« 日本で未発売のファーウェイのタブレットも AliExpress なら手に入る | トップページ | 雲台はほぼ落ち着いたので次は三脚です。 »

2019年9月 1日 (日)

BENRO BV4Hのマンフロット互換QRをアルカスイス化

昨日 AliExpress に発注したBENRO BV4H(ビデオ雲台)ですが、クイックリリースプレートが QR13 という型番になっていて、これはどう見てもアルカスイス互換ではありません。幅が明らかに太いのです。

P10003531 P10003551

実はこの写真は既にアルカスイス用に亀の子状態にしたものです。
親亀が下のマンフロット互換の QR13 に見立てた NEEWER 製プレートで、上の子亀が UTEBIT のアルカスイス互換クランプ 120mm(1,398円)です。

今回用意した NEEWER 製は互換クランプとプレート2枚(1,799円)のセット品です。
合計 3,197円とお手頃価格でアルカスイス化が出来ました。

と言うか、マンフロットのプレートを既に持っているならアルカスイス互換クランプ(1,398円)のみで改造できます。
勿論、後々のことを考えてレバー式では無くてノブ式クランプにしています。
レバー式は組み合わせるプレートを選ぶと言いますので、相性問題回避のためノブ式が安全です。

P10003401

手順としては、先ずはマンフロット互換プレートから余計な物を取り外します。ネジとストッパ金具ですね。

P10003441 P10003451

次に重ねる向きの確認です。
マンフロットのクランプのノブ(一見レバーに見えるけど)を回そうとするとアルカスイス側のノブに干渉してマンフロットのクランプを締めることが出来ません。

これを反対側に振ると雲台の固定ノブとアルカスイス化したクランプの固定ノブが干渉しません。通常右手で緩めたり締めたりすることに慣れているとちょっと違和感があるかもです。

P10003501 P10003521

これが組みあがった物をクランプに載せた状態の写真です。

P10003481

プレートとクランプを組み上げるのに使用するネジは通常の1/4インチを使用すると長さが少し足りないので、クランプに飛び出さない長さのネジを中央に使います。両端は通常サイズです。

この一か月の間に2,000~3,000円ぐらいの中華雲台を何個も購入したので、雲台関連のパーツが山のように溜まりました。

P10003461 P10003471

プレートの短い奴が山のようにあります。数えたら16枚ありました。

でも、これだけパーツがあると組み上げる時に楽ですね。手持ちだけでどうにでもなります。

 

|

« 日本で未発売のファーウェイのタブレットも AliExpress なら手に入る | トップページ | 雲台はほぼ落ち着いたので次は三脚です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本で未発売のファーウェイのタブレットも AliExpress なら手に入る | トップページ | 雲台はほぼ落ち着いたので次は三脚です。 »