« カメラの総入れ替えその1:マイクロフォーサーズからEOS kiss M | トップページ | Yahooブログが閉鎖されるそうです。 »

2019年8月 7日 (水)

EOS kiss Mを三脚で使うためには?

軽量コンパクトなカメラなので三脚は無くても困りませんが、例えば旅行に行ってこの風景をパノラマで残したいと思った時、やっぱり三脚があると便利です。勿論、雲台はパノラマ雲台もしくは2way雲台ですね。

P10002771 P10002781 P10002791

これは3,299円の中華雲台に載せてみた写真です。

この値段で3way雲台でアルカスイス互換と結構な優れものです。パン棒も付いていてチルトもパンも自由自在。サイズから言ってもEOS kiss Mにぴったりな製品です。

P10002841 P10002851 P10002861

雲台をパノラマ雲台に変えるとこんなにコンパクトになります。

そもそもカメラ自体が軽量コンパクトなので普段は手持ち撮影で十分です。
なので雲台にチルト機能は不要なのでこれで十分ですが、リモコンを使って自撮りするならチルトもあった方がいいですね。

カメラと雲台はこれで良いとして、クイックリリースをどうするか悩みます。

P10002751

とりあえず手持ちのアルカスイス互換プレートを付けましたが、見るからに不格好です。

1_51lsrfr1cl_sl1000_ 2_61b9fgrginl_sl1000_ 3_61o09zclr1l_sl1000_

こういうケースは縦方向に7-8mmほど長くなるのでグリップが小さいEOS kiss Mにはとても助かるのですが、どうせなら20mmぐらい嵩上げしてくれると嬉しいんですけどね。更に底面がアルカスイス互換になっていると最高です。

61j1xxv5mul_sl1200_ 61jwv7bfwel_sl1200_ 61kchz6srl_sl1200_

こちらの製品はゲリズと言うメーカーの物です。
残念ながらEOS M5用はあってもEOS kiss M用はありません。

このタイプのケースはカメラ本体にガッチリ食いつくので加工のベースにぴったりです。

もしEOS kiss M用が販売されたら底面を加工してアルカスイスのベースを付けちゃいますね。1/4インチのネジ穴が一個付いているので、もう一個を60mm離して開ければパノラマ雲台の底面についていた楕円型のベースを付けられます。

でもね。
最初からそう言う製品をどこかのメーカーが出してくれれば楽なんです。

誰か作ってくれませんかね?

|

« カメラの総入れ替えその1:マイクロフォーサーズからEOS kiss M | トップページ | Yahooブログが閉鎖されるそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラの総入れ替えその1:マイクロフォーサーズからEOS kiss M | トップページ | Yahooブログが閉鎖されるそうです。 »