« 作業完了。物が届けば5分で出来る。 | トップページ | EOS kiss Mを三脚で使うためには? »

2019年8月 7日 (水)

カメラの総入れ替えその1:マイクロフォーサーズからEOS kiss M

パナソニックのマイクロフォーサーズ一眼のDMC-GX8とその交換レンズ多数を全て処分しました。

フルサイズと比べて対角線長がちょうど半分になるマイクロフォーサーズは、面積で言えば四分の一になります。

その面積に集積できる画素は2,020万。フルサイズなら8,080万画素を詰め込んだ集積度なのでやはり性能の面で不利です。

それでもレンズが同じ焦点距離ならマイクロフォーサーズは倍になるので、100-400mmの望遠ズームが200-800mm換算になります。つまり望遠側には有利なので使っていたのですが、今回カメラの総入れ替えに伴いCoolpix P900をP1000に入れ替えたことから望遠側は全てP1000に任せることにしました。

となるとマイクロフォーサーズを持ち続ける理由がなくなるのでDMC-GX8を処分し、ついでにフジフイルムのE-X2もレンズと共に処分してキヤノンのEOS kiss Mに入れ替えました。

以前、EOS M3を使っていてとても便利だったのでAPS-Cセンサーはこれ一台て十分と判断しました。

51pl24oefsl

今回購入したのはこのEF-M 18-150mmレンズキットと、11-22mmの広角ズームです。
以前使っていたEOS M3も11-22mmとタムロンの18-150mmをメインにしていたので元に戻った訳です。

なぜこの二本なのかと言うと、11-22mmはフルサイズ換算で17.6-35.2mmになるので、私が好きな16-35mm広角ズームとほぼ同じ感覚で使えるのが大きいです。あとは18-150mmならフルサイズ換算で28.8-240mmになるのでこの二本を持っていればどんな場面でも困らないのが大きいです。

この二本はEF-M専用設計なのもポイントです。とにかく小さくて軽い。

EOS M3の時は交換レンズが少なくてもEFレンズをコンバーターで使えるので困らないとメーカーは宣伝していましたが、ミラーレスの良さを台無しにするので私は使いませんし、他の人にもお勧めしません。

 

|

« 作業完了。物が届けば5分で出来る。 | トップページ | EOS kiss Mを三脚で使うためには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作業完了。物が届けば5分で出来る。 | トップページ | EOS kiss Mを三脚で使うためには? »