上でのバランスです。

Lims_20190731081701

これが互換プレートです。9,800円でした。
P1000で重量バランスを取るためには支点をレンズ側に移動する必要がありますが、レンズ側に三脚用の穴がありません。

どうやらレンズ側に作ると強度の関係で鏡胴が歪むらしく、ユーザーが工夫するしかないのだそうです。
そこで市販のこのプレートが出て来たのですが、これでも長さが足りないですね。

P10002072

そこで互換プレートの150mmを別途購入して先ほどのプレートをこれに固定します。
ただ、見た目がアレなので後ろを揃えました。本当はカメラ側に二枚まとめて固定したくて色々な長さの1/4インチネジを購入しましたが、どれもフィットせず。2か所で固定です。

P10002182

この他の方法も検討したのですが、こんなものも買いました。

P10002232 P10002242

なかなか良さげなのですが、一つ問題が。

P10002282

後ろ側にオフセットしたいのに、前にストッパーが付いていてこれ以上後ろに移動できません。

なので残念ながらこれは諦めます。
ただし、ジンバル雲台用のプレートで実はT字型の後ろ側に沢山あいている穴に重りを付けて重量バランスを取る製品です。

500gの重りを4個付けるとバランスが取れる感じですね。

 

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

また勝手に落ちた

編集中に無反応になってそのまま落ちる事が以前から良くあります。

今日も色々と書いたのですが、あと少しの所で落ちました。

30分近く写真を編集しながら書いたものが消えると流石に凹みます。

P10002291 P10002311 P10002351

LEOFOTOのビデオ雲台 BV-10の口金に変換アダプタを組んだらアダプタが完全に埋没せず1mmほど浮いた状態になり、このままでは危険なので外そうとしたら舐めてしまって外れなくなりました。

仕方がないのでドリルでアダプタの一部を破壊し、ミリネジを無理矢理突っ込んでその摩擦力で外しました。

ネジを1本無駄に使いますが、これで普段使いのアダプタを組み込めます。

P10002391

これですね。
表面が3/8インチのオスで雲台にはまります。

裏面が1/4インチのメスネジで三脚の台座にはまります。

P10002401

これが小さい方で、いままでは三脚が小さい事もありこれを使っていました。
でもベルボンのULTRA655に変えたので、今回大きな奴に変えました。海外から輸入で5,000円です。5枚入りで。

P10002421

ところが困ったことにこいつは貫通タイプじゃないので台座から浮きます。

P10002441

これでは困るのでもう一枚からゴムシートだけ拝借して台座に噛ませればぴったり。

P10002461

これで完成ですね。一杯あるからいいけど、後で貫通タイプに改造しておきます。

 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

最近は雲台沼にはまっています。

さっきの雲台の画像ですが、現在船で中国から輸送中です。

送料、関税込みで3,280円でした。

ニコンのCoolpix P900を下取りに出してP1000を購入した時に三脚の雲台を交換することにしました。

Coolpix P1000にはアルカスイス互換のクイックシューが出ているので、それを付けたかったのです。

Lims_20190728182401

P900でも結構なフロントヘビーでしたが、P1000はどうにもならないぐらいフロントヘビーです。と言うかレンズヘビー?

P10002112

レンズを望遠側にするとこれぐらい大きくせり出すので、普通の雲台では前に倒れてしまいます。

そこでアルカスイス互換の200mmプレートに載せて雲台の中心(重心位置)から後ろにオフセットすることでバランスをとる必要があります。

610pgagzw7l_sl1500_

そもそもEOS 5DsRとそのレンズ群を全て処分してソニーのα7RⅢにする予定だったので、雲台はベルボンのQHD-G7ASを買っていました。

こいつは自由雲台ですがボール径が54mmもあるので重量級でも楽に載せられます。

ですが、実際に載せてみると自由雲台は自由過ぎて360度どの方向にも倒れるため危険です。

また、Coolpix P1000で動画も撮りたいのですが、この重量級のカメラをスムーズにパン&チルトさせられるのはビデオ雲台しかないと判り、こいつを購入しまた。

Bv10

中国のLEOFOTOと言うメーカのビデオ雲台です。値段は24,800円。

加工精度は高くて表面処理もとても綺麗です。

ベルボンのQHD-G7ASと並べても安っぽさは微塵も感じません。

そして凄いのはとても軽い事。マグネシウム合金でした。

 

| | コメント (0)

だんだんコツが掴めてきた。

相変わらず苦戦はしていますが、書き方はだいたい判ってきました。

慣れるまではつまらないネタを連発します。

61jp4oluail_sl1000_

画像のアップロード用ウインドウが別に開くので、そこに目的の画像をドロップ!

次に画像をインサートしたい一にカーソルを動かす。

そのウインドウで目的の画像をクリック!

この手順ですね。

Jgq

この別に開くウインドウが曲者で、いくらでもドロップ出来てしまうのです。

そしてアップロードだけして挿入位置の指定を待っている状態になるのですが、挿入した物がウインドウから消えないので訳が分からなくなっていました。

 

まあ、そういうものと割り切ってしまえばこれで良いかな。

 

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

このバージョンになってから使い勝手が悪くなった

Iphonr-xr 暫くは使い方の研究です。

何が不満かと言うと、画像を入れて、それの解説をして、次の画像を入れて..

これの繰り返しが出来ない

Lims

なんか動いた?

Map01_20190725205701

そういうことか..

続きを読む "このバージョンになってから使い勝手が悪くなった"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »