« 中華雲台追加計画 | トップページ | 本命の2Way雲台の方にも新型があった »

2019年8月12日 (月)

雲台沼にずぶずふ沈もう(ビデオ雲台の型番)

さっき欲しいと言っていたビデオ雲台の新型らしきものを発見!

20 21

これが同じメーカーの2017年3月16日から取り扱い開始となった製品です。

61gxbgael_sl1000_

こっちが先程の製品で2016年7月22日取り扱い開始。
ドラム部分にLS-4の型番が印字されているものになります。

特徴的なのは以下の通り。

ドラムのチルトコントロール用ノブは、新型が両側にあり。旧型は片側だけ。

耐荷重が旧型は4Kg。新型は15Kg。

LeofotoのBV-10も旧型と同じで片側にしか付いていなくて、トップのクランプ部分を外して確認するとノブが付いている側にフルード機能があり、ノブが付いていない方はフリーです。ぶらぶらしてます。

恐らくこの新型が15Kgの耐荷重となっているのは両側にフルード機能を付けることで対応していると考えられます。

なのでこの新型の方に耐荷重15Kgなんてとんでもないとコメントが挙げられていますが、多分、旧型を購入したのに誤って新型の方にコメントを入れたのだと思います。

こっちの新型は相当深く潜ってやっとたどり着いたのですが、旧型は割と上位に表示されるので間違いないかと。

|

« 中華雲台追加計画 | トップページ | 本命の2Way雲台の方にも新型があった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華雲台追加計画 | トップページ | 本命の2Way雲台の方にも新型があった »