« Nikon Coolpix P1000 を BENRO BV4H に載せるには QRプレートをマンフロット互換にしないと.. | トップページ | アルカスイス互換のレールやらクランプやらを大量に確保 »

2019年9月22日 (日)

BENRO BV4H のハーフボールを外してみた

いや~若しかしたらこれを外すとフラットベースとして使えるんじゃないかと思ったのですが、駄目でした。

P10004311

これですもん。

最初六角レンチで開けようとしたら何かおかしい。
よ~くみるとレンチを受ける部分が六角じゃなくて星型です。

舐めるとやっかいなのでいじり止めトルクスレンチを持ってきて開けました。
丁寧にやれば六角レンチでも開くことは空くんですけどね。

歯車が上下二段になっていて、スプリングで押し込まれているカラーの下側の突起がちょうど歯車の間に落ちる構造になってます。

パンの抵抗を変えるダイヤルを回してパン動作をするとカチッと音がして抵抗が変わるのですが、その音はこの歯車の谷間に落ちる音ですね。恐らく上下の歯車の間隔が変わるんでしょう。

そして間隔が変わることでディスクブレーキの抵抗力が変わると。
つまりディスク同士を押し付ける圧力が変わって、ブレーキ抵抗が変わると。

 

|

« Nikon Coolpix P1000 を BENRO BV4H に載せるには QRプレートをマンフロット互換にしないと.. | トップページ | アルカスイス互換のレールやらクランプやらを大量に確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nikon Coolpix P1000 を BENRO BV4H に載せるには QRプレートをマンフロット互換にしないと.. | トップページ | アルカスイス互換のレールやらクランプやらを大量に確保 »